養育費ってどうしたらいい? シンママ先輩から聞いた賢い知恵

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-12-20 17:03
投稿日:2021-12-14 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化したこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

「養育費」ってどうしていますか?

養育費どうしてる?(イラスト:こばやしまー)
養育費どうしてる? (イラスト:こばやしまー)

 未成熟子がいる夫婦が離婚する時、「養育費」について考える機会があるでしょう。この「未成熟子」とは、“経済的に自立していない子供”のこと。

 私の周りのバツイチ、バツニ男性たちに聞くと、「俺は払っているよ宣言」をしてくるものの、実際のところどうなのでしょうか。

 実は、養育費を元夫から受け取るシングルマザーの割合は、24.3%というデータがあります。(参考:厚生労働省「全国ひとり親世帯等調査結果報告(平成28年度)」)もちろん、元夫と関わりたくなくて「いらない」と思うケース、元夫に支払う能力がないケースなども含まれているでしょうが、その中にはもらいたいのに支払ってくれないという家庭もあるはずです。

 養育費は親権を持たないほうの親も負担しなければならない「義務」だと法律で定められているのに、なぜ? そもそも、義務を放棄している男性方は、どんな心境なんでしょうかね。なんだかよくわからない世の中です。

公正証書を作るor作らない?

「公正証書」を作らなかったけど…(写真:iStock)
「公正証書」を作らなかったけど… (写真:iStock)

 そんな私はというと、この連載の7話目でお伝えしたように、離婚前から「養育費をあてにしたくない」という気持ちで、受け取るor受け取らないについて、深く考えていませんでした。

 離婚時に役所で公正証書の作成を勧められた時も、そんなものがあることをはじめて知りましたし、「これ以上、元夫と話し合いをしたくないし、作らなくていいか」くらいの考えで、作りませんでした。

 この「公正証書」とは、簡単に言うと“養育費の支払いを強制執行できる”ほどの効力がある証書のこと。もとより、元夫は養育費を少なからず払うつもりでいたようでしたし、それに「もしも払わなかったら、それまでの男性、そしてパパだったんだろう」と、私は納得できると思っていたのです。

 でも、そんな考えは、あるシングルマザーの先輩と話した時に一変しました。

「父親から愛されているという証拠になる」

養育費は父親から愛されているという証拠(写真:iStock)
養育費は父親から愛されているという証拠 (写真:iStock)

 尊敬するシングルマザーの先輩と、離婚直後にお会いする機会がありました。さまざまな話をする中で、「養育費はちゃんともらえるの?」と聞かれました。

「なんとかやっていけそうだから、あまり考えていません」と言うと、「それはだめよ! たとえ月々5千円だったとしても、しっかりもらいなさい」と。そして、「養育費は父親から愛されているという証拠になるから」「あなたのためじゃなく、息子さんのためよ」と。

 その頃は離婚直後で、面会日ですら億劫に思っていた私。さらに養育費というと、元夫となんだか金銭でつながるようなイメージがなんとなく嫌で、「もらわなくていいか」という気持ちでいました。でも、それは、私個人の気持ちでしかなかったことに気が付いたのです。

 愛情はお金で買えないとよく言いますが、親権を持たない、戸籍上もはや他人となったパパからの愛情は、お金という形で視覚化することができるのでした。

シングルマザーの先輩から教えてもらった知恵

息子名義の口座に振り込んでもらう(写真:iStock)
息子名義の口座に振り込んでもらう (写真:iStock)

 さらに、先輩から知恵を授けていただきました。それは「息子名義の口座を作って、そこに元夫から月一で養育費を支払ってもらうこと。それを、息子が大きくなった時に見せると伝えること」。

 そうすることで、元夫も“自分がパパ”という自覚を忘れないし、元妻名義の口座に振り込むとなると、そこに憎しみなどほかの感情が邪魔をするかもしれないけれど、子供名義の口座だったら律儀に払いやすくなる、とおっしゃっていました。

 さらに、子供が大きくなった時、パパが毎月振り込んでくれていたという愛情の大きさ&これだけもらったという振り込み額を伝えることもできる、と。

 この一石二鳥にも三鳥にもなる素晴らしい知恵に感嘆した私は、即座に先輩のおっしゃる通りにいたしました(笑)。

 元夫には「やっぱり養育費もらうことにする! いつか◯◯も、パパもちゃんと考えてくれていたことを教えたいから」と、思い切って伝えました。元夫としては、それまで「いらない」と言っていたのに!と思ったかもしれませんが、義務ですし、受け入れるしかなかった様子。

 ただ、やっぱり公正証書は作っていません。滞った時、給料の差し押さえをしてまでもらいたいお金かというとそうではないですし、それに「自分の息子にお金を差し出せない男性なんて、どうでも良い」と、根本的に思っているからです。

 と、ここで話してきたシングルマザーの大先輩とは、実はこのコクハクでも執筆されている男女問題研究家の山崎世美子さん。私の憧れの女性であり、そして、元シングルマザーでお子さんを育て上げていらっしゃいます。

 養育費については、世美子さんの以前の記事「前澤氏の新会社に賛同!離婚で養育費をもらうべき一番の理由」でも、取り上げていらっしゃるので、ぜひご覧くださいね。

「養育費のぶん、仕事増やしたんだよ」

養育費のために…なんていうけれど(写真:iStock)
養育費のために…なんていうけれど (写真:iStock)

 離婚してから半年ほど経った頃、元夫は面会日での世間話の際に「養育費のぶん、仕事を増やしたんだよ」なんて、報告をしてきたりもしました。世の元夫たちと同様、離れて暮らしていると子育てにいくらかかるのかなんて、想像することすらないのでしょう。

「だから……なに? その数倍かかってるわ!」という気持ちを抑えて、「うん! ◯◯のためだから! 今後もよろしく!」と、あっけらかんと伝えた私。

 養育費はただの「お金」で、困ったら生活費の足しとしても使えるもの。でも、それが「自分のためではないお金」と思えることは、シングルマザーにとっての強みかもしれません。

 それに、元夫たちも、月数万円の出費だけで子供からパパへの感謝や信頼をもらえるんです。そんな手軽なことはないでしょう(笑)? どうですか?

 そんなわけで、離婚から3年目の今、月一でしっかり振り込んでもらっています。現在、すでに息子にもそのことは伝えていますし、パパを立てるひとつの材料になっています。

 そのお金は高校や大学受験、もしも使わなければ、結婚の支度金など、いざという時に役立つことでしょう。そして、それを使い込まずにちゃんと貯めた私に対して、いつか息子が「ママがんばったな」と思ってくれるだろう!とも、ちゃっかり思っております(笑)。

養育費は「パパと息子の信頼関係を保つもの」

息子との信頼関係のために…(写真:iStock)
息子との信頼関係のために… (写真:iStock)

 とはいえ、人生、何があるかはわかりません。元夫が再婚することになって養育費が滞ったり、急死したりする可能性だってあります。養育費はあくまで、「パパと息子の信頼関係を保つもの」。そんなふうに私は考えます。

 あんなに「いらない」と思っていたのに、今は「パパからの愛情貯金を息子にきちんと残したい」という気持ちが強くなっている私。「この養育費は生活費には使わない。手を付けないように私もがんばる」と、元夫の責任感を煽れるくらい、がめつくなりました(笑)。

 でも、滞った時にがっかりしたり、困らない心持ちではいるんですけどね!……動けるうちに、お仕事を思い切りがんばります。

(文;孔井嘉乃/作詞作曲家 イラスト:こばやしまー/漫画家)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...
白×黒柄のカモフラ!? めちゃ尊い“たまたま”に心が洗われる
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...