もはや尊敬!?ナルシスト男性からの神がかったLINE5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-01-22 06:00
投稿日:2022-01-22 06:00
 ナルシスト男性から、LINEが送られてきたことはありますか? 読んでみると、まるでドラマに出てくるイケメンヒーローになりきったようなセリフがいっぱい! もしかしたら、最初は鳥肌が立ってしまうかもしれません。でも、読んでいくうちに、その神がかったセリフに尊敬の念すら覚えてしまうかも(笑)!? 今回は、そんなナルシスト男性からのLINEを5つ、ご紹介します。

神がかったセリフが癖になる! ナルシスト男性からのLINE5選

1.「お前しか見てなかったぜ」

 こちらの女性は、ナルシストな彼氏とお付き合い中だそうです。ある時、都心のビルの上から夜景を見に行こうと誘われてデートに行ったのだとか。普通に夜景を見て帰ってきたそうなのですが、その後届いたLINEがこちら。

「俺はお前しか見てなかった」「どんな夜景もお前の可愛さにかすんじゃう」というセリフに、思わずゾワっ……。しかも「感動して泣いてる横顔、可愛かったぜ」という言葉には、思わず「私、泣いてない」と本音が漏れてしまったとか(笑)。

2.「俺だけ見ていればいい」

 次は、逆バージョン! こちらの女性は、あるアーティストのファンという共通点から、ナルシストな彼氏と出会って付き合うことに。ある時、2人でそのアーティストのライブに行った後、自分の推しているボーカリストを褒めると「一つだけ言い忘れてた」とLINEが入ってきたそうです。

 それが「お前は俺だけ見てたらいいから。絶対幸せにしてやるから。」と。一見、とてもかっこいいセリフなのですが、彼氏は低身長の少々ぽっちゃりさん。それにも関わらず、「それだけ。俺の言いたいこと」と巧みに倒置法を使いこなすあたり、生粋のナルシストのようです。ここまで突き抜けると、逆にかっこいいと感じてきませんか(笑)?

3.「肩に乗せて歩きたい」

 ちょっと背が低めな、こちらの女性。そんな彼女の彼氏もナルシスト男性だったようで、ある日届いたLINEがこちら。

「まるで妖精さんだよ。ずっと肩に乗せておきたい」という一言に、まずは鳥肌が……。そしてその後、「ドキッとした? そのくらい本気だってことだよ。俺は嘘はつかない男だから」と立て続けにLINEが入ってきました。

 彼女は「ドキっじゃなくてゾワっとしたわ!」と言いたいのを、ぐっと我慢したそうです。

4.「運命のいたずらだな」

 こちらの女性は、付き合って1カ月目の彼氏にLINEを送ったそうです。すると返ってきたのが「あの時俺に声かけてなかったら、ほかの女性と付き合っていたかも」「本当に運命のいたずら」「離れたくても離れられない」と、自分にどっぷり酔いしれた文章が……。

 しかも締めくくりには、「お前、本当(俺と付き合えて)ラッキーだったな!」と一言。実はこの2人、彼氏からのナンパで付き合うことになったのだとか。ナルシストになると、自由自在に過去を美しく書き換えられるようですね。

5.「俺の前では嘘つくな」

 こちらの彼女は、キザでかっこいい世界観にいつでも浸っているけれど、とても優しい彼に惚れたんだそうです。ある日、デートの約束をしていたけれど体調が悪くて、彼氏に心配をかけないように「仕事」と嘘をついていたことがバレてしまったのだとか。

 そこで入ってきたLINEがこちら。「俺の前では嘘つくな。無理してたこと知ってたよ」「ドアに栄養ドリンクかけてあるから飲んで早く寝な」というLINEが! 結構気持ち悪いですが、かなり優しいですよね! 最後の「I LOVE YOU」を入れてしまうセンスさえ我慢できれば、とても素晴らしい彼氏ではないでしょうか(笑)!

ナルシスト男性のLINEは割り切って楽しむべし!

 ナルシストな男性からのLINEを「気持ち悪い」という目で見てしまえば、それまででしょう。でも、よーく読んでみてください。そこには、彼なりの世界観が広がっているのです。いっそのこと割り切って、そんなナルシスト男性からのLINEを物語のように楽しんでみると、意外とハマってしまうかもしれませんよ♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ