エッチな気分に彼とのズレ…ここが違う“男女の官能スイッチ”

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-08-26 12:14
投稿日:2019-03-07 06:00
 カレがベッドインしたいというタイミング、なんだか自分とズレているかも……と思ったことはありませんか? それって実は、男性と女性ではエッチな気分のなり方、官能のスイッチの入り方が違うからなんです。というわけで、今回は男女の官能スイッチの違いについて考えてみたいと思います。

男性は視覚から…女性は雰囲気から…

欲情はセックスを始める前に高めるべき(写真:iStock)
欲情はセックスを始める前に高めるべき (写真:iStock)

視覚優先の男性

 男性は視覚が欲情と深く結びついています。

 つまり、女性の裸や、場合によっては着衣の胸やお尻などを部分的に見るだけでも欲情できてしまいます。

 けれど女性の場合は男性の裸体を見て、たとえそれがどんなにスタイルが良かったとしてもあまり直接的に「ヤリたい!!」とは思わないのではないでしょうか。

 まずこの違いをよく覚えておいてください。

 例えば2人一緒にいてリラックスしている時でも、彼の方は彼女の胸や足などを見たり、触れ合ったりして自然とムラムラ。

 女性が「今は性欲が沸いていない」という時でも、男性だけが欲情してしまうことがあるのです。

「いつもそのことばっかり!私の体が目的なの?」と思ってしまうかもしれませんが、そもそも基本的にそういう仕組みになっているのでこれは仕方がありません。

女性の欲情は雰囲気から

 反して、女性の欲情はロマンチックなムードや口説き文句、性的な触れ合いなどで総合的に高まる傾向にあります。

 男性に比べて欲情のスイッチが入りにくいといえるでしょう。

 そのため、欲情が十分に高まっていない状態でセックスが始まってしまうと、そこから性的な気分を盛り上げるのが難しく、たとえ愛撫されても快感を感じにくくなってしまいます。

 欲情はセックスを始める前に高めるべきものなのです。

欲情しないまま彼に付き合うのはNG

ベストなスイッチオン状態で愉しんで(写真:iStock)
ベストなスイッチオン状態で愉しんで (写真:iStock)

イチャイチャする時間を長くとろう!

 男性の方が欲情しやすいことと同時に、勘違いしやすい大きな問題があります。それは「自分が欲情しているのは彼女が傍にいるせいだから、向こうも同じ気持ちに違いない」と思い込んでしまうことです。

 そのため、自分がムラムラすると相手の欲情スイッチを入れることを意識せず、すぐにセックスに突入してしまいがちになります。

 この時、流されて自分が欲情しないまま彼に付き合ってしまうのはNG。

 気分の盛り上がらないセックスを続けていると、それ自体が「男性をイカせるための作業」になってしまい、尚更欲情しにくく、やがてはセックスレスへと繋がってしまいます。

 そんな状態を回避するために、彼の欲情スイッチが入ったな、と感じた時には自分の欲情スイッチも入れて貰えるように提案をしていきましょう。

「すぐに服を脱がさないで、もっとイチャイチャして」

「直接性器に触る前に髪を撫でたり、別の場所を愛撫をして」など、自分が盛り上がりやすいポイントを積極的に相手に伝えてください。

 もちろん、どうしてもそういう気分になれない時には無理せず断ることも大切です。

自分の官能スイッチを知ること

 我慢の時間ではなくお互いに盛り上がるベッドタイムを過ごすためにも、みなさんも、自分の官能スイッチがどこにあるのか、普段から探してみてください。

 足に触れられると弱い?耳元で囁かれる?ダイレクトに一緒にAVを見てみる?などなど、スイッチの場所は人それぞれ。

 それから、彼のスイッチがどこにあるのかも尋ねてみましょう。お互いのスイッチの場所を知り、ぜひベストなスイッチオン状態でセックスを愉しんでください。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク
「妻を他の男性に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #4
 出張ホストの美青年Yくん(24)の巧みなクンニリングスに身もだえする妻を見たエリート商社マンMさん(43)。ネトラレで...
蒼井凜花 2020-11-20 17:00 エロコク