子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-12-06 06:00
投稿日:2021-12-06 06:00
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なので、ママが家で話していることやママの口グセを外で悪気なくそのまま口にする子も少なくありません。だからこそ、子どもが何を言っているかによって、その家の“鬼嫁事情”が推察されてしまう場合も……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、子どもの発言をきっかけにママ友に鬼嫁疑惑を抱いたという女性たちのエピソードをご紹介します。

1:「パパは寄生虫〜」

子どもの口グセでバレちゃった!(写真:iStock)
子どもの口グセでバレちゃった! (写真:iStock)

「子どもの幼稚園の友だちが、うちに遊びにきたときに、そのときにかかっていた童謡の替え歌で『ウチのパパは寄生虫〜!』って大きな声で連呼して歌っていたんです。

 最初は、なんのことだろう?と思ったのですが、そういえばその家はママがバリキャリで、パパはパートで働いているのを思い出し、『あっ』と思いました。

 “寄生虫”なんて単語は、母親などの身近な人が口にしない限り、あの世代ではなかなか言わない言葉だと思います。ママがいつもそんなふうに言っているのを聞いて真似しているのかもなぁ〜と思ったら、なんとも言えない微妙な気持ちになりましたね」(34歳女性/福祉関係)

2:「役立たずな男」

ウチのお父さんはね…(写真:iStock)
ウチのお父さんはね… (写真:iStock)

「下の子が小学校低学年で、学校のお友だちと子どもの会話が聞こえてきたときのこと。

 その子が真剣な顔つきで『ウチのお父さんは、役立たずな男なのよ』って言っているのを聞いてしまいました(苦笑)。最初は、夫婦喧嘩のときにでも覚えた言葉なのかなって思ったのですが、話をよくよく聞いているとそういうことでもないみたいで、そのお友だちは『稼ぎが少なくて、家事の段取りも悪くてね……』と、ため息まじりに我が子に話しているではありませんか。

 女の子はマセているってよく聞きますが、その子も例外ではなかったみたい。ママがどこかで話しているのを聞いて覚えたのか、その子にママがそういうふうにパパのことを話しているのかは分かりませんが、ママがパパに対してそういう扱いをしている家庭なんだろうなぁ〜と感じましたよ。

 そのママは、見るからに気が強そうで普段から言葉がキツい人。家ではきっと、私たちママ友に見せている以上に、強いママなんだろうなと思いました」(34歳女性/ITサービス)

3:「パパのようなクズ」

その教育、露骨すぎじゃない?(写真:iStock)
その教育、露骨すぎじゃない? (写真:iStock)

「娘の学校のお友達を連れて遊びに行ったときに、深い意味はなく『将来はどんなお嫁さんになるのかな〜?』なんて話をしていたんです。そうしたら、その子が真剣な顔で『ママからは、パパのようなクズとは結婚してはいけないって言われています』と言うので、ビックリ。

 その家はパワーカップルとして有名で、ママ友たちのあいだでは理想の家庭みたいなイメージが強かったので、ママがパパのことをそんなふうに言っているなんて意外でしたね。

 いろいろ話を聞いていると、ママはその子に“パパはダメ男”っていう教育をしているようでしたが、夫婦にどんな事情があるにせよ、子どもに対してそんな露骨な教育をしないほうがいいのでは……と、他人ながらに思ってしまいました」(37歳女性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 子どもたちの発言をきっかけに、身近なママ友に対して鬼嫁疑惑が生じてしまうこともありますよね。ギョッとするような言葉が子どもから出てきたら……、その家庭の鬼嫁事情が浮き彫りになる瞬間でもあるのかもしれません!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ