どんな環境下でも自分優先…鬼嫁たちのコロナ禍な夏事情

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-08-28 03:40
投稿日:2020-08-26 06:00
 鬼嫁たちのコロナ禍の夏は、いかに夫を意のままに動かすか……がテーマになっているケースも目立ちます。どんな環境下であっても、自分が快適な暮らしを手に入れるためには、手段を選ばないのが鬼嫁たち。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの、この夏の生活事情に迫ります。

1:在宅勤務時の家事分担割合を強要

夫の負担が大きすぎない?(写真:iStock)
夫の負担が大きすぎない? (写真:iStock)

「最近、僕はテレワークからオフィスワークに戻りました。我が家の家事分担割合は、なぜか在宅勤務をしていたときのままで、僕の負担がやたら大きいです。

 妻はパート勤務で、コロナ禍の今は仕事には行かず家にいるんですが、僕がオフィスワークに戻ったときに『家事分担割合を元に戻そう』と提案したら、あっさり拒絶されまして……。妻の言い分は『パートで働くより、家にずっといるほうが忙しい。だから家事分担は今のままでいく』とのこと。

 いやいや、子どもでもいればそうかもしれないけど、我が妻は家でぐーたらテレビかスマホばかり見て、掃除や洗濯すらしないんですよ! 何が忙しいんだか、さっぱりわかりません。僕がメインで家事をする環境を手に入れた今は、昼まで寝ていてテレビ三昧ですよ……」(37歳男性/システム開発)

2:屁理屈をこねて帰省を拒む

友達との旅行は行くのに…(写真:iStock)
友達との旅行は行くのに… (写真:iStock)

「もともと自分のやりたいことには屁理屈をこねてでも譲らない妻は、今年はコロナ禍を理由に、さらに屁理屈が激しくなりましたね。

 先日、妻が女友達と旅行に行くと言うので、夏休みには帰省もしたいから、その日程だけは外してくれってお願いしたんですよ。すると妻からは『無理。もう予約したし、変更はできない。それに、私が帰省してお義母さんにコロナ移しても嫌だから、数年間は帰省しない』と言われました。

 いや、これだけ聞けば、僕の母への思いやりにも聞こえるし、なるほどって思いますよね。でも自分の実家には数カ月に一度帰っているし、どう考えてもコロナ禍を理由に、僕の実家を避けているとしか思えないんですよ! でもこんなふうに言われると怒れないし……。コロナ禍を理由に、うちの実家と何がなんでも距離をおきたいみたいです……」(43歳男性/建設)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ