自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-11-30 06:00
投稿日:2021-11-30 06:00
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という共同生活において独りよがりな判断を下すことが多いようです。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、そんな鬼嫁の実態に迫ります。

1:自分だけシーズンごとに洋服を買い増し!

自分だけ最新ファッション(写真:iStock)
自分だけ最新ファッション (写真:iStock)

「親しくしているママ友は、自らも『私は鬼嫁』と公言するほどの悪妻っぷり。結婚したくなかったのに夫に懇願されて入籍をしたそうで、仕事もせずに、旦那さんの収入で楽しそうに生活をしています。

 と言っても、旦那さんの収入もそこまで良くはないみたい。家族で出かけているところに遭遇すると、旦那さんの服はヨレヨレの着古しだし、言っちゃ悪いけど子どもの服も安っぽい感じなのですが、ママ友本人だけは常に綺麗な最新ファッションに身を包んでいるんですよね。

 鬼嫁を公言しているから旦那さんも納得しているのかもしれないけれど、はたから見ていると、ちょっと滑稽です……」(37歳女性/パート)

2:インスタのために借金…

インスタのために見栄を張る(写真:iStock)
インスタのために見栄を張る (写真:iStock)

「知り合い界隈では、まぁまぁ有名なインスタグラマーになった学生時代の友人は、インスタの投稿だけ見ていたら、キラキラのセレブ生活。

 だけど共通の知人から聞いた話では、住んでいる家は狭くて古いアパートで、インスタのために借金までしているとか……。

 数年前に結婚したと聞いているので、ご主人もその子のインスタのために見栄を張る生活に付き合わされているんだろうなぁと思ったら、同情しましたね。

 その子自身は、確かアルバイトをしていたと思うのですが、もともとかなり気が強い子で、学生時代から彼氏のことをアゴで使うタイプ。自分の思い通りにならないとキレる性格だったから、さぞかし鬼嫁っぷりを発揮しているんだろうなぁ……」(35歳女性/IT)

3:自分の収入は全部お小遣い

私のお金はぜーんぶ私のもの(写真:iStock)
私のお金はぜーんぶ私のもの (写真:iStock)

「職場の同僚女性は、年下の旦那さんのことを、いつも馬鹿にした口調で話します。私が一番びっくりしたのは、自分の収入は全部“お小遣い”として自由に使い、生活には旦那さんの稼ぎしか使わないという話。

 その女性は管理職に就いていて、そこそこ高収入なのを知っているので、家にまったくお金を入れていないなんて……と、驚きました。

 “旦那さんの稼ぎは良くないから、旦那と旅行に行ってもしょぼいホテルしか泊まれない。だから、旅行に行くのもいつも夫婦じゃなくひとりで行くのよ!”なんて得意げに話していましたけど、夫婦なんだから旦那さんの分も出してあげればいいのに……って思っちゃいました。

 自分だけが贅沢して旦那さんには平気で我慢させるあたりに、鬼嫁っぽさを感じざるをえないです」(36歳女性/アート関係)

  ◇  ◇  ◇

 “鬼嫁”と呼ばれる人たちは、家庭内のお金にまつわる部分でも、暴挙を繰り返す人が少なくないよう。みなさんのまわりにも、こんな女性がいますでしょうか……?

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


あんた何様ですか? いい加減つら、理想が高い夫を持つ妻たちの愚痴5選
 夫の理想が高ければ高いほど、妻たちの不満は膨らむ様子。「なんなのコイツ!」と怒りがこみあげ、離婚を考えるようになる女性...
恋バナ調査隊 2023-12-01 06:00 ラブ
コロナ後のいま“レス不倫”増殖中! 2度目も3度目も食事だけデートのワケ
 コロナが5類に移行してから、くすぶり始めているのが、不倫です。濃厚接触を避けていたコロナ禍では自粛傾向にあった禁断の関...
内藤みか 2023-11-30 06:00 ラブ
不倫も人生経験、不倫してよかったと語るツワモノたち 一体何を学んだ?
 誰もが「不倫はいけない恋愛」と思っているでしょう。でも「不倫してよかった」「不倫も人生経験の1つ」と考えるツワモノもい...
恋バナ調査隊 2023-11-30 06:00 ラブ
あなたは何のため? 女性が入籍・結婚を望む5つの理由を考えてみた
「大好きな人とずっと一緒に過ごしたいから」「子どもが欲しいから」などなど、結婚したい理由は人それぞれ。あなたが結婚したい...
恋バナ調査隊 2023-11-29 06:00 ラブ
男の「よく食べる人が好き」発言に裏ナシ? “食好き女”アピる前に読んで
「好きな女性のタイプは?」という質問に対して、「よく食べる女の子が好き!」と答える男性って結構いますよね。でも、その言葉...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
家事をしない夫への「プチ仕返し」私ばっかりしんどいの、おかしくね?
 男女平等が常識になってきた現代ですが、まだまだ男女の差は存在します。その差が特に顕著なのが家庭の中。夫婦共働きであるに...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
現在イイ感じの彼に「過去の恋愛」どこまで話す? 許容範囲はどこ
 男女が距離を縮めていく中で、話題になりやすい内容といえば“過去の恋愛”。ですが、「どこまで話していいのか……」と、迷っ...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
「一生独身でいいかも…」推し活で満足する40代独女の心理とよぎる心配
 好きなキャラクターやアイドルなどを追いかけて応援する「推し活」。40代独女の中には最近では「推し活」だけで満足してしま...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
スイカから保険金殺人に発展!? 夫が戦慄する妻の「ヒス構文」LINE3選
 皆さんは「ヒス構文」を知っていますか? 「ヒス構文」とは、お笑い芸人のラランドさんのネタから生まれた言葉で、ヒス...
彼の人間性を疑ったあり得えない4つの言動、不信感を抱いた感覚は大事に
 彼氏や夫の言動に「そんな人だったの?」と引いた経験はありませんか? 人間性を疑うほどの出来事があると、大好きだった彼へ...
恋バナ調査隊 2023-11-26 06:00 ラブ
「入籍は餞別みたいなもん」30男が非モテ系彼女とのケジメ婚に悩むウラ
「冷酷と激情のあいだvol.170〜女性編〜」では、交際2年目で同棲をしている恋人が、風俗通いや浮気をすることに悩む理奈...
並木まき 2023-11-25 06:00 ラブ
風俗に職場女性とねんごろ…それでも年下男と別れられない34歳女の悲哀
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-11-25 06:00 ラブ
恋愛ライバルが少ない「出会いの穴場」は? おすすめの趣味&業界
 良い恋愛をするには、素敵な男性と出会う必要があります。でも、現実には素敵な男性は彼女がいたり、既婚者だったりとなかなか...
恋バナ調査隊 2023-11-24 06:00 ラブ
別居中の夫と復縁する方法…3カ月以内ならあり?チェック方法&きっかけ
 夫婦関係がうまくいかなくなった時、すぐに離婚するのではなく一旦別居する夫婦は多いですよね。でも、いざ別居すると相手の存...
恋バナ調査隊 2023-11-24 06:00 ラブ
マッチングアプリの既婚者男性、真の目的と女性が騙されない有効策を聞く
 恋活系マッチングアプリといえば、ほとんどの人は独身男女が恋人を見つけるために使うものだと考えるでしょう。けれど、その中...
内藤みか 2023-11-23 06:00 ラブ
適齢期ではあったけど…私が「元彼と結婚しなかった理由」
 アラサー・アラフォーになると、結婚を視野に入れた恋愛をする人がほとんど。そのときに交際している彼がいたら、彼との結婚も...
恋バナ調査隊 2023-11-23 06:00 ラブ