別れる可能性が高くなる? 女性から告白するデメリット5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-12-08 06:00
投稿日:2021-12-08 06:00
 男女のお付き合いのきっかけが、女性からの告白だったというカップルも多いですよね。もちろん、女性側としては後悔しないで済みますし、意外と成功率も高いというメリットもあるのですが、実はデメリットも……。そこで今回は、女性から告白した場合の意外なデメリットをご紹介します!

デメリットはあれど女性からの告白は成功率が高い!

女性からの告白は成功率が高い!(写真:iStock)
女性からの告白は成功率が高い! (写真:iStock)

 実は、女性から男性に告白すると、意外にも成功率は高いと言われています。ただ、その理由は、「とりあえずキープしよう」「好きではないけど肉体関係は持ちたい」「気持ちはないけど断ったら悪いから」といった理由で付き合う男性が少なからずいるから。

 つまり、OKをもらえたからといって、必ずしも「好き」という気持ちが伴うとは限らないのです。こういった可能性があることを覚悟のうえで告白することが、大切かもしれませんね。

長続きしにくい!? 女性から告白するデメリット5つ

簡単に手に入ると興味がなくなるのが男性(写真:iStock)
簡単に手に入ると興味がなくなるのが男性 (写真:iStock)

 それでは女性から告白した時には、どんなデメリットあるのでしょうか? チェックしていきましょう!

1. 冷められてしまうことがある

 男性には「狩猟本能」があるため、女性に追いかけられるよりも追いかけるほうが好きという人が多いようです。「手に入れられそうで手に入らない」という状況には燃えても、簡単に手に入ると興味がなくなって冷めてしまう……なんてことも。

 そういった考えが強い男性の場合には、せっかく脈ありだったのに告白することで冷められてしまうというデメリットがあります。

2. 別れる可能性が高くなる

 上記でお伝えしたように、女性から告白してOKをもらえた場合でも、必ずしも相手が同じように「好き」という気持ちを抱いているかはわかりません。もしも相手がキープ目的や体目的でOKした場合、その後、別れる可能性は高くなるでしょう。

 告白した直後に相手から下心を感じる誘いがあった場合には、勇気を持って断る覚悟も必要です。

3. 友人関係に戻るのが難しくなる

 親しい男友達を好きになってしまった場合、一度告白して気持ちを伝えることで、お互いを友達ではなく「異性」として意識することになってしまいます。

 関係性にもよりますが、振られた後に以前とまったく同じ友人関係に戻るのは難しい場合も多いでしょう。

4. 男性側が受け身になる可能性がある

 女性から告白した場合、「思いが強いのは女性のほう」という、なんとなくの“主従関係”のようなものが発生することがあります。そのため、男性が受け身になり、デートに誘ったり、相手を喜ばせるサプライズをしたりなどの積極的な行動をとってくれなくなる可能性があります。

 付き合えることになっても、相手の気持ちが同じ熱量になるまでは、じっと我慢が必要になるかもしれませんね。

5. 返事次第では次に進めない

 男性がはっきり返事をくれれば良いのですが、中にはキープ目的で「少し時間がほしい」「友達からはじめたい」など、曖昧な回答をしてくることも……。

 その待機期間中、あなたの気持ちが冷めてしまったとしても「告白した側」という立場から、自分からは断りづらくなってしまうことがあります。

女性から告白するならデメリットも覚悟のうえで!

リスクも覚悟の上で告白を(写真:iStock)
リスクも覚悟の上で告白を (写真:iStock)

 女性から告白するデメリットをお伝えしてきましたが、もちろんメリットもたくさんあります。少なくとも相手に異性として意識させることはできますし、相思相愛の場合ならほかの人に取られる可能性は低くなるでしょう。

 ただし、デメリットがあるのも事実。悲しい結果になった時に後悔しないよう、ぜひリスクも覚悟のうえで清々しい告白ができるといいですね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


人生狂わす男女の金銭トラブル 大谷を襲った“一平さん騒動”と次元違えど
 大谷翔平選手と水原一平さんの間で起こった金銭トラブルとは次元が異なるものの、男女間でもお金が原因の関係が破綻は少なくな...
恋バナ調査隊 2024-04-19 06:00 ラブ
年下男子とのデートは「ヌン活」に限る? 彼らを誘うと「即OK」するワケ
 アフタヌーンティーが人気です。色とりどりのスイーツとおいしいお茶を味わいながらの午後のティータイム女子会は格別な心地良...
内藤みか 2024-04-18 06:00 ラブ
自分にはお金使うくせに「ケチな男」の特徴4つ、結婚したらどうなる?
 自分の持ち物や趣味には好き勝手お金を使うのに、それ以外のことにはお金を出すのを嫌がる男、いますよね。  車がベンツで...
恋バナ調査隊 2024-04-17 06:00 ラブ
職場は心の浮気の震源地!四六時中チャット、2人きりランチ…リスクは?
 恋人がいるのに他の男性と体の関係があったら、それはガッツリ「浮気」。そして、既婚者であれば「不倫」です。でも「体の関係...
恋バナ調査隊 2024-04-16 06:00 ラブ
不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ