“重い女”と思われるかも…男性が嫌がるLINEの特徴7つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-06 11:44
投稿日:2020-11-03 06:00
 コミュニケーションツールとしてとても便利なLINEですが、知らず知らずのうちに、男性から「重い女」と思われているかもしれません……。そんな気はなくても、自分では相手の重荷になっているかは気づかないもの。そこで今回は、気をつけたい「男性が嫌がるLINE」の特徴を8つご紹介します。

「重い女」が送るLINEの特徴8つ!

1. 長文ばかり送ってくる

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 LINEで送るメッセージが、いちいち長文になっていませんか? 長い文章は見る人によっては、ストレスを与えてしまう可能性があります。こまめに区切ったり、返信が来るまで内容は1つの話題に絞るなど、男性が読んだ時にわかりやすく読みやすい内容を心がけましょう。

2. ネガティブ発言が多い

 ネガティブ発言は、ある意味「癖」のようなものなので、本人はなかなか気づけない場合も多いですよね。でも、どんな人でも、一緒に会話していて暗くなるよりも「楽しい!」と感じる人のほうに魅力を感じるものです。LINEを見返してみて、内容がマイナスに向かっていないかどうかをチェックしてみてくださいね。

3. 速攻で返信してくる

 いつLINEしても速攻で返信がくるというのは、意外と嫌がられるもの。ずっと監視されているような気分になりますし、こちらもすぐに返信しなくてはいけないようなプレッシャーを感じてしまうのです。返信をする時には、相手に合わせた程よいテンポで送るほうが印象が良くなりますよ。

4. 日報みたいな報告LINE

 毎日日報のように今日あった出来事をLINEしてくる女性も、「重い」と思われてしまいがち。時々、面白い出来事を報告するくらいなら可愛いかもしれませんが、聞いてもいないのに今日の出来事を毎日報告されても、正直なんて返したらいいかわからないというのが男性の本音のようです。

5. 付き合う前なのに監視してくる

 男性を束縛したがるのも、「重い女」の特徴でしょう。付き合う前でも飲み会に女性はいないか、今何をしているかなど、探りを入れていませんか? 自分の不安を和らげるために相手の行動を制限したくなってしまう、束縛癖がついているのかも……。男性は束縛されると逃げたくなってしまうそうですので、注意が必要です。

6. 重い内容の相談をLINEでしてくる

 LINEでは、あまり重たい内容を送るのはやめましょう。会って話すならまだしも、相手がLINEを読んだ時に「重いと感じるか」をよく想像してから送ることが大切です。悩んでいるなら、会う約束をして目を見て相談するのがベストです。

7. 褒め言葉を引き出そうとする

「重い女」は、不安感が強いので、自信が持てるような「言われたい言葉」を相手から引き出そうとしてしまいます。

 でも、その下心は男性には丸見え。「こう言って欲しいんでしょ」と、内心冷めた心で褒めてくれているだけかも……。

 褒め言葉は、催促しないようにしましょう。

「LINEが重い女」を脱する方法! すでに送ってしまったら?

 すでに重いLINEを送ってしまっていると気づいたら、「気づけただけでも一歩前進」したと思って行動をあらためていくことが大切。そこで、重い女を脱する方法をご紹介します。

私生活を充実させる

 そもそも、重いLINEを送ってしまう大きな原因は、女性自身の抱く不安感です。不安を持っていることで、「相手を束縛して安心したい」「常に人とつながっていたい」という感情になりやすいのです。

 まずは、スマホに依存してしまわないように、私生活を充実させてみてください。新しい趣味や資格取得など、あえて忙しい日々を作ってみるとスマホへの依存が減り、不安感もなくなってくるはずですよ。

自分の中でルールを決める

 重いLINEを送る時、多くの女性は重い内容だと意識せずに送ってしまっています。そこで、自分の中でLINEを送る際のルールを作ってみるのもおすすめです。「返信を催促しない」「文章は何行まで」など、ルールを基準にLINEを入れることで自然と重いLINEを送らなくて済むようになりますよ。

毎日を充実させて「LINEが重い女」から抜け出そう!

なにか夢中になれることは?(写真:iStock)
なにか夢中になれることは? (写真:iStock)

「重い女」の特徴は、不安や自信のなさが根本にあることが多いです。ぜひ一度自分のLINEを見返してみて、重いなと思ったら毎日を充実させてみることから始めてみましょう。きっと自分に自信がつけば、「重い女」から「大切にしたい女」に変われるはずです♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ