彼女と喧嘩して悩む男性に…復縁と恋の花「ガーベラ」の理由

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-08-24 08:41
投稿日:2019-08-24 06:00
 あるまったりとした昼下がり。いつもの慌ただしい店内とは打って変わって、ワタクシが猫店長「さぶ」のお腹に顔を埋めて癒されておりましたところ……一人のお若い男性客が切羽詰まったご様子で飛び込んでいらっしゃいました。

彼女と仲直りするため花屋に来た男子

(写真:斑目茂美)
(写真:斑目茂美)

お客様 「助けてください」

ワタクシ「はっ!なんでござんすか!?」

お客様 「彼女と喧嘩しました」

ワタクシ「そりゃ大変だ」

お客様 「謝っても謝っても許してくれません。困ってます。どうしよう」(そもそもこのお兄様、ワタクシ初対面)   

ワタクシ「ワタクシ思うにお兄さんの謝罪の気持ちが足らんのではあるまいか?」

お客様 「めっちゃ謝りました。これ以上、謝りようがないのです。花でなんとかできませんかね。僕の気持ちを代弁するような花で……助けてください!」

ワタクシ「ん~~」

お客様 「しかも僕……今月ピンチなんで……予算があまり……」

 彼女と仲直りする方法を相談するため、お花屋さんに飛び込むなんて、なかなかのロマンチストなお客様でござんす。しかも、お金までない(笑)。まさに二重苦だわ。

 そんなときはやっぱり……「お花さ~ん! 出番ですよ~」ということで、今回は復縁と恋の花「ガーベラ」の解説でございます。

「陽」の花ガーベラで人間関係を改善!

(写真:ADORE FLOWCA)
(写真:ADORE FLOWCA)

 ガーベラは伸びやかな花弁が良縁を運び、人と人との絆をつなぐとされています。つまりは、この花もやはり恋愛運、結婚運に効きMAX!ということでござんす。

 ガーベラは若い女性には根強い人気で、従来のような傘を広げたような咲き方のものばかりではなく、柔らかい花弁が幾重にもかさなり、最後は丸く開花するポンポン咲きのガーベラや、咲く過程を楽しむツボミガーベラなるものも出現しているのでございます。

 さまざまに形が変わっていくガーベラの出現に、ワタクシたち花屋もワクワク。

 お色によってもさまざまですが、一般的な花言葉は「希望」や「神秘」とされております。美をとことん追求し、恋に生きた「クレオパトラ」の名がガーベラの別名だということはあまり知られていないのかもしれませんな。

 また、ガーベラは丸いフォルムがポイント。風水的に言えば福は丸いものに宿るとされているようでござんすが、そういった意味でいえば丸い形プラス「陽」の気を多く帯びるガーベラは復縁にも効く花。

 この花を飾るだけで、あなたの「縁」を再び結んでくれるはずなのでござんす。

 今回の“二重苦お兄様”の当初のリクエスト「お願い! 許して花束」に対して、ワタクシは、強烈リセットと希望の「白」のガーベラ、恋愛の決定打「ピンク」のガーベラ、そしてこっそり新しいご縁の「オレンジ」の花をお入れしました。

 復縁とは何も「よりを戻す」だけではないのでござんす。

 新しい良縁が再びこのお兄様にやってくることもこれまた「復縁」なのでございます。

お客様 「ありがとうございます。なんとかこれでなりますかね……」

ワタクシ「それはわからんでござんすが、どちらにしてもお兄様の気持ちが前向きにアクションを起こせるような花束になっているはずですよ。頑張って! お兄様!」

 意味を知ってか知らずか……ヨリを戻す気マンマンで意気揚々と出て行ったお兄様。

 彼女に何をしたのかはわかりませんが、最上級の謝罪でもなお許してくれないのであれば、もはやそこに望みなし! お互いのため、いっそ諦めて新しいご縁を求めても良いではあるまいか?

 結果的にお兄様が幸せになればいいのでござんす。との願いをワタクシこっそり花束に込めたことを、お兄様は知る由もないのでございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


ひとりぼっちで孤独な"にゃんたま”に一目で恋に落ちました
 きょうは、一目見て恋に落ちました。  逢った瞬間、口元の「ふぐふぐ」がにゃんたまに見えちゃうくらい、ビビっと電気...
晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。
ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月22日~28日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
自分の魅力を熟知! クールな視線がかっこいい“にゃんたま”
 カッコいいにゃんたまωポーズ、クールな視線、キマッてるね!  にゃんたま君は自分の魅力を知っていて、写真の撮られ...