“重い女”と思われるかも…男性が嫌がるLINEの特徴7つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-06 11:44
投稿日:2020-11-03 06:00
 コミュニケーションツールとしてとても便利なLINEですが、知らず知らずのうちに、男性から「重い女」と思われているかもしれません……。そんな気はなくても、自分では相手の重荷になっているかは気づかないもの。そこで今回は、気をつけたい「男性が嫌がるLINE」の特徴を8つご紹介します。

「重い女」が送るLINEの特徴8つ!

1. 長文ばかり送ってくる

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 LINEで送るメッセージが、いちいち長文になっていませんか? 長い文章は見る人によっては、ストレスを与えてしまう可能性があります。こまめに区切ったり、返信が来るまで内容は1つの話題に絞るなど、男性が読んだ時にわかりやすく読みやすい内容を心がけましょう。

2. ネガティブ発言が多い

 ネガティブ発言は、ある意味「癖」のようなものなので、本人はなかなか気づけない場合も多いですよね。でも、どんな人でも、一緒に会話していて暗くなるよりも「楽しい!」と感じる人のほうに魅力を感じるものです。LINEを見返してみて、内容がマイナスに向かっていないかどうかをチェックしてみてくださいね。

3. 速攻で返信してくる

 いつLINEしても速攻で返信がくるというのは、意外と嫌がられるもの。ずっと監視されているような気分になりますし、こちらもすぐに返信しなくてはいけないようなプレッシャーを感じてしまうのです。返信をする時には、相手に合わせた程よいテンポで送るほうが印象が良くなりますよ。

4. 日報みたいな報告LINE

 毎日日報のように今日あった出来事をLINEしてくる女性も、「重い」と思われてしまいがち。時々、面白い出来事を報告するくらいなら可愛いかもしれませんが、聞いてもいないのに今日の出来事を毎日報告されても、正直なんて返したらいいかわからないというのが男性の本音のようです。

5. 付き合う前なのに監視してくる

 男性を束縛したがるのも、「重い女」の特徴でしょう。付き合う前でも飲み会に女性はいないか、今何をしているかなど、探りを入れていませんか? 自分の不安を和らげるために相手の行動を制限したくなってしまう、束縛癖がついているのかも……。男性は束縛されると逃げたくなってしまうそうですので、注意が必要です。

6. 重い内容の相談をLINEでしてくる

 LINEでは、あまり重たい内容を送るのはやめましょう。会って話すならまだしも、相手がLINEを読んだ時に「重いと感じるか」をよく想像してから送ることが大切です。悩んでいるなら、会う約束をして目を見て相談するのがベストです。

7. 褒め言葉を引き出そうとする

「重い女」は、不安感が強いので、自信が持てるような「言われたい言葉」を相手から引き出そうとしてしまいます。

 でも、その下心は男性には丸見え。「こう言って欲しいんでしょ」と、内心冷めた心で褒めてくれているだけかも……。

 褒め言葉は、催促しないようにしましょう。

「LINEが重い女」を脱する方法! すでに送ってしまったら?

 すでに重いLINEを送ってしまっていると気づいたら、「気づけただけでも一歩前進」したと思って行動をあらためていくことが大切。そこで、重い女を脱する方法をご紹介します。

私生活を充実させる

 そもそも、重いLINEを送ってしまう大きな原因は、女性自身の抱く不安感です。不安を持っていることで、「相手を束縛して安心したい」「常に人とつながっていたい」という感情になりやすいのです。

 まずは、スマホに依存してしまわないように、私生活を充実させてみてください。新しい趣味や資格取得など、あえて忙しい日々を作ってみるとスマホへの依存が減り、不安感もなくなってくるはずですよ。

自分の中でルールを決める

 重いLINEを送る時、多くの女性は重い内容だと意識せずに送ってしまっています。そこで、自分の中でLINEを送る際のルールを作ってみるのもおすすめです。「返信を催促しない」「文章は何行まで」など、ルールを基準にLINEを入れることで自然と重いLINEを送らなくて済むようになりますよ。

毎日を充実させて「LINEが重い女」から抜け出そう!

なにか夢中になれることは?(写真:iStock)
なにか夢中になれることは? (写真:iStock)

「重い女」の特徴は、不安や自信のなさが根本にあることが多いです。ぜひ一度自分のLINEを見返してみて、重いなと思ったら毎日を充実させてみることから始めてみましょう。きっと自分に自信がつけば、「重い女」から「大切にしたい女」に変われるはずです♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ