男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-11-27 06:00
投稿日:2021-11-27 06:00
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大きく変わるようなのです。そこで今回は、状況別に女性の涙に対する男性心理をご紹介します。あなたの涙が、彼にどう思われているかのヒントにしてくださいね。

恋愛の武器になる!? 女性の涙を可愛いと思う時の男性心理

ギャップにドキッ(写真:iStock)
ギャップにドキッ (写真:iStock)

 まずは、女性の涙が恋愛の武器になるパターンと、その時の男性心理からチェックしていきましょう。

いつも泣かない女性が泣くと「守りたい」と思う

 普段めったに泣かない女性が、ふとした瞬間に涙を流す姿を見ると「守りたい!」と思う男性が多いようです。

「本当は弱い部分もあるんだな」と、普段とのギャップに女性らしい“か弱い部分”を感じるのかもしれませんね。

泣くのを必死に我慢していると「可愛い」と思う

 女性の涙の中でも、顔を真っ赤にして必死に泣かないように我慢している姿も、男性が「可愛い」と思うポイント。

 また、泣きそうになった瞬間に席を立ち、泣いていることを一生懸命隠そうとする姿などにも、いじらしさを感じて惹かれるようですよ。

声を出さずに静かに泣く姿は「キュン」とする

 女性の涙は、泣き声もポイントになります。特にキュンとするのが、涙を静かに流しながら声を押し殺しているパターン。

 大袈裟に泣くよりも、声を出さずに泣くほうが、より悲しさが伝わるもの。男性にとっては感情を揺さぶられる泣き方だといえるでしょう。胸が締め付けられる思いになったり、抱きしめたくなったりするようですよ。

嫌われる! 女性の涙を「ずるい」と思う時の男性心理

めんどくさいな…(写真:iStock)
めんどくさいな… (写真:iStock)

 同じ女性の涙でも、中には「ずるい」「したたか」と、愛しさとは反対の感情を感じさせる涙もあるようです。チェックしてみましょう!

大勢の前で泣かれると「計算高い」と感じる

 男性は大勢が見ている前で泣き出す女性を見ると、「計算高い」「注目を集めたいだけ」といった下心を感じてしまうようです。

 何も知らない周囲の人がその光景を見た時、どう考えても「男性が女性を泣かせた」としか映りません。そういった状況では、男性が悪者になるのはわかっていること。それを計算して泣いているんだと感じられてしまうのでしょう。

普段からよく泣く女性は「めんどくさい」と思う

 普段泣かない女性の涙に「可愛い」「守りたい」と感じる男性も、何かあるごとにしょっちゅう涙を流す女性には「めんどくさい」という感情のほうが強くなってしまうようです。

 だんだん涙に慣れてくるため、インパクトも小さくなり「また泣いてる」「めんどくさい」「しばらく放っておこう」と、裏の気持ちまで察してくれなくなります。女性の涙は、たまにしか見られないからこそ男性の気持ちを動かすのかもしれません。

叫びながら文句を言って泣く姿には「ドン引き」する

 ヒステリックな女性の場合、大きな声で叫びながら文句を言い、大泣きするパターンも見られます。この場合、多くの男性は女性にドン引きしています。

 場合によっては、物に当たったり、大きな音を出したりして威嚇しながら泣く人もいますが、これも男性にとっては幻滅されてしまう涙となるでしょう。

女性の涙に対する男性心理は状況によって変わる!

笑顔が一番(写真:iStock)
笑顔が一番 (写真:iStock)

 女性の涙に対する男性心理をご紹介してきましたが、あなたはどんな涙のパターンを流していましたか? もし男性に引かれてしまう泣き方をしているなと思ったら、ぜひ気をつけてみてください。

 そして、実は男性は「女性の涙」よりも「女性の笑顔」に弱いというのも事実。彼の心を射止めたいなら、ぜひ泣き顔よりも笑顔を意識して過ごしてみてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ