離婚後に正体を現したモラハラ夫…志穂さんのケース#5

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:02
投稿日:2019-08-23 06:00
 こうして志穂さんは引っ越し、就職活動を始め、小さな広告代理店にコピーライターの職を得ました。何が何だかわからないままに終わってしまった不思議な結婚生活を忘れかけたある日、志穂さん宛てにメール便や宅配物が届いている、と元の夫・勇太さんから連絡がありました。

突然の来訪、別れた夫は笑顔を浮かべていた!!

突然の元・夫の来訪は…(写真:iStock)
突然の元・夫の来訪は… (写真:iStock)

 郵便局宛てに転居届を出していても、それ以外の宅配会社経由のものが旧住所に届いてしまう、ということがあります。全部まとめて着払いで転送してほしいと頼み、勇太さんからは快く了解の返事がありました。しかしある日突然、勇太さんはそれらの荷物を持って志穂さんの新居にやって来たのです。気まずい思いで受け取った志穂さんに、勇太さんは笑顔で言いました。

「このへんにファミレスある?朝食べないで電車に乗ったから、お腹空いちゃって」

 そう言われると、わざわざ遠いところまで来てくれたんだっけ、という気持ちになり、財布を持って一緒に外に出てしまいました。志穂さんが頼んで来てもらったわけではないのに、とっさに「断ったら申しわけないな」という気持ちを植え付けられていました。実は、無意識に負い目を感じさせるのは、モラハラ男が相手をコントロールする常套手段の一つなのです。この瞬間から、勇太さんはモラハラ夫の本性をあらわにしていきました。

モラハラ夫が笑顔で解き明かした自分たちの結婚生活の意味

全ては元・夫の自作自演だった(写真:iStock)
全ては元・夫の自作自演だった (写真:iStock)

一度も不倫していないと言い放った元夫

 志穂さんは別れた夫と二人でファミレスにいることが気になってきました。夫には不倫の相手がいたはず、思わず「LINEの彼女はどうしているの?」と聞きました。すると勇太さんは、楽しい秘密を打ち明けるような笑顔を浮かべて、信じられないことを言いはじめたのです。

「LINEの人なんて居ないよ!俺は一度も不倫なんてしてないんだから」

「えっ?……どういうこと!?じゃあ、LINE通知は?無言電話は?」

「全部、俺が仕込んだの。だからほら、俺が家に居る時には電話なかったでしょ?」

「そんな……!なんで?なんで私をだましたの?」

「だましたわけじゃないよ、リセットするにはこの方法が早いと思ったからさ」

「リセットって……結婚をリセットってこと!?」

「そう。うちのお袋、異常だと思わない?結婚急かして、近くに住まわせて、俺よりも志穂ちゃんと一緒にいる時間が多いなんてさ、あの人嫁コンだよ」

「でも……お義母さんは私を大事にしてくれたよ……?」

「それはどうかな?志穂ちゃんのこと、孫を産んでくれるAIみたいに思ってるよ、あの人は」

モラハラ夫が画策した結婚から破綻まで

 単身赴任のお義父さんとの夫婦仲は冷えていて、淋しいお義母さんは勇太さんに早く結婚しろ、とせっついていたというのです。40歳までは結婚せずに遊ぶ気でいた勇太さんは、「彼女いないの?応援するから早く結婚して!」とうるさいお姑さんを黙らせるために、お姑さんが気に入りそうな志穂さんと結婚して、不倫を偽装して離婚したというのです。志穂さんが傷ついていることに気づかず、あり得ないことを世間話のように話す勇太さんの異常さに志穂さんはゾッとしました。

「違うよ……異常なのは勇太さんの方だよ!私のこと、人間だと思ってないじゃない!!」

 志穂さんは席を立ち、逃げるようにマンションへ帰り、ヘッドホンで音楽をかけてベッドの中に入りました。いつまでも震えが止まりませんでした。自分が結婚した男は、お姑さんからの干渉の防波堤として自分を利用したモラハラ男だったのだ、と志穂さんは初めて気がついたのです。

神田つばき
記事一覧
作家・コラムニスト
離婚と子宮ガンをきっかけに“目がさめて”、女性に生まれたことの愉しみを探そうと緊縛写真のモデルとライターに。私小説「ゲスママ」、女性の悩みや疑問を解き明かすコラム「性に纏わるあれこれ」
イベント「東京女子エロ画祭」「親であること、毒になること」などの企画も。X

関連キーワード

ラブ 新着一覧


そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ
セルフプレジャーは私を解放してくれた。性欲は恥ずかしいものではない
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-06-03 06:00 ラブ
お金に寛容な年上彼女、急募! 遊びの延長の同棲を後悔するバツ1男
「冷酷と激情のあいだvol.197〜女性編〜」では、同棲を始めた途端にセコい金銭感覚をあらわにした8歳年下の恋人・ユウタ...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
私のアカウントで買い物し、支払いはスルー。セコさ増す彼に悩む49歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
「年収500万の星野源似=普通の男」問題も再燃…でも最近は「普通の男=吉沢亮」の深層
 歌手の星野源(43)に対する“臆測”投稿が世間の注目を集めた件。インフルエンサーに拡散されたアナウンサーとの不倫疑惑は...
思い込み? 年下独身男性が既婚女性を「好き避け」するサインが知りたい
「職場の年下の独身男性が、なんだか素っ気ない…」と悩んでいる女性、必見! それはもしかして好き避けかもしれません。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ