養育費ってどうしたらいい? シンママ先輩から聞いた賢い知恵

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-12-20 17:03
投稿日:2021-12-14 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化したこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

「養育費」ってどうしていますか?

養育費どうしてる?(イラスト:こばやしまー)
養育費どうしてる? (イラスト:こばやしまー)

 未成熟子がいる夫婦が離婚する時、「養育費」について考える機会があるでしょう。この「未成熟子」とは、“経済的に自立していない子供”のこと。

 私の周りのバツイチ、バツニ男性たちに聞くと、「俺は払っているよ宣言」をしてくるものの、実際のところどうなのでしょうか。

 実は、養育費を元夫から受け取るシングルマザーの割合は、24.3%というデータがあります。(参考:厚生労働省「全国ひとり親世帯等調査結果報告(平成28年度)」)もちろん、元夫と関わりたくなくて「いらない」と思うケース、元夫に支払う能力がないケースなども含まれているでしょうが、その中にはもらいたいのに支払ってくれないという家庭もあるはずです。

 養育費は親権を持たないほうの親も負担しなければならない「義務」だと法律で定められているのに、なぜ? そもそも、義務を放棄している男性方は、どんな心境なんでしょうかね。なんだかよくわからない世の中です。

公正証書を作るor作らない?

「公正証書」を作らなかったけど…(写真:iStock)
「公正証書」を作らなかったけど… (写真:iStock)

 そんな私はというと、この連載の7話目でお伝えしたように、離婚前から「養育費をあてにしたくない」という気持ちで、受け取るor受け取らないについて、深く考えていませんでした。

 離婚時に役所で公正証書の作成を勧められた時も、そんなものがあることをはじめて知りましたし、「これ以上、元夫と話し合いをしたくないし、作らなくていいか」くらいの考えで、作りませんでした。

 この「公正証書」とは、簡単に言うと“養育費の支払いを強制執行できる”ほどの効力がある証書のこと。もとより、元夫は養育費を少なからず払うつもりでいたようでしたし、それに「もしも払わなかったら、それまでの男性、そしてパパだったんだろう」と、私は納得できると思っていたのです。

 でも、そんな考えは、あるシングルマザーの先輩と話した時に一変しました。

「父親から愛されているという証拠になる」

養育費は父親から愛されているという証拠(写真:iStock)
養育費は父親から愛されているという証拠 (写真:iStock)

 尊敬するシングルマザーの先輩と、離婚直後にお会いする機会がありました。さまざまな話をする中で、「養育費はちゃんともらえるの?」と聞かれました。

「なんとかやっていけそうだから、あまり考えていません」と言うと、「それはだめよ! たとえ月々5千円だったとしても、しっかりもらいなさい」と。そして、「養育費は父親から愛されているという証拠になるから」「あなたのためじゃなく、息子さんのためよ」と。

 その頃は離婚直後で、面会日ですら億劫に思っていた私。さらに養育費というと、元夫となんだか金銭でつながるようなイメージがなんとなく嫌で、「もらわなくていいか」という気持ちでいました。でも、それは、私個人の気持ちでしかなかったことに気が付いたのです。

 愛情はお金で買えないとよく言いますが、親権を持たない、戸籍上もはや他人となったパパからの愛情は、お金という形で視覚化することができるのでした。

シングルマザーの先輩から教えてもらった知恵

息子名義の口座に振り込んでもらう(写真:iStock)
息子名義の口座に振り込んでもらう (写真:iStock)

 さらに、先輩から知恵を授けていただきました。それは「息子名義の口座を作って、そこに元夫から月一で養育費を支払ってもらうこと。それを、息子が大きくなった時に見せると伝えること」。

 そうすることで、元夫も“自分がパパ”という自覚を忘れないし、元妻名義の口座に振り込むとなると、そこに憎しみなどほかの感情が邪魔をするかもしれないけれど、子供名義の口座だったら律儀に払いやすくなる、とおっしゃっていました。

 さらに、子供が大きくなった時、パパが毎月振り込んでくれていたという愛情の大きさ&これだけもらったという振り込み額を伝えることもできる、と。

 この一石二鳥にも三鳥にもなる素晴らしい知恵に感嘆した私は、即座に先輩のおっしゃる通りにいたしました(笑)。

 元夫には「やっぱり養育費もらうことにする! いつか◯◯も、パパもちゃんと考えてくれていたことを教えたいから」と、思い切って伝えました。元夫としては、それまで「いらない」と言っていたのに!と思ったかもしれませんが、義務ですし、受け入れるしかなかった様子。

 ただ、やっぱり公正証書は作っていません。滞った時、給料の差し押さえをしてまでもらいたいお金かというとそうではないですし、それに「自分の息子にお金を差し出せない男性なんて、どうでも良い」と、根本的に思っているからです。

 と、ここで話してきたシングルマザーの大先輩とは、実はこのコクハクでも執筆されている男女問題研究家の山崎世美子さん。私の憧れの女性であり、そして、元シングルマザーでお子さんを育て上げていらっしゃいます。

 養育費については、世美子さんの以前の記事「前澤氏の新会社に賛同!離婚で養育費をもらうべき一番の理由」でも、取り上げていらっしゃるので、ぜひご覧くださいね。

「養育費のぶん、仕事増やしたんだよ」

養育費のために…なんていうけれど(写真:iStock)
養育費のために…なんていうけれど (写真:iStock)

 離婚してから半年ほど経った頃、元夫は面会日での世間話の際に「養育費のぶん、仕事を増やしたんだよ」なんて、報告をしてきたりもしました。世の元夫たちと同様、離れて暮らしていると子育てにいくらかかるのかなんて、想像することすらないのでしょう。

「だから……なに? その数倍かかってるわ!」という気持ちを抑えて、「うん! ◯◯のためだから! 今後もよろしく!」と、あっけらかんと伝えた私。

 養育費はただの「お金」で、困ったら生活費の足しとしても使えるもの。でも、それが「自分のためではないお金」と思えることは、シングルマザーにとっての強みかもしれません。

 それに、元夫たちも、月数万円の出費だけで子供からパパへの感謝や信頼をもらえるんです。そんな手軽なことはないでしょう(笑)? どうですか?

 そんなわけで、離婚から3年目の今、月一でしっかり振り込んでもらっています。現在、すでに息子にもそのことは伝えていますし、パパを立てるひとつの材料になっています。

 そのお金は高校や大学受験、もしも使わなければ、結婚の支度金など、いざという時に役立つことでしょう。そして、それを使い込まずにちゃんと貯めた私に対して、いつか息子が「ママがんばったな」と思ってくれるだろう!とも、ちゃっかり思っております(笑)。

養育費は「パパと息子の信頼関係を保つもの」

息子との信頼関係のために…(写真:iStock)
息子との信頼関係のために… (写真:iStock)

 とはいえ、人生、何があるかはわかりません。元夫が再婚することになって養育費が滞ったり、急死したりする可能性だってあります。養育費はあくまで、「パパと息子の信頼関係を保つもの」。そんなふうに私は考えます。

 あんなに「いらない」と思っていたのに、今は「パパからの愛情貯金を息子にきちんと残したい」という気持ちが強くなっている私。「この養育費は生活費には使わない。手を付けないように私もがんばる」と、元夫の責任感を煽れるくらい、がめつくなりました(笑)。

 でも、滞った時にがっかりしたり、困らない心持ちではいるんですけどね!……動けるうちに、お仕事を思い切りがんばります。

(文;孔井嘉乃/作詞作曲家 イラスト:こばやしまー/漫画家)

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


【銀座】カラオケ館が仕掛ける“ノマド喫茶”誕生!無料豚汁の具がデカい
 人気のスタバやドトールはいつも満席でカフェ難民になることもしばしばな銀座・有楽町エリア。そんな都内喫茶激戦区で、カラオ...
【独自】すいかばか'24~究極のレシピを求めて#1 「寿風土ファーム」代表・小林栄一さんのある決意
 4月の始め、白州は少し遅めの春。冬を越した畑は、春の七草ホトケノザで一面紫の絨毯のようだった。  久しぶりに会っ...
インスタは安定のウザイ投稿祭りだよ!「可愛いよ」待ちがごく痛々しい
 知人・友人の生活を垣間見ることができる、インスタ。友人の近況を知れたり、幸せのお裾分けをしてもらったりと良いところがあ...
【拡散禁止】リモートワークのサボり方を全力で考えた。25分→5分の法則
 リモートワークの醍醐味といえば何ですか? そうです、サボりですね! リモートワークのときは周りの目もないので、やらなけ...
祖父がぽつり「年上女が好きだけど誰も生きてねえ」後期高齢者のLINEには切なさがつきもの
 最近では、後期高齢者でもスマホを操り、LINEを使いこなす人も多くいます。でも、おじいちゃんやおばあちゃんから送られて...
買って正解!不正解?「ニトリ」99円バスグッズが机周りで優秀だった件
 ニトリから生まれたインテリア雑貨のお店『デコホーム』で購入したバスグッズを紹介します♪  デコホームの魅力はなん...
長崎県の池島に上陸! お土産に夢中な“たまたま”をこっそり激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
親の介護が必要に【専門家監修】一人で悩まない!知っておきたい公的制度
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
任期中に【18万円】の最低保証!シンママ生活応援プロジェクト
 ただいま、『コクハクリーダーズ』2期生を、絶賛募集中!  今回は「シングルマザー応援企画」。シングルマザーであれ...
2024-05-15 11:40 ライフスタイル
花の値段も上がる一方だが、買いに来る女は必ずしもお金持ちとは限らない
 連日連夜「これも値上がりかぁ」と悶々としております。大好きなお菓子や菓子パンのサイズや個数が減っているのを確認するたび...
在宅ワークの暇つぶしも恋バナに限る。独女、久しぶりの胸アツ実況中継
 コロナ禍で、一気に在宅ワークをする人が増えましたよね。でも会社にいる時とは違い、雑談や電話などの雑務も減るため、在宅ワ...
【常勝無敗】ビールしか勝たん!飲み会好きな40女の太らないルール3本柱
 嬉しいことに最近飲みのお誘いが増えております。コロナ禍のあの日々はいったい何だったんだ…というくらい。とはいえ、気にな...
これヒットだわ…薄い・軽い・便利!40女を身軽にするU-1000円“神”3品
「薄型」で「便利」の2つが揃ったアイテムは、自宅だけでなく、出張や旅行でも活躍間違いなし…!  40代になると、出かけ...
職場の「かまってちゃんおばさん」対処法 波風立てずに断るひと言がある
 どの職場にもほぼいる「かまってちゃんおばさん」。忙しい仕事中に「かまって」アピールされたり雑談で引き止められたりすると...
自分が負け組だと実感する6つの瞬間 凹む5秒前に唱えて欲しい魔法の言葉
「私って、もしかして負け組…?」ふとしたときに、こう感じたことがある女性は多いのではないでしょうか。今回は、負け組を実感...
夫と大喧嘩!発熱の娘に家事させるか、フツー。モヤる私はおかしいのか
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...