嫁姑バトルはLINEでも!嫁が送ったスカッとする返信5選

コクハク編集部
更新日:2021-09-11 06:16
投稿日:2021-09-11 06:00
 核家族化が進んだ現代では、嫁姑が同居しているケースは少なくなっていますよね。にもかかわらず、嫁姑問題は今も変わらず根深いんだとか……。今回は、現代風嫁姑バトルともいえる「LINE上での戦い」の中から、嫁が姑に送ったスカッとする返信をご紹介します!

嫁姑のLINEバトル! 嫁が送ったスカッとする返信5つ

1. 「自分のことは自分で決められる年齢ですよ」

 いつまで経ってもマザコンの夫と、そんな彼を甘やかし続ける姑に嫌気がさしていたこちらのお嫁さん。転勤について家族で話し合いがまとまっていたにもかかわらず、でしゃばってきた姑にイラっとして、「もう42歳。自分のことは自分で決めます!」と、つい言ってしまいました。

 そう言われて、姑も返す言葉がなくなっていたとか。お嫁さんは、かなりスカッとできたそうですよ。

2. 「ばあば、ママのこといじめないでね」

 こちらのお嫁さんは、姑の度重なる嫌がらせにずっと耐えてきたのだそう。そんな姿を小学生の娘さんは見ていたようで、お母さんに変わってスカッとするLINEを送ってくれたようです!

 嫌味ったらしく、「孫を連れてきてくれないから自分から行く」というおばあちゃんに対して一言、「来てもいいけど、ママのこといじめないでね!」と。お姑さんもさぞかし堪えたでしょうね……。ナイスな親子愛なのでした!

3. 「送っていただかなくて結構ですよ」

 こちらのお嫁さんは、いつも親切の押し売りが激しい姑にイライラしていたそうです。初孫を妊娠した際、家のインテリアをまったく無視した家具や生活用品を送るという姑。お嫁さんは、妊娠で不安定になっているのも重なって、思わず「もう送っていただかなくて結構です」と言ってしまったそうです。

 この日からきつく当たられるかと思いきや、孫に会えなくなる心配からか、姑の態度が穏やかになったそう。たまには勇気を出して伝えてみることも大切ですね!

4. 「直接話してくれたら良かったのに」

 こちらのお嫁さんは、姑が夫に陰で自分の愚痴を言い続けていることに気づいていたそうです。姑との電話の後に夫を問い詰めたところ、姑が「もっと綺麗なお嫁さんをもらえばよかったのに」という、ひどい愚痴を吐いていたことが判明。

 堪忍袋の緒が切れたお嫁さんは、「直接言ってくれたら良かったのに!」と伝えたそうです。相手の反応は変わらずじまいですが、気持ちを伝えられただけでスカッとしたそうですよ!

5. 「サラリーマンに跡取りっていります?」

 こちらのお嫁さんは、普段から嫌みばかり言ってくるお姑さんに、最高の嫌みをお見舞いしてやったようですね。

「男の子が生まれて跡取りになるから、やっと喜べる」という、なんとも自分勝手な言いぶんに、「そもそもサラリーマンに跡取りっていります?」と一言。

 姑からはその後、しばらく連絡がなかったそうです。お嫁さんの勝利ですね!

嫁姑のバトルはスカッとするLINEでストレス発散を!

 小さな我慢が大きな別れにつながることって、多いと思います。ぜひ、嫁姑バトルは、普段からこまめなストレス発散を。面と向かって言えないあなたも、顔が見えないLINEならガツンと一言、言ってやれるかもしれませんよ♡

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...
「40こえたら大変」うぜえ!思い込み激しい系からの迷惑LINE
「思い込み」は、本人が気づいていないからやっかいなもの。悪気があるわけでもないから、こちらが傷ついても文句が言えないのも...
自称・田中みな実系女子のウザLINE!日焼け止めはパーツ別で
 フリーアナウンサーで女優の田中みな実さん。その美意識の高さや、あざと可愛い性格に憧れる女性は多いですよね! でも、“田...
自分は何フェチ? 先輩お姉さんらも実践する「幸福度」の話
 みなさんは自分のフェチ、分かってますか? 何故それが好きなのか、具体的な理由は言えるでしょうか。私は最近、心のダメージ...
「エシカルな暮らし方」って何?知ったかぶりしそうな貴女へ
 近年、リサイクルや自然保護といった活動が当たり前になってきましたよね。その中のひとつでもあるのが、「エシカル」です。言...
 “たまたま”天気予報!「猫が顔洗うと雨になる」は万国共通
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
イライラしやすい人、読んで! 簡単「ストレスリセット」8選
 日常生活の中で、誰だって多かれ少なかれストレスを抱えているでしょう。でも、ストレスはデメリットばかりではなく、ストレス...