「悪口を言う」女性心理&上手な付き合い方、絶対NGなことも

コクハク編集部
更新日:2022-02-25 06:00
投稿日:2022-02-25 06:00
 学校や職場など、あなたの周りに人の悪口ばかり言う女性はいませんか? もしそんな女性が身近にいたら、できるだけ深く関わらないようにしたいもの。でも、彼女たちはなぜそんなに悪口を言いたがるのでしょうか? そこで今回は、悪口を言う女性の心理&上手な付き合い方をご紹介します。

身近にいたら要注意! 悪口を言う4つの女性心理

すぐに悪口を言う人っているよね(写真:iStock)
すぐに悪口を言う人っているよね (写真:iStock)

 悪口を言う女性はライバル意識が強く負けず嫌いが多いと言われていますが、いったいどんな心理から悪口を言ってしまうのでしょう。まずはじめに、女性心理を見ていきましょう!

1. 実は「仲良くしたい」と思っている

 悪口を言う女性の中には、実は「仲良くしたい」と思っているタイプの女性もいます。ただ、プライドが高く自分の気持ちを正直に伝えることができないため、つい悪口を言って人に近づこうとしてしまうのです。

 女性は男性よりも仲間意識が強いため、共通の人の悪口を言うと意外と簡単に仲良くなれたりするそうです。

2. 悪口を言って「強さ」をアピールしたい

 悪口を言うことで、自分の「強さ」をアピールしたいタイプの女性もいるようです。このようにマウントを取りたがるタイプの女性は、嫉妬心やライバル心が、ついむき出しになってしまいがち。

 自分よりも優れた人の悪口を言ってその人の評価を下げて、自分の評価を上げようと考えてしまうのかもしれません。

3. ストレス発散がしたい

 ただ単にストレス発散がしたいという理由で、悪口を言う女性もいます。特に、自分のストレス発散方法がわからない人は、悪口を言ってストレス発散をしてしまう傾向があるようです。

 このタイプの女性は、自分がイライラするたびに人の悪いところを探す傾向があるため、ターゲットにされないように注意しましょう。

4. 自分を守りたい

 自分を守りたいという自己防衛も、悪口を言ってしまう心理のひとつだと言われています。悪口を言う女性は攻撃的で強い印象を持たれるケースが多いですが、実は精神的に弱く、自分に自信が持てないタイプの女性も多いそう。

 傷つきたくないという気持ちが強くなればなるほど、悪口を言って自分を守ろうとしてしまうのかもしれませんね。

悪口を言う女性と上手に付き合う3つの方法

一緒になって悪口は絶対NG(写真:iStock)
一緒になって悪口は絶対NG (写真:iStock)

 悪口を言う女性と安易に距離を縮めすぎてしまうと、最悪の場合、自分の信頼を失いかねません。続いては、悪口を言う女性と上手に付き合う3つの方法をご紹介します。

1. 仲良くなりすぎない

 悪口を言う女性と仲良くなりすぎてしまうと、あなたも周囲から悪口を言う女性だと思われてしまいます。

 できれば距離を置くのが理想的ですが、仕事上でどうしても付き合わなければいけない場合は、公私混同しないように注意して付き合うようにしましょう。

2. 悪口は適当に聞き流す

 悪口を言われると、「え? 本当?」と、つい耳を傾けてしまいたくなってしまうもの。しかし、何もかも真剣に聞いていると「この人は悪口を聞いてくれる人」だと思われてしまいます。

 悪口を言う女性の中には、真実だけでなく嘘を言ってくるタイプもいるため、悪口は真剣に聞かず、適当に聞き流すようにしましょう。

3. 一緒になって悪口を言わない

 絶対にやってはいけないのが、一緒になって悪口を言うこと。どんな理由があったとしても、一緒に悪口を言ったらあなたも“同罪”です。

 最悪の場合、「◯◯さんが悪口言ってたよ」と噂を流され、あなただけが悪者になってしまう事態も起こりえます。たとえあなたの嫌いな人の悪口だったとしても、絶対に一緒に悪口を言わないようにしましょう。

悪口を言う女性心理 無理に理解する必要はない!

「こういう人なんだ」って割り切ろう(写真:iStock)
「こういう人なんだ」って割り切ろう (写真:iStock)

 自分の身近に悪口を言う女性がいたら、どう付き合っていいのか悩んでしまいますよね。そんな女性心理を理解しようと思っても、きっとわからないことのほうが多いはず。

 そんな場合は、無理に理解しようとせず「この人はこういう人なんだ」と割り切りましょう。ぜひ、上手に人間関係を築いてくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


実はコスパ最強の蘭「レナンセラ」飾るだけでも“女性美”UP!
 もーワタクシ、ワクワクが止まりません!  少しずつ以前の生活を取り戻してきた世の中。ゴールデンウィークも3年ぶり...
平均月給11万円!シンママ保険外交員のリアルを知って欲しい
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「食品のまとめ買い」は節約の味方!正しい保存法をおさらい
 長引くコロナ禍で仕事に支障が出てしまい、節約のために自炊をはじめた人は多いようです。確かに、毎日の食費を少しずつでも浮...
あなたは受け恋?追い恋? 5月23日~5月29日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
腹ペコ“たまたま”大集合!にゃんたまを虜にする手作りごはん
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“悩める母の会”で育児の悩みを共有したら… 2022.5.21(土)
 皆さんは子育ての悩みって誰に相談していますか? 保育園の先生やママ友は周りにいるけれど、よく知っている人には逆に話しに...
「ひとしかえして」よく読むとめちゃ怖い!意味深LINE3選
 何気なく送り合っているLINE。でも、もしかしたらそのLINE、よく読んでみるととても怖い意味が隠されているかもしれま...
不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...