どう対処すればいい? コミュニケーションが残念な大人たち

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2021-12-17 06:00
投稿日:2021-12-17 06:00
 私がスナックで働いてよかったなと思うことの一つに、コミュニケーションスキルの向上があります。本来の私はめちゃくちゃ暗い性格なので、これは身につけられて本当に良かったです。でも、自分のコミュ力が上がると同時に「あれ?」と思うことも増えてきました。どろんぱは今日も盛況。みんな酔いがまわっていい感じ。新規のお客さんのところへ、ママがお会計を持っていきます。

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

コミュニケーションの軸はいつも相手におく

 お店での私のポジションはイジられ役でした。というのも当時は私が一番下っ端でしたし、そうやって周りのお客さんやお姉さんがうまくやってくれることでお店に馴染んでいけたのです。

 初めて私がお店に入ってから、もう10年になります。ということは、当時からのお客さんたちとはもう10年付き合っているわけです。そんな長い付き合いですから、失礼な言動もいつものノリだったりするんですね(全然失礼だと感じたことはないです)。

 ところが、それをみていた全然仲良くないお客さんが同じようなことを言い出したりする時がありました。これがたまにではなく、結構な頻度であるので最初はびっくり。「いい年した大人が、なんで今の発言がヤバいと思えないんだ!? ヤバ!!」と心の中でよく思ったものです。お客だからって何言ってもいいのか!と怒っていたこともあります。

 でもある日、「あ、この人はコミュニケーションが苦手なんだ」と思い至りました。当たり前だけど、コミュニケーションが双方向のものであることや、場の雰囲気を感じ取る力が弱い大人もいるんですよね(もちろんお酒の魔力が働いたことも大きな理由でしょうが、それを言い訳にするのは酒飲みなら避けたいところ)。そういう人に早いうちに出会えたのも、今では良かったなと思えます。

 もしあなたの周りにそういう人がいたら、「あ……学んでこなかったんですね……」と唱えてそっと離れてください。そして私も、自分がそうならないように気をつけたいと思います。

登場人物紹介

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

マキさん
どろんぱのナンバーワンホステス。おっとりした見た目に反してハッキリモノを言う性格。毒舌気味な時もあるが、本人曰く「3児の母はそれくらいじゃないとやってられない」。

ママ
どろんぱのママ。常連だろうが新規だろうが、ダメなものはダメと言う。怒ると火を吹くのは毎度のこと。今回のようにブチギレるとムキムキになることもあるみたい。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。TwitterやInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちら: https://okugem.com/
TwitterInstagram

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


推し活に疲れたと思う5つの瞬間…デジタルデトックスで情報の遮断を
 推し活を始めた頃は、誰もが「楽しみを見つけた」とワクワクしていたはず。推し活で、充実感を得ていたことでしょう。しかし、...
5月29日~6月4日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
節約とケチは紙一重? ここぞという時に後悔しないお金の使い方8選
 缶飲料に続いて、電気代まで値上げのニュース。止まらない値上がりラッシュに、「家計のどこを削ろう?」と試行錯誤している人...
フリーランスママなら楽チンの誤解…付き添い通院で両立できず契約終了
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
デート中“たまたま”を二度見! 上品かつ色気ムンムンで素敵
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
茜色に染まる景色に心安らぐ 2023.5.29(月)
 たった数十分くらいの間に刻々と変化していく空の色。  茜色に染まる景色に心安らぐ。  日が落ちるまで眺めて...
便利でラクだと採用&継続したら大後悔!フルリモートの“落とし穴”8つ
 コロナ禍がひと段落して出社する人も増えましたが、フルリモートという働き方も選択できる時代になりました。好きな場所で仕事...
花火大会で浴衣姿の同級生にドキドキした 2023.5.28(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
歯の矯正器具を2時間かけて装着、違和感しかねぇ 2023.5.27(土)
 40代半ばになって歯科矯正を始めた女のほぼ“リアタイ”ドキュメンタリー。恋バナでも食ルポでもライフハックでもない間口の...
へたるし処分が大変…人をダメにしない!? ビーズクッション5つの欠点
 部屋が狭いと椅子やソファーを置くのは難しいもの。その点、ビーズクッションであれば、スペースが少なくても気軽に取り入れる...
「脱いだパンツ」を巡る心理戦
 自分が脱いだパンツに価値があると知ったのは、まだ10代の頃。ブルセラショップが世間の話題になり、お小遣い欲しさに心がゆ...
自信があるのに嫌われる人、魅力的な人…違いはどこにある?
 これまで私はさんざん自信があるのは絶対に良いことであると書いてきました。でも、「あの人、自信満々だよねw」なんて、嫌わ...
職場にいる? 社会人デビューしちゃった男性の上手な扱い方
 職場にいる、なんとなくイタい男性。もしかしたらその男性、社会人デビューをしたのかもしれません。 かっこつけてる(つもり...
海と緑と南国の花が見える 安らぎの窓辺で 2023.5.26(金)
 いろんな場所をめぐってきたけど、移動する日ってバタバタするから、翌日の窓の外の景色で、「ああ、こんなところまで来たんだ...
“たまたま”が道に落ちてるー!猫島では歩きスマホにご注意を
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
40代が似合う「指輪の重ね付け」5つのコツ…隠された意味、知ってる?
 きらりと光る指輪は、40代を過ぎた大人女性の手元を魅力的に飾ってくれますよね。特におすすめしたいのが存在感がアップする...