エッチな気分に彼とのズレ…ここが違う“男女の官能スイッチ”

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-08-26 12:14
投稿日:2019-03-07 06:00
 カレがベッドインしたいというタイミング、なんだか自分とズレているかも……と思ったことはありませんか? それって実は、男性と女性ではエッチな気分のなり方、官能のスイッチの入り方が違うからなんです。というわけで、今回は男女の官能スイッチの違いについて考えてみたいと思います。

男性は視覚から…女性は雰囲気から…

欲情はセックスを始める前に高めるべき(写真:iStock)
欲情はセックスを始める前に高めるべき (写真:iStock)

視覚優先の男性

 男性は視覚が欲情と深く結びついています。

 つまり、女性の裸や、場合によっては着衣の胸やお尻などを部分的に見るだけでも欲情できてしまいます。

 けれど女性の場合は男性の裸体を見て、たとえそれがどんなにスタイルが良かったとしてもあまり直接的に「ヤリたい!!」とは思わないのではないでしょうか。

 まずこの違いをよく覚えておいてください。

 例えば2人一緒にいてリラックスしている時でも、彼の方は彼女の胸や足などを見たり、触れ合ったりして自然とムラムラ。

 女性が「今は性欲が沸いていない」という時でも、男性だけが欲情してしまうことがあるのです。

「いつもそのことばっかり!私の体が目的なの?」と思ってしまうかもしれませんが、そもそも基本的にそういう仕組みになっているのでこれは仕方がありません。

女性の欲情は雰囲気から

 反して、女性の欲情はロマンチックなムードや口説き文句、性的な触れ合いなどで総合的に高まる傾向にあります。

 男性に比べて欲情のスイッチが入りにくいといえるでしょう。

 そのため、欲情が十分に高まっていない状態でセックスが始まってしまうと、そこから性的な気分を盛り上げるのが難しく、たとえ愛撫されても快感を感じにくくなってしまいます。

 欲情はセックスを始める前に高めるべきものなのです。

欲情しないまま彼に付き合うのはNG

ベストなスイッチオン状態で愉しんで(写真:iStock)
ベストなスイッチオン状態で愉しんで (写真:iStock)

イチャイチャする時間を長くとろう!

 男性の方が欲情しやすいことと同時に、勘違いしやすい大きな問題があります。それは「自分が欲情しているのは彼女が傍にいるせいだから、向こうも同じ気持ちに違いない」と思い込んでしまうことです。

 そのため、自分がムラムラすると相手の欲情スイッチを入れることを意識せず、すぐにセックスに突入してしまいがちになります。

 この時、流されて自分が欲情しないまま彼に付き合ってしまうのはNG。

 気分の盛り上がらないセックスを続けていると、それ自体が「男性をイカせるための作業」になってしまい、尚更欲情しにくく、やがてはセックスレスへと繋がってしまいます。

 そんな状態を回避するために、彼の欲情スイッチが入ったな、と感じた時には自分の欲情スイッチも入れて貰えるように提案をしていきましょう。

「すぐに服を脱がさないで、もっとイチャイチャして」

「直接性器に触る前に髪を撫でたり、別の場所を愛撫をして」など、自分が盛り上がりやすいポイントを積極的に相手に伝えてください。

 もちろん、どうしてもそういう気分になれない時には無理せず断ることも大切です。

自分の官能スイッチを知ること

 我慢の時間ではなくお互いに盛り上がるベッドタイムを過ごすためにも、みなさんも、自分の官能スイッチがどこにあるのか、普段から探してみてください。

 足に触れられると弱い?耳元で囁かれる?ダイレクトに一緒にAVを見てみる?などなど、スイッチの場所は人それぞれ。

 それから、彼のスイッチがどこにあるのかも尋ねてみましょう。お互いのスイッチの場所を知り、ぜひベストなスイッチオン状態でセックスを愉しんでください。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク