強烈すぎる! 肉食系女子から届いたガツガツ強引LINE5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-11-12 06:00
投稿日:2021-11-12 06:00
 女子の中でも「肉食系女子」と呼ばれる人たちは、とにかく恋に対して貪欲で押しが強いですよね。「愛しの彼を手に入れるためなら、どんな手段だって厭わない!」という姿勢は、男性にとっては嬉しくもあり、怖くもあり……。今回は、そんな肉食系女子から届いた強烈すぎるLINEを、5つご紹介します。

強引すぎる…肉食系女子から届いた強烈なLINE5つ

1.「最近買ったんだけど似合うかな」

 こちらの男性は、肉食系女子からずっと猛アプローチを受けているところだそう。ただ、この日のLINEは強烈でした。届いたLINEには、胸元の谷間がドアップになった写真が添付されていて「あなた好みの洋服を買ったつもりだけど、派手かな?」という内容が……。

 男性として本能的にドキッとしてしまったものの、やはり自分の彼女として選ぶなら、軽そうな女性は嫌だなと思ったそうで「自分好みのものを買ったら?」と、冷たくあしらったそうです。しかし、それでもいまだにアプローチは続いているのだとか。恐るべき肉食系女子ですね!

2.「今度旅行に行かない?」

 とにかく押しが強いのが、肉食系女子の一番の特徴。こちらの男性は、最近いい感じの女性からLINEが届きました。一緒にいる時から「アピールがすごいな」と思っていたそうなのですが、まだデートをしたこともないのに、突然お泊まりデートに誘われてしまい……。

 かなり悩んだそうですが、結局、誘惑に負けて2人きりでデートに行くことに。お泊まりの際にも強引だったそうで、そのまま流れで付き合うことになったとか。彼を手に入れるためなら、どんな手段もお構いなしという執念! 肉食系女子、恐るべしです!

3.「何歳までに結婚したいとかある?」

 こちらの男性は、飲み会で出会って意気投合した女性とLINEを交換したそう。次の日、さっそくLINEが届いたのですが、その内容が「いつまでに結婚したい? 子供は何人ほしい? 長男? 兄弟はいる?」というもの……。

 最初は普通に答えていたようなのですが、だんだんと「付き合ってもいないのに、なんでこんなことを聞くんだろう? 誰にでも聞いているのかな?」と思い、幻滅してしまったとか。強引なことがいい結果を招くこともありますが、多くの場合、相手のペースがあるので、肉食系女子のみなさんは気をつけましょうね!

4.「今まで出会った中で一番かっこいい人かも」

 肉食系女子は、とにかく褒めるのも上手。そんなに持ち上げる?というくらい誉め殺して、相手の心を掴みにかかります。こちらの男性も狙われた1人。飲み会で出会った夜に「めちゃくちゃイケメンですね」というLINEが。

 褒められ慣れていない男性は、冗談だろうと思ったようですが「今まで出会った男性の中で一番」と言われて、悪い気はしません。誰にでも言っているのかもしれないという不安を抱きながらも、結局は彼女のペースにのせられ、付き合うことに。振り切った肉食系女子ともなると、褒め方も極端なのですね!

5.「終電がなくなってしまって……」

 こちらの男性は、数日前に友人を介して知り合った女性から突然LINEが届いたのだとか。内容は「駅前で飲んでいたら終電がなくなったので、泊めてほしい」というものでした。

 駅前も閑散とした田舎の駅に住んでいる男性は「どうしてこんな駅で?」と疑問に思ったそうですが、さすがに夜に女性を1人にするわけにもいかず、家に泊めたそうです。その日は何事もなかったとのことですが、強引な肉食系女子の強さを思い知ったようですね。

肉食系女子からのLINEでの誘惑には要注意!

 肉食系女子は、恋にとても積極的です。でも、だからといって必ずしも一途とは限りません。もしも肉食系女子からLINEで誘惑された時には、相手のペースに流されないように自分の意思をしっかり持ちましょう。

 また、肉食系女子のあなた、強引すぎるLINEにご注意を!「肉食系女子」のレッテルを貼られてしまうかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 06:00 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-12-02 13:24 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ