「悪口を言う」女性心理&上手な付き合い方、絶対NGなことも

コクハク編集部
更新日:2022-02-25 06:00
投稿日:2022-02-25 06:00
 学校や職場など、あなたの周りに人の悪口ばかり言う女性はいませんか? もしそんな女性が身近にいたら、できるだけ深く関わらないようにしたいもの。でも、彼女たちはなぜそんなに悪口を言いたがるのでしょうか? そこで今回は、悪口を言う女性の心理&上手な付き合い方をご紹介します。

身近にいたら要注意! 悪口を言う4つの女性心理

すぐに悪口を言う人っているよね(写真:iStock)
すぐに悪口を言う人っているよね (写真:iStock)

 悪口を言う女性はライバル意識が強く負けず嫌いが多いと言われていますが、いったいどんな心理から悪口を言ってしまうのでしょう。まずはじめに、女性心理を見ていきましょう!

1. 実は「仲良くしたい」と思っている

 悪口を言う女性の中には、実は「仲良くしたい」と思っているタイプの女性もいます。ただ、プライドが高く自分の気持ちを正直に伝えることができないため、つい悪口を言って人に近づこうとしてしまうのです。

 女性は男性よりも仲間意識が強いため、共通の人の悪口を言うと意外と簡単に仲良くなれたりするそうです。

2. 悪口を言って「強さ」をアピールしたい

 悪口を言うことで、自分の「強さ」をアピールしたいタイプの女性もいるようです。このようにマウントを取りたがるタイプの女性は、嫉妬心やライバル心が、ついむき出しになってしまいがち。

 自分よりも優れた人の悪口を言ってその人の評価を下げて、自分の評価を上げようと考えてしまうのかもしれません。

3. ストレス発散がしたい

 ただ単にストレス発散がしたいという理由で、悪口を言う女性もいます。特に、自分のストレス発散方法がわからない人は、悪口を言ってストレス発散をしてしまう傾向があるようです。

 このタイプの女性は、自分がイライラするたびに人の悪いところを探す傾向があるため、ターゲットにされないように注意しましょう。

4. 自分を守りたい

 自分を守りたいという自己防衛も、悪口を言ってしまう心理のひとつだと言われています。悪口を言う女性は攻撃的で強い印象を持たれるケースが多いですが、実は精神的に弱く、自分に自信が持てないタイプの女性も多いそう。

 傷つきたくないという気持ちが強くなればなるほど、悪口を言って自分を守ろうとしてしまうのかもしれませんね。

悪口を言う女性と上手に付き合う3つの方法

一緒になって悪口は絶対NG(写真:iStock)
一緒になって悪口は絶対NG (写真:iStock)

 悪口を言う女性と安易に距離を縮めすぎてしまうと、最悪の場合、自分の信頼を失いかねません。続いては、悪口を言う女性と上手に付き合う3つの方法をご紹介します。

1. 仲良くなりすぎない

 悪口を言う女性と仲良くなりすぎてしまうと、あなたも周囲から悪口を言う女性だと思われてしまいます。

 できれば距離を置くのが理想的ですが、仕事上でどうしても付き合わなければいけない場合は、公私混同しないように注意して付き合うようにしましょう。

2. 悪口は適当に聞き流す

 悪口を言われると、「え? 本当?」と、つい耳を傾けてしまいたくなってしまうもの。しかし、何もかも真剣に聞いていると「この人は悪口を聞いてくれる人」だと思われてしまいます。

 悪口を言う女性の中には、真実だけでなく嘘を言ってくるタイプもいるため、悪口は真剣に聞かず、適当に聞き流すようにしましょう。

3. 一緒になって悪口を言わない

 絶対にやってはいけないのが、一緒になって悪口を言うこと。どんな理由があったとしても、一緒に悪口を言ったらあなたも“同罪”です。

 最悪の場合、「◯◯さんが悪口言ってたよ」と噂を流され、あなただけが悪者になってしまう事態も起こりえます。たとえあなたの嫌いな人の悪口だったとしても、絶対に一緒に悪口を言わないようにしましょう。

悪口を言う女性心理 無理に理解する必要はない!

「こういう人なんだ」って割り切ろう(写真:iStock)
「こういう人なんだ」って割り切ろう (写真:iStock)

 自分の身近に悪口を言う女性がいたら、どう付き合っていいのか悩んでしまいますよね。そんな女性心理を理解しようと思っても、きっとわからないことのほうが多いはず。

 そんな場合は、無理に理解しようとせず「この人はこういう人なんだ」と割り切りましょう。ぜひ、上手に人間関係を築いてくださいね。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
最新「グダグダなLINEやり取りの終わらせ方」知らないのは無防備すぎる
 仕事からプライベートまで、コミュニケーションツールとして使えるLINE。便利かつ気軽ではありますが、それゆえにダラダラ...
スマホを持たないサブカル老人の願い「本屋に行く楽しみを奪わないで~」
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
クレクレママの実態 買い換えるなら「車くれない?」っておねだりする!?
 人のものをすぐに欲しがるクレクレママ、あなたの周りにはいませんか? おさがりなどをもらってくれて助かることもあるけれど...