ハート型で可愛い…アンスリウムは恋愛を具現化したような花

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-06-22 07:59
投稿日:2019-06-22 06:00

「egg」好きのブッ飛びギャルも一目惚れ

独特な形のアンスリウム(写真:aribaba)
独特な形のアンスリウム (写真:aribaba)

 だいぶ以前になりますが……ウチのお花屋さんに居た若い女性スタッフM子のお話でございます。

 これがまた大変にブッ飛んだ子で、冬でも夏でもアロハシャツにシャカパン、愛読書は懐かしの「egg」。金髪アフロで花屋さんのくせに花粉症で万年鼻炎。

 鼻水が止まらずティッシュを鼻に突っ込んだことを忘れ、風にヒラヒラとなびかせながら接客をするという、なかなかキレまくったM子のことをワタクシは「教授」と呼び、M子はワタクシの事を「上司~」と呼んでおりました。

 お花屋さんで働くくらいですからお花が大好き。美しいお花が入荷するたびに見とれて、水あげの手がたびたび止まる……という、なかなかのロマンチックな心の持ち主のM子が、ある日入荷した鉢花を見た時の会話を、今も鮮やかにほほ笑ましく思い出すのでございます。

M子   「上司~、あたしこの花、スゲ~好きです。メッチャ可愛い!」

ワタクシ 「アンスリウムのこと?」

M子   「そうです~。なんでこんなハートの形してるんっスかね~。色もメッチャ可愛くて気分がアゲアゲになります!」

ワタクシ 「そんなに好きなら教授のアロハの柄もいっそアンス柄にしちゃえばいいのに」

M子   「好き過ぎてアロハじゃ足りね~」

ワタクシ 「じゃあどうしたいのよ?」

M子   「いっそ花に紐を通してビキニにしたい。いっそ生アンスビキニ着て湘南海岸に行きたいっス!」

 往年の武田久美子の「ホタテ水着」に対抗してるのか? と聞いたところで、若いM子が知るよしもなく、切り花のアンスリウムを胸にあてながらキャッキャと無邪気にはしゃいでおります。

 ともかく、このブッ飛びM子をも悶えさせるアンスリウムは、実は大変に恋と心の健康に効くお花でございました。

 ということで、だいぶ脱線しましたが、今回は情熱アンスリウムの活用方法の解説でございます。

彼に届け!ハート型に秘めた思い

花言葉は「情熱」(写真:斑目茂美)
花言葉は「情熱」 (写真:斑目茂美)

 一口にアンスリウムと言っても種類は豊富。花屋のワタクシでも覚えきれません。ゆえに、お色によって花言葉もさまざま、効用も多様なのでございます。

 アンスリウムはハート型の可愛らしいフォルムから、ハワイでは「Heart of Hawaii」と呼ばれ古くから親しまれているようでございます。バレンタインではこのアンスリウムをプレゼントするそうで、風水的にもこのハートという形とピンクや赤というお色から「恋愛の花」とされているようでござんす。

 花びら? と思われているハート型の部分は実は仏炎包(ぶつえんほう)という葉の部分で、本当の花はハートの真ん中に尖って出ている突起物、これを肉穂花序(にくすいかじょ)と呼びます。

 アンスリウムはハート型の美しい仏炎包のタイプと葉が美しい美葉種の2タイプございます。変わった観葉植物だな~なんて思っていたら実はアンスリウムの美葉種でした…なんてこともございますのよ。

花言葉は「情熱」「恋に悶える」「煩悩」

 アンスリウムの花言葉は「情熱」。とくに、赤いアンスリウムは「恋に悶える」「煩悩」だなんて、もう恋愛そのもののようなお花でござんすな。

 お色によりその効能も置き場所も変わってきますが、恋愛に効いてほしければ、このハートタイプは「西」に飾ると良いようでござんす。

 しかもそのお色は「赤」や「ピンク」。「赤ピンク」の複色もございますので、選択肢はたくさんございます。

 恋愛から結婚へと進展させたくば「東南」の方角へ置かれると良いようですが、じつはアンスリウムは暑い国のお花のくせに、お外や日当たりの良すぎる場所におかれますと「葉焼け」という現象を起こしてしまいます。

 鉢物を置かれる場合、窓辺でもレースのカーテン越しに置かれることがオススメございます。

 また、このアンスリウムというお花、恋愛だけではなく、ネガティブな気分になりがちな澱んだ空気のお部屋に飾ると、どうやら気の流れを正常に戻し、心を和ませ気分もアゲアゲにしてくれるお花なのでございます。

 確かに、仕入れで市場に行くと大量のアンスリウムの鉢を見ますが、どうしてこの鉢を見ると笑いたくなるのか……ブッ飛びM子を思い出すだけでなく、やはりなんだか楽しい気分になるのも、このお花の持つエネルギーを大量に浴びるせいでございましたのね、と思うところでござんす。

 実は恋愛以外にも置き場所で物理的にも最適だわと思う場所がございます。それはおトイレでございます。

 アンスリウムは空気の浄化作用にも優れ、アンモニアの除去率が高いという研究報告もされておるのでございます。

開運花師のご提案するアレンジがこちら

(写真:斑目茂美)
(写真:斑目茂美)

 アンスリウムというのは鉢だけではございません。切り花もお花屋さんにはございます。ワタクシのお店でも欠かすことのない商材でござんすの。

 回転良くいろいろなアンスリウムを鉢ではなく切り花で楽しみたいというあなた。

 開運花師&フラワーアーティスト斑目のご提案するアレンジがこちら(写真)です。

 アンスリウムを「西」に飾る、たっぷりなお水をつかうアレンジでございます。

 また、アンスリウムというのは、なんといってもこのかわいらしいハートのフォルムを前面にアピールするのがオススメなので、シンプルがよろしいかと。

 今回は入才というグリーンを器に合わせてジャバラに折り、器の底に沈めてアンスリウムの茎を挟んでバッチリ固定でございますが、今回はお水の中にアンスリウムの葉も入才に挟んで沈めてみました。これからの季節、涼しげでよござんすよ。

 アンスリウム大好きM子はブッ飛んでいたけれども、アンスリウムの見えないエネルギーを素直に感じられる純粋な心と恋愛体質の可愛らしい女の子であったなぁ……と今では思うところでございます。

 あなたが恋の花アンスリウムで素敵な恋愛が成就できますように。遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~。

ライフスタイル 新着一覧


40代、人生変えたい!10年後が想像できた気になってませんか
 若い頃は、何をするにも希望や夢を抱いていたものです。が、年齢を重ねるごとに現実を知り 、人生に諦めを感じはじめていつの...
渦中のロイホ「パンケーキ」を“公式推奨”で食べてきた結果は
 ファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」のパンケーキがにわかに注目を集めています。きっかけは人気バラエティー「ジ...
鼻チューまで! 甘えん坊“たまたま”のストレートな愛情表現
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...