強烈すぎる! 肉食系女子から届いたガツガツ強引LINE5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-11-12 06:00
投稿日:2021-11-12 06:00
 女子の中でも「肉食系女子」と呼ばれる人たちは、とにかく恋に対して貪欲で押しが強いですよね。「愛しの彼を手に入れるためなら、どんな手段だって厭わない!」という姿勢は、男性にとっては嬉しくもあり、怖くもあり……。今回は、そんな肉食系女子から届いた強烈すぎるLINEを、5つご紹介します。

強引すぎる…肉食系女子から届いた強烈なLINE5つ

1.「最近買ったんだけど似合うかな」

 こちらの男性は、肉食系女子からずっと猛アプローチを受けているところだそう。ただ、この日のLINEは強烈でした。届いたLINEには、胸元の谷間がドアップになった写真が添付されていて「あなた好みの洋服を買ったつもりだけど、派手かな?」という内容が……。

 男性として本能的にドキッとしてしまったものの、やはり自分の彼女として選ぶなら、軽そうな女性は嫌だなと思ったそうで「自分好みのものを買ったら?」と、冷たくあしらったそうです。しかし、それでもいまだにアプローチは続いているのだとか。恐るべき肉食系女子ですね!

2.「今度旅行に行かない?」

 とにかく押しが強いのが、肉食系女子の一番の特徴。こちらの男性は、最近いい感じの女性からLINEが届きました。一緒にいる時から「アピールがすごいな」と思っていたそうなのですが、まだデートをしたこともないのに、突然お泊まりデートに誘われてしまい……。

 かなり悩んだそうですが、結局、誘惑に負けて2人きりでデートに行くことに。お泊まりの際にも強引だったそうで、そのまま流れで付き合うことになったとか。彼を手に入れるためなら、どんな手段もお構いなしという執念! 肉食系女子、恐るべしです!

3.「何歳までに結婚したいとかある?」

 こちらの男性は、飲み会で出会って意気投合した女性とLINEを交換したそう。次の日、さっそくLINEが届いたのですが、その内容が「いつまでに結婚したい? 子供は何人ほしい? 長男? 兄弟はいる?」というもの……。

 最初は普通に答えていたようなのですが、だんだんと「付き合ってもいないのに、なんでこんなことを聞くんだろう? 誰にでも聞いているのかな?」と思い、幻滅してしまったとか。強引なことがいい結果を招くこともありますが、多くの場合、相手のペースがあるので、肉食系女子のみなさんは気をつけましょうね!

4.「今まで出会った中で一番かっこいい人かも」

 肉食系女子は、とにかく褒めるのも上手。そんなに持ち上げる?というくらい誉め殺して、相手の心を掴みにかかります。こちらの男性も狙われた1人。飲み会で出会った夜に「めちゃくちゃイケメンですね」というLINEが。

 褒められ慣れていない男性は、冗談だろうと思ったようですが「今まで出会った男性の中で一番」と言われて、悪い気はしません。誰にでも言っているのかもしれないという不安を抱きながらも、結局は彼女のペースにのせられ、付き合うことに。振り切った肉食系女子ともなると、褒め方も極端なのですね!

5.「終電がなくなってしまって……」

 こちらの男性は、数日前に友人を介して知り合った女性から突然LINEが届いたのだとか。内容は「駅前で飲んでいたら終電がなくなったので、泊めてほしい」というものでした。

 駅前も閑散とした田舎の駅に住んでいる男性は「どうしてこんな駅で?」と疑問に思ったそうですが、さすがに夜に女性を1人にするわけにもいかず、家に泊めたそうです。その日は何事もなかったとのことですが、強引な肉食系女子の強さを思い知ったようですね。

肉食系女子からのLINEでの誘惑には要注意!

 肉食系女子は、恋にとても積極的です。でも、だからといって必ずしも一途とは限りません。もしも肉食系女子からLINEで誘惑された時には、相手のペースに流されないように自分の意思をしっかり持ちましょう。

 また、肉食系女子のあなた、強引すぎるLINEにご注意を!「肉食系女子」のレッテルを貼られてしまうかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ