お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?

コクハク編集部
更新日:2021-12-11 09:03
投稿日:2021-11-27 06:00
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特に、LINEに不慣れなお母さんたちの誤字には思わず笑ってしまいます! 今回は、そんなお母さんたちが送ってしまった、おもしろ誤字LINEをご紹介します!

なんでそうなった? お母さんのおもしろ誤字LINE5選

1.「冷蔵庫に枝葉とケーキあるよ!」

 こちらのLINEのお母さんは、とても可愛らしい言い間違いをしてしまったようです。帰宅した娘に「ショートケーキあるよ」と伝えたかったのですが、「ショート」が打てず、「しようと」→「枝葉(しよう)と」になってしまったようです。

 これに対して娘は、まったく理解できていない様子。「枝葉って何? 口に刺さるよね?」と、疑問の嵐……。確かに、この打ち間違いは読み解くのが難しいかもしれませんね!

2.「避難韓国出たみたい!」

 こちらは、田舎に住んでいるおじいちゃんを心配している母娘のLINEです。娘から「おじいちゃんとこ、大雨大丈夫かな?」と送られてきた内容に対して、お母さんの返信が「なんか避難韓国出たみたい!」と「勧告」が「韓国」になってしまっています!「足が悪いから辿り着けるかしら」という言葉も、誤字の意味を際立たせてしまっていますね。(笑)

 それに対して、冷静に「韓国行くわけじゃないんだから」と突っ込む娘。なかなか息の合ったいい親子コンビLINEでした。

【あわせて読みたい】着圧レギンスでほっそり美脚を体験♡ キツくないのに加圧できる!? 本気レビューを大公開!

3.「キットッカット買ってきたよ♡」

 こちらは、受験を控えた娘への応援LINE。お母さんは「とにかく娘のために何か力になってあげたい!」という気持ちで溢れている様子。でも、この溢れすぎた思いが勢い余って、「きっと勝つ」のゴロに似た「キットカット」と伝えたいところを「キットッカット」と、跳ねすぎてしまいました!

 娘も「お母さん跳ねすぎ」と、若干引いていますが……背景にあるお母さんの思いが痛いほど伝わってくるほっこりLINEでした♡

4.「日本は終了しました」

 こちらは、衝撃的なワードを送り間違えてしまったお母さんのLINE。2階にいる娘が、深夜1時頃に「夜食を作って持ってきて」とおねだりしたところ、お母さんから「お母さんの仕事は終わり! 日本は終了しました!」と返ってきました。

 そう、これは「本日」を「日本」と、反対にしてしまったのです。娘さんも、「こんな真夜中に希望のないこと言わないでよ」と、一気にテンションが冷めています。(笑)とてもお茶目なお母さんでした♡

【あわせて読みたい】デリケートゾーンのニオイが気になる…おりものにも関係があった

5.「麻痺がえた」

 こちらのお母さんは、スマホの便利機能に翻弄されてしまったパターン。「今日は寒いから」に続けて、「あったかい服着て」と送るつもりが、予測変換で「厚切りっ高い服きて」と意味不明なメッセージに。もしかしたら、以前に「厚切りベーコン買ってきて」とでも送っていたのかもしれませんね。

 さて、打ち間違いに気づいたお母さんですが、「間違えた」と送ろうとして「麻痺がえた」に。さらに慌てて「まつがえ」と、もう収拾がつかなくなってしまっています。そして、最後には諦めていますね。頑張れ、お母さん!

お母さんからの誤字LINEは最高の癒し♡

 あなたのお母さんは、誤字が多い人ですか? もし誤字が多いお母さんなら、あなたはラッキーかもしれません。だって、日常のやりとりの中で、たくさんの笑いと癒しを味わうことができるのですから!

 ぜひ、お母さんから誤字LINEが届いたら、幸せを味わってほっこりしてから、大切にスクリーンショットしておいてくださいね♡

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


口喧嘩で負けたくない! 勝ちたい時に使えるマル秘戦術3選
 みなさんは誰かと口論になった時、どんな戦法で勝ちにいきますか?  方法は十人十色ですが、今回は代表的な勝ちパターン...
凍り付いた湖の夜が更けて
 もしも突然、この瞬間に、氷が解けたらどうなるんだろう。  そう思いながら、凍て付いた湖の上に立つ自分が結構好き。...
「レンジでゆたぽん」人気じわり..足を温めると眠りやすい!
「レンジでゆたぽん」を知ったのは、年末年始に長野県の義実家に行った時。寒がりな私を気遣って、義母が用意してくれたのです。...
青空にオレンジボディが映え“たまたま”の見返りメンチにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私って性格悪い? 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間
 誰の心にだって、優しい部分と優しくない部分が存在するもの。そうわかっていても、自分の心のダークサイドを自覚すると「もし...
卒入学、彼岸、送別会【花屋が教える】予算内で理想の花束を贈る7カ条
「斑目さん、今年こそは頑張って期限内にお願いしますよ!」  お正月がなんとなく終わったばかり、なんて思っていたら、我が...
「とにかく盛り上がるやつ頼むよ」ってさぁ 先輩の無茶ぶりLINEがすぎる
 お笑い芸人の松本人志とその後輩芸人たちによるアテンド飲み会が話題になっていますね。  ニュースの真偽はともかく、...
2024-02-21 06:00 ライフスタイル
仕事のサボりがバレた瞬間4選 リモートワークは意外と見られている!
 近年では、リモートワークやフレックスタイムなどの制度が導入されて、数年前よりも働きやすくなりました。  一方で、自由...
真似から始まったファッションも、いつか体に馴染むもの
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
年の差婚の弊害?夫の“昭和の価値観”を持つ息子の将来が不安すぎる件
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  私の夫は10...
仕事のモチベが上がらない!30女40女のやる気スイッチをONにするテク
 どんなに好きな仕事でもモチベーションが上がらない時だってありますよね。気持ちが乗っていない時は、ミスしたり、時間が永遠...
2月19日~2月25日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
この子を育てるのは無理かも…発達障害児がストレスで鏡に刻みかけた言葉
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
菜の花の小道で一触即発! 道を譲るのはどっちの“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
今夜は誰と出合おうか…人で溢れる街の隅っこに転がる心
 先に仮想世界(?)でお互いを見つけて、そこから顔を合わせるって最初は気まずくないのかな? と昭和の世代は思っちゃうけど...
水商売の水は流水説 夜の街で働くホステスやホストだけが当てはまるの?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...