フラワーバレンタイン浸透中!花束で愛と感謝を伝え合う♡

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-02-02 06:00
投稿日:2022-02-02 06:00

世界で一番花が溢れる日

世界中が愛と花で溢れる日!
世界中が愛と花で溢れる日!

 世界中で年間通して一番お花が贈られる日、アナタはご存知ですか? それは意外にも、まもなくやってくる2月14日の“バレンタインデー”なのでございます。

 バレンタインといえば日本では「チョコレート」を女性から男性へ贈って愛を伝える、というのが一般的な習慣ではございますが、もともとは男女が愛や感謝の気持ちをお互いに伝え合う日とされており、海外のプレゼントの主流は、実は、お花。

 大好きな彼女に、大好きな男性に、そして大切な家族に……。2月14日のバレンタインデーとは、世界中の人たちが自分の気持ちを花にのせて互いにお花を贈り合う、素敵な「愛の日」なのでございます。

 ということで、今回は「世界中が愛を伝え合う日に花束を フラワーバレンタイン」の解説でございます。

フラワーバレンタインって何ですか?

男性から愛のコクハクには花束がよく似合う(写真:浅野光寿)
男性から愛のコクハクには花束がよく似合う (写真:浅野光寿)

 海外の男性は何もイベントが無くても、普段からさりげなくお花を女性に贈る“おしゃれ上級者“といったイメージが強いですが、バレンタインデーはまた格別! 欧米では、男性から女性に赤いバラを贈るのが最もポピュラーとされております。

 近年のアジア諸国でも、バレンタインは男性から女性に花を贈る日として定着しており、中国では花束は大きければ大きいほど、愛情に比例するといわれているようでございますのよ。

 ところが、以前の日本男児ときたら……照れくさい、恥ずかしいなどと、なかなかお花屋さんに足を運んではくださいませんでした。ですが(!)、2011年から始まった「フラワーバレンタイン」という日本国内の取り組みが、10年経った今、ジワジワと大切なイベントへと昇華してまいりました。

 それだけではございません!

 女性も“フラワーバレンタイン”を楽しむ方が、だんだんと増えてまいりました。例えば彼氏に、友人に、大切なご家族にと、チョコレートや雑貨などのプレゼントにお花を添える、流行に敏感で素敵な演出をなさる女子が増えてきたんですよ。ゆえにお花屋さんにとって近年のバレンタインデーは、大忙しでございます。

 猫店長「さぶ」率いる我が花屋にも、2月14日は朝から小さなミニブーケを求めて、たくさんの方がやってまいります。

 海外のバレンタイン文化なんてものを知らなかったいつぞやのワタクシ。なぜ、2月14日にやたらと外国の男性がフラワーブーケを買いに来るのかと不思議に思っておりました。近年では日本人でもカワイイものに敏感な若い方を中心に、まだまだ少数ではありますが、中高年も含め、バレンタインに足を運んでくださる方が増えてまいりました。

 そして男性だけではなく、義理チョコならぬ義理フラワーブーケを求めにくる女性もいたり。ですので、バレンタインデーのお花屋さんは、一味違った上品でセンスの良いものが何なのかを気づいた方々で、賑わっておりますのよ。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...