自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-11-30 06:00
投稿日:2021-11-30 06:00
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という共同生活において独りよがりな判断を下すことが多いようです。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、そんな鬼嫁の実態に迫ります。

1:自分だけシーズンごとに洋服を買い増し!

自分だけ最新ファッション(写真:iStock)
自分だけ最新ファッション (写真:iStock)

「親しくしているママ友は、自らも『私は鬼嫁』と公言するほどの悪妻っぷり。結婚したくなかったのに夫に懇願されて入籍をしたそうで、仕事もせずに、旦那さんの収入で楽しそうに生活をしています。

 と言っても、旦那さんの収入もそこまで良くはないみたい。家族で出かけているところに遭遇すると、旦那さんの服はヨレヨレの着古しだし、言っちゃ悪いけど子どもの服も安っぽい感じなのですが、ママ友本人だけは常に綺麗な最新ファッションに身を包んでいるんですよね。

 鬼嫁を公言しているから旦那さんも納得しているのかもしれないけれど、はたから見ていると、ちょっと滑稽です……」(37歳女性/パート)

2:インスタのために借金…

インスタのために見栄を張る(写真:iStock)
インスタのために見栄を張る (写真:iStock)

「知り合い界隈では、まぁまぁ有名なインスタグラマーになった学生時代の友人は、インスタの投稿だけ見ていたら、キラキラのセレブ生活。

 だけど共通の知人から聞いた話では、住んでいる家は狭くて古いアパートで、インスタのために借金までしているとか……。

 数年前に結婚したと聞いているので、ご主人もその子のインスタのために見栄を張る生活に付き合わされているんだろうなぁと思ったら、同情しましたね。

 その子自身は、確かアルバイトをしていたと思うのですが、もともとかなり気が強い子で、学生時代から彼氏のことをアゴで使うタイプ。自分の思い通りにならないとキレる性格だったから、さぞかし鬼嫁っぷりを発揮しているんだろうなぁ……」(35歳女性/IT)

3:自分の収入は全部お小遣い

私のお金はぜーんぶ私のもの(写真:iStock)
私のお金はぜーんぶ私のもの (写真:iStock)

「職場の同僚女性は、年下の旦那さんのことを、いつも馬鹿にした口調で話します。私が一番びっくりしたのは、自分の収入は全部“お小遣い”として自由に使い、生活には旦那さんの稼ぎしか使わないという話。

 その女性は管理職に就いていて、そこそこ高収入なのを知っているので、家にまったくお金を入れていないなんて……と、驚きました。

 “旦那さんの稼ぎは良くないから、旦那と旅行に行ってもしょぼいホテルしか泊まれない。だから、旅行に行くのもいつも夫婦じゃなくひとりで行くのよ!”なんて得意げに話していましたけど、夫婦なんだから旦那さんの分も出してあげればいいのに……って思っちゃいました。

 自分だけが贅沢して旦那さんには平気で我慢させるあたりに、鬼嫁っぽさを感じざるをえないです」(36歳女性/アート関係)

  ◇  ◇  ◇

 “鬼嫁”と呼ばれる人たちは、家庭内のお金にまつわる部分でも、暴挙を繰り返す人が少なくないよう。みなさんのまわりにも、こんな女性がいますでしょうか……?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


別れ際が綺麗な女性にはメリットがある! 上手な別れ方5つ
 彼から突然別れを切り出されたら、多くの女性は取り乱してしまうでしょう。追いすがってしまう人もいるかもしれません。しかし...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
モテない女性に共通する残念LINE5選…男性が引く内容5つ
 モテるモテないには、それなりに理由があるよう。もしもあなたが、見た目に問題がないのにまったくモテないんだとしたら、こん...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
いつでも新婚気分♡ 別居婚のメリット&向いている夫婦の特徴
 ひと昔前までは、結婚したら一緒に住むというのが当たり前の世の中でした。しかし今は、夫婦のライフスタイルによっては「別居...
恋バナ調査隊 2022-01-16 06:00 ラブ
不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性...
恋バナ調査隊 2022-01-15 06:00 ラブ
今が正常な状態…交際3ヶ月でデート頻度を減らした男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.73〜女性編〜」では、「仕事」を理由にデートを減らしている恋人・ソウタさん(仮名・29歳男性...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
仕事を理由にデート激減…恋人の真意がわからない女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
はじめての食事デート♡ 心がける4つのこと&会話のポイント
 気になる男性とはじめての食事デートの約束ができたら、「絶対にデートを成功させたい!」と思うのは当然でしょう。そこで今回...
恋バナ調査隊 2022-01-14 06:00 ラブ
あなたは何も悪くない! 彼に暴言を吐かれた時の3つの対処法
 恋人やパートナーに暴言を吐かれ、深く傷つく女性が増えています。一番信頼し、愛している相手だけに、ダメージも大きいもの。...
内藤みか 2022-01-13 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? 軽い女度診断4項目&気をつけるべきこと
 自分では意識していなくても、男性から「軽い女」だと思われていたらがっかりしてしまいますよね。今回は、今すぐできる軽い女...
恋バナ調査隊 2022-01-13 06:00 ラブ
一生モテる女性の特徴とは? 常にモテるためにやるべきこと
 彼氏が途切れなかったり、周りから一目を置かれ続けている女性っていますよね。ここで言うモテる女とは、声をかけられることが...
若林杏樹 2022-01-12 12:13 ラブ
100年の恋も冷めるでしょ…彼氏のドン引き行動エピソード4選
 彼氏に100年の恋も一瞬で冷めるような「ドン引き行動」をされたことがある女性は多いようです。ドン引き行動の原因はさまざ...
恋バナ調査隊 2022-01-14 18:15 ラブ
長続きカップルの秘訣かも♡ 彼氏が喜ぶ上手な愛情表現5つ
 長続きするカップルの多くは、日頃からしっかり愛情表現をしているそう♡ でも「愛情表現」って、相手にきちんと気持ちが伝わ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
自然消滅を選んでしまう男性心理&恋を復活に導く3つの方法
 ちゃんと別れ話をしないまま彼氏と自然消滅してしまうと、「以前のように戻りたい」と思い、悩んでしまうことがあります。そこ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
なぜ見抜けない? 男性があざとい女性に騙される理由4つ
 女性から見ると、どう考えてもあざとい言動をしているのに、なぜか男性はあざとい女性に騙されるんですよね……。いったいどう...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
信じたいけれど…不安にさせる年下彼氏の特徴3つ&対処法
 年下彼氏のいる女性は、若くてフレッシュな男性と付き合えて嬉しい反面、やはり心配がつきもの。でも、年下彼氏と付き合ってい...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
気になる彼を落としたい♡ 男性が喜ぶあざといモテテク6選
 女性にとってはマイナスのイメージが強い、あざとい系の女性たち。しかし、男性ウケは抜群にいいと言われているのが現実ですよ...
恋バナ調査隊 2022-01-09 06:00 ラブ