離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-12-06 21:28
投稿日:2021-11-30 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

「離婚→再婚」はセットなの?

離婚したら「再婚は?」って聞かれるの何でだろうイラスト:こばやしまー
離婚したら「再婚は?」って聞かれるの何でだろう イラスト:こばやしまー

「離婚をした」と言うと「再婚しないの?」と、聞かれることがとても多いです。世の中、「離婚→再婚」はセットのように思われているようにも見えます。

 適齢期になったら「結婚は?」と聞かれ、結婚したら「子供は?」と聞かれ、一人目を産んだら「二人目は?」と聞かれ、離婚したら「再婚は?」と聞かれる……女性はなにかと大変ですよね!

 リサーチしたところ、離婚した男女の再婚率は約4組に1組(厚生労働省:人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況)。このデータには子供がいない人も含まれていますが、シングルマザーの再婚率は上昇傾向にあるそうですので、「離婚→再婚」と思う人が多いのは、仕方のないことかもしれません。

「再婚したい」と思っていたとして…

不安を感じることはあるけれど…(写真:iStock)
不安を感じることはあるけれど… (写真:iStock)

「再婚しないの?」と聞く人はきっと、「きっと再婚したいよね?」「シンママは大変だよね?」という気持ちが前提にあるのでしょう。

 でも、「再婚したい」と思っているか否かにかかわらず、離婚後は仕事や育児で忙しくしているシングルマザーがほとんど。「恋愛する暇も余裕もない!」という人も多くいます。子供を持たずにバツイチ独身になった男女、そして、親権を持たずに独身になったパパとは、まったく違うのです。

 それに、再婚相手を見つけるために行動したとして、そもそも「再婚したいくらい好きになれる相手と出会えるか?」はもちろん、「シングルマザーを受け入れてくれる相手か?」「子供との相性はどうか?」「今後、子供を作るor作らない?」「同居するorしない?」など、たくさんの課題&選択を乗り越えないといけないのが現実。

 それでも、多くのシングルマザーが「子供にパパを作ってあげたい」「経済的な安定がほしい」と考える気持ちもわかる気がします。子供を幸せに育てていけるのか、老後は孤独死か、と不安を感じることはありますから。

再婚願望のないシングルマザーが思うこと

激おこな顔は見せたくないの(写真:iStock)
激おこな顔は見せたくないの (写真:iStock)

 そんな私はというと、再婚願望がなぜかまったくありません。一度経験して、結婚の良し悪しがわかったからこそ興味がないですし、もともと結婚願望が薄く、元夫からも冗談まじりに「結婚に向いていないよね!」とよく言われていたので、自然なことかもしれません。

 ただ「流れにまかせて再婚もあるかも?」ではなく、「再婚しない!」と言い切れるのは、ママになったこともたぶん大きいです。

 再婚をするということは、別居再婚ではない限り、再婚相手+私+息子の3人で同居することになるでしょう。まず、これが考えられません。

 再婚相手を見つめるハートの目を息子に見られたくもありませんし、息子を怒っているときの般若のような顔を再婚相手に見られたくもありません。何度考えても、「ママ」と「女」は、私の中で同居しないのです。息子の前ではいつまでも「ただのママ」でいたい。これは、価値観によるんでしょうね。

 さらに言うと、再婚相手が父親ぶって息子を怒ろうものなら、「私の息子に何言ってるの!?」と、きっと激しい拒否反応を起こすことが容易に想像できます。だって、元夫が息子を怒るだけでも、イラッとするのですから(笑)。

 そんなわけで、先のことは断言できませんが、少なくとも息子が巣立って手を離れるまで、再婚を考えることはありません。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”は知っている!おやつをくれるニンゲンの見分け方
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
加齢たるたるのあるある<1>目の下のたるみは立派な現代病
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...
ワイルドフラワーって何?「キングプロテア」はお値段以上♪
 そこにあるだけで気分をアゲてくれる不思議な植物がございます。ワタクシに霊感なんてものがあるわけではございませんが、あた...
「兄ちゃんはバツイチだから」ザ・塩対応!おもしろLINE3選
 世間には、いろいろな性格の人がいます。その中でも塩対応な性格の人は相手の態度に関係なく、驚くほどそっけないですよね(笑...
超逸材!金色に輝くたまたまの魅力にメロメロ~吸引力が凄い
 きょうは、陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君。  海風に耳を澄ましまして何を想う……?  この並外れた魅...
あなたは受け恋?追い恋? 8月15日~8月21日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
気の合うママ友を作るには?連絡先をすぐに聞くのは危険です
 子供を育てていると、避けては通れない「ママ友」の存在。苦労せずにすんなりママ友ができるタイプもいれば、人見知りでなかな...
【ニトリ】4.5万円ワークチェアの座り心地 2022.8.13(土)
 長引くコロナ禍で定番になったリモートワーク。毎日の通勤時間がなくなり助かることはたくさんありますが、パソコンの前に座る...
なぜ黙ってたの?聞けば納得!大事な話を言わない大人の思惑
 皆さんは、相手から「実はね……」と話を切り出されて、「なんでもっと早く言ってくれなかったの!?」となる経験をしたことが...
専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過...
“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
その言動に原因あり? 友達がいないアラサー女性の特徴5つ
 年齢を重ねていくにつれ、周りの環境はどんどん変化していきます。特に、女性は結婚や出産を機に変わる人が多いですよね。しか...
UFOと交信!? “たまたま”のサファイアブルーの瞳にうっとり♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...