離婚後に正体を現したモラハラ夫…志穂さんのケース#5

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:02
投稿日:2019-08-23 06:00
 こうして志穂さんは引っ越し、就職活動を始め、小さな広告代理店にコピーライターの職を得ました。何が何だかわからないままに終わってしまった不思議な結婚生活を忘れかけたある日、志穂さん宛てにメール便や宅配物が届いている、と元の夫・勇太さんから連絡がありました。

突然の来訪、別れた夫は笑顔を浮かべていた!!

突然の元・夫の来訪は…(写真:iStock)
突然の元・夫の来訪は… (写真:iStock)

 郵便局宛てに転居届を出していても、それ以外の宅配会社経由のものが旧住所に届いてしまう、ということがあります。全部まとめて着払いで転送してほしいと頼み、勇太さんからは快く了解の返事がありました。しかしある日突然、勇太さんはそれらの荷物を持って志穂さんの新居にやって来たのです。気まずい思いで受け取った志穂さんに、勇太さんは笑顔で言いました。

「このへんにファミレスある?朝食べないで電車に乗ったから、お腹空いちゃって」

 そう言われると、わざわざ遠いところまで来てくれたんだっけ、という気持ちになり、財布を持って一緒に外に出てしまいました。志穂さんが頼んで来てもらったわけではないのに、とっさに「断ったら申しわけないな」という気持ちを植え付けられていました。実は、無意識に負い目を感じさせるのは、モラハラ男が相手をコントロールする常套手段の一つなのです。この瞬間から、勇太さんはモラハラ夫の本性をあらわにしていきました。

モラハラ夫が笑顔で解き明かした自分たちの結婚生活の意味

全ては元・夫の自作自演だった(写真:iStock)
全ては元・夫の自作自演だった (写真:iStock)

一度も不倫していないと言い放った元夫

 志穂さんは別れた夫と二人でファミレスにいることが気になってきました。夫には不倫の相手がいたはず、思わず「LINEの彼女はどうしているの?」と聞きました。すると勇太さんは、楽しい秘密を打ち明けるような笑顔を浮かべて、信じられないことを言いはじめたのです。

「LINEの人なんて居ないよ!俺は一度も不倫なんてしてないんだから」

「えっ?……どういうこと!?じゃあ、LINE通知は?無言電話は?」

「全部、俺が仕込んだの。だからほら、俺が家に居る時には電話なかったでしょ?」

「そんな……!なんで?なんで私をだましたの?」

「だましたわけじゃないよ、リセットするにはこの方法が早いと思ったからさ」

「リセットって……結婚をリセットってこと!?」

「そう。うちのお袋、異常だと思わない?結婚急かして、近くに住まわせて、俺よりも志穂ちゃんと一緒にいる時間が多いなんてさ、あの人嫁コンだよ」

「でも……お義母さんは私を大事にしてくれたよ……?」

「それはどうかな?志穂ちゃんのこと、孫を産んでくれるAIみたいに思ってるよ、あの人は」

モラハラ夫が画策した結婚から破綻まで

 単身赴任のお義父さんとの夫婦仲は冷えていて、淋しいお義母さんは勇太さんに早く結婚しろ、とせっついていたというのです。40歳までは結婚せずに遊ぶ気でいた勇太さんは、「彼女いないの?応援するから早く結婚して!」とうるさいお姑さんを黙らせるために、お姑さんが気に入りそうな志穂さんと結婚して、不倫を偽装して離婚したというのです。志穂さんが傷ついていることに気づかず、あり得ないことを世間話のように話す勇太さんの異常さに志穂さんはゾッとしました。

「違うよ……異常なのは勇太さんの方だよ!私のこと、人間だと思ってないじゃない!!」

 志穂さんは席を立ち、逃げるようにマンションへ帰り、ヘッドホンで音楽をかけてベッドの中に入りました。いつまでも震えが止まりませんでした。自分が結婚した男は、お姑さんからの干渉の防波堤として自分を利用したモラハラ男だったのだ、と志穂さんは初めて気がついたのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ
タイプ別! 彼氏が落ち込んでいる時の正しいなぐさめ方♡
 彼氏が落ち込んでいる時、あなたはどのように励ましていますか?「私ならこうして欲しい」と思う励まし方をする人や、「男性な...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
返信率が上がる♡ 彼が思わず返信したくなるLINEの内容5選!
 大好きな彼とLINEを交換したのに、結局盛り上がらずにフェードアウトしてしまった……という人は意外と多いようです。それ...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
外見を磨く以上に愛される!今すぐできる“モテる行動”って?
 年齢を重ねても、ますます魅力的になりたいと願う今日このごろ。皆さんも、いつまでもモテていたいですよね。正直、10〜20...
若林杏樹 2021-11-24 06:00 ラブ
幸せな結婚ができるかも♡ 相性抜群な男性の見つけ方5選
 恋愛において「相性」ってとても大切ですよね。でも、恋に落ちてしまったばかりの頃は、相手の良い面ばかりが見えてしまうため...
恋バナ調査隊 2021-11-24 06:24 ラブ
この人と結婚する気がする! 男性が直感で運命を感じる瞬間
「女の勘」という言葉があります。その言葉の通り、「なぜか、この人と結婚する気がした」と、答える女性って意外と多いんですよ...
恋バナ調査隊 2021-11-23 06:00 ラブ
別れの前兆…? 遠距離恋愛で彼が冷めた時のサイン&対処法
 会えない時間が多い「遠距離恋愛」では、相手の気持ちが心配になることもあるでしょう。そんなカップルの中には、「最近彼が冷...
恋バナ調査隊 2021-11-23 06:00 ラブ
重い女性が好きな男性の特徴&モテるための3つのポイント♡
「重い女性」と聞くと彼氏への束縛や依存など、マイナスのイメージを持っている人も多いはず。しかし、男性の中には重い女性に魅...
恋バナ調査隊 2021-11-22 06:00 ラブ
浮気しても罪悪感がない!? 女性を不幸にする男性の特徴4つ
 恋愛をしていれば、時には彼氏に浮気されることがあるかもしれません。もちろん、ちゃんと反省してくれる場合も多いですが、男...
恋バナ調査隊 2021-11-21 06:00 ラブ