エッチな気分に彼とのズレ…ここが違う“男女の官能スイッチ”

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-08-26 12:14
投稿日:2019-03-07 06:00
 カレがベッドインしたいというタイミング、なんだか自分とズレているかも……と思ったことはありませんか? それって実は、男性と女性ではエッチな気分のなり方、官能のスイッチの入り方が違うからなんです。というわけで、今回は男女の官能スイッチの違いについて考えてみたいと思います。

男性は視覚から…女性は雰囲気から…

欲情はセックスを始める前に高めるべき(写真:iStock)
欲情はセックスを始める前に高めるべき (写真:iStock)

視覚優先の男性

 男性は視覚が欲情と深く結びついています。

 つまり、女性の裸や、場合によっては着衣の胸やお尻などを部分的に見るだけでも欲情できてしまいます。

 けれど女性の場合は男性の裸体を見て、たとえそれがどんなにスタイルが良かったとしてもあまり直接的に「ヤリたい!!」とは思わないのではないでしょうか。

 まずこの違いをよく覚えておいてください。

 例えば2人一緒にいてリラックスしている時でも、彼の方は彼女の胸や足などを見たり、触れ合ったりして自然とムラムラ。

 女性が「今は性欲が沸いていない」という時でも、男性だけが欲情してしまうことがあるのです。

「いつもそのことばっかり!私の体が目的なの?」と思ってしまうかもしれませんが、そもそも基本的にそういう仕組みになっているのでこれは仕方がありません。

女性の欲情は雰囲気から

 反して、女性の欲情はロマンチックなムードや口説き文句、性的な触れ合いなどで総合的に高まる傾向にあります。

 男性に比べて欲情のスイッチが入りにくいといえるでしょう。

 そのため、欲情が十分に高まっていない状態でセックスが始まってしまうと、そこから性的な気分を盛り上げるのが難しく、たとえ愛撫されても快感を感じにくくなってしまいます。

 欲情はセックスを始める前に高めるべきものなのです。

欲情しないまま彼に付き合うのはNG

ベストなスイッチオン状態で愉しんで(写真:iStock)
ベストなスイッチオン状態で愉しんで (写真:iStock)

イチャイチャする時間を長くとろう!

 男性の方が欲情しやすいことと同時に、勘違いしやすい大きな問題があります。それは「自分が欲情しているのは彼女が傍にいるせいだから、向こうも同じ気持ちに違いない」と思い込んでしまうことです。

 そのため、自分がムラムラすると相手の欲情スイッチを入れることを意識せず、すぐにセックスに突入してしまいがちになります。

 この時、流されて自分が欲情しないまま彼に付き合ってしまうのはNG。

 気分の盛り上がらないセックスを続けていると、それ自体が「男性をイカせるための作業」になってしまい、尚更欲情しにくく、やがてはセックスレスへと繋がってしまいます。

 そんな状態を回避するために、彼の欲情スイッチが入ったな、と感じた時には自分の欲情スイッチも入れて貰えるように提案をしていきましょう。

「すぐに服を脱がさないで、もっとイチャイチャして」

「直接性器に触る前に髪を撫でたり、別の場所を愛撫をして」など、自分が盛り上がりやすいポイントを積極的に相手に伝えてください。

 もちろん、どうしてもそういう気分になれない時には無理せず断ることも大切です。

自分の官能スイッチを知ること

 我慢の時間ではなくお互いに盛り上がるベッドタイムを過ごすためにも、みなさんも、自分の官能スイッチがどこにあるのか、普段から探してみてください。

 足に触れられると弱い?耳元で囁かれる?ダイレクトに一緒にAVを見てみる?などなど、スイッチの場所は人それぞれ。

 それから、彼のスイッチがどこにあるのかも尋ねてみましょう。お互いのスイッチの場所を知り、ぜひベストなスイッチオン状態でセックスを愉しんでください。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


圧迫されると興奮…学生時代の経験が招いた新しい快楽の世界
「性癖という自覚はなかったけど、好きだった」という“ある行為”が、何かのタイミングでセクシャルな喜びにつながることがある...
大泉りか 2021-04-20 06:10 エロコク
小さなボディに似つかわしくない強振動!10秒で迎える絶頂♡
 最近、「極天クリサリスローター」が手放せません。全長9・2センチと小ぶりで、シンプルを極めたフォルム。鏡と見まごうほど...
桃子 2021-04-18 06:00 エロコク
思わず赤面! うっかりやらかしたLINEのエッチな誤変換10選
 官能作家を生業としている筆者のパソコンとスマホの中は、一般の方はまず使わない「官能用語」のオンパレードです。まるで「体...
蒼井凜花 2021-04-16 06:00 エロコク
水分98%の「iroha petit」 プニプニ触感で全身を愛撫して
 ラブグッズの醍醐味は、人の体からは繰り出せない刺激を体験できるところにある、と私は思っています。振動や回転は生身の人間...
桃子 2021-04-11 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#5
 イケメン俳優Oさん(36)とついにセックスに至ったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。しかし、彼のセックス...
蒼井凜花 2021-04-09 06:45 エロコク
吸盤のようにピタッと張り付き…2種類の刺激で極上の時間を
 クリトリスが性的に敏感な器官であることは、いまさら説明の必要もなく、ピンポイントで攻めると強い快感が得られます。一方で...
桃子 2021-04-03 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#4
 イケメン俳優・Oさん(36)とついにセックスすることになったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。濃厚なフェ...
蒼井凜花 2021-04-09 06:42 エロコク
まっすぐ挿れればヘッドの先端が“ちょうどいいところ”を刺激
 棒の先に、うずらの卵を2回りほど大きくしたような楕円体がついている――。 「Gストレート」の形状を言い表すとこう...
桃子 2021-03-28 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#3
 イケメン俳優・Oさん(36)とSNSを通じて知り合い、付き合いが始まったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)...
蒼井凜花 2021-04-09 06:47 エロコク
カップル向けバイブを一人で…ハンズフリーで深い快感に酔う
 U字形バイブはカップル向けに作られているものが多いので、自分ひとりの密かなお楽しみのために使いたい……という女性からは...
桃子 2021-03-21 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#2
 SNSがきっかけでイケメン俳優・Oさん(36歳)と知り合い、LINEで親交を深めて付き合いが始まったR子さん(31歳独...
蒼井凜花 2021-04-09 07:13 エロコク
スイッチオンで…クリがまっすぐきゅーっと吸い上げられる!
 基礎化粧品をシリーズ使いしている女性は少なくないですよね。相乗効果を狙うほか、シリーズへの信頼感というものがあるのでし...
桃子 2021-03-19 17:53 エロコク
上級者も満足♡多彩な機能で身も心もヒートアップ間違いなし
 バイブ選びはビギナーの方が難しいと思われがちですが、実は中~上級者の方がハードルが高いものです。あの機能も欲しいし、こ...
桃子 2021-03-07 10:43 エロコク
コンパクトな見た目を裏切るパワフルな振動にうっとり♡
 ゆっくりとセクシュアルな妄想を広げて、じっくりと自分の体を気持ち良くしていく……。そんなセルフプレジャーを楽しみたい夜...
桃子 2021-02-28 06:00 エロコク
終わった後も肌が突っ張らない潤滑剤♡セルフプレジャーにも
 女性には基礎化粧品を季節や肌の調子によって使い分ける習慣がありますが、潤滑剤も同じように考えてほしいと思います。香りで...
桃子 2021-02-21 06:00 エロコク
振動だけじゃない!肉感的な本体が生き物みたいにぐねぐねと
 ローターとは元来、「挿入を目的とせず」「振動によって主に体の表面に刺激を与えるもの」を意味していました。今もそのイメー...
桃子 2021-02-14 06:00 エロコク