離婚後に正体を現したモラハラ夫…志穂さんのケース#5

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-08-24 07:48
投稿日:2019-08-23 06:00
 こうして志穂さんは引っ越し、就職活動を始め、小さな広告代理店にコピーライターの職を得ました。何が何だかわからないままに終わってしまった不思議な結婚生活を忘れかけたある日、志穂さん宛てにメール便や宅配物が届いている、と元の夫・勇太さんから連絡がありました。

突然の来訪、別れた夫は笑顔を浮かべていた!!

突然の元・夫の来訪は…(写真:iStock)
突然の元・夫の来訪は… (写真:iStock)

 郵便局宛てに転居届を出していても、それ以外の宅配会社経由のものが旧住所に届いてしまう、ということがあります。全部まとめて着払いで転送してほしいと頼み、勇太さんからは快く了解の返事がありました。しかしある日突然、勇太さんはそれらの荷物を持って志穂さんの新居にやって来たのです。気まずい思いで受け取った志穂さんに、勇太さんは笑顔で言いました。

「このへんにファミレスある?朝食べないで電車に乗ったから、お腹空いちゃって」

 そう言われると、わざわざ遠いところまで来てくれたんだっけ、という気持ちになり、財布を持って一緒に外に出てしまいました。志穂さんが頼んで来てもらったわけではないのに、とっさに「断ったら申しわけないな」という気持ちを植え付けられていました。実は、無意識に負い目を感じさせるのは、モラハラ男が相手をコントロールする常套手段の一つなのです。この瞬間から、勇太さんはモラハラ夫の本性をあらわにしていきました。

モラハラ夫が笑顔で解き明かした自分たちの結婚生活の意味

全ては元・夫の自作自演だった(写真:iStock)
全ては元・夫の自作自演だった (写真:iStock)

一度も不倫していないと言い放った元夫

 志穂さんは別れた夫と二人でファミレスにいることが気になってきました。夫には不倫の相手がいたはず、思わず「LINEの彼女はどうしているの?」と聞きました。すると勇太さんは、楽しい秘密を打ち明けるような笑顔を浮かべて、信じられないことを言いはじめたのです。

「LINEの人なんて居ないよ!俺は一度も不倫なんてしてないんだから」

「えっ?……どういうこと!?じゃあ、LINE通知は?無言電話は?」

「全部、俺が仕込んだの。だからほら、俺が家に居る時には電話なかったでしょ?」

「そんな……!なんで?なんで私をだましたの?」

「だましたわけじゃないよ、リセットするにはこの方法が早いと思ったからさ」

「リセットって……結婚をリセットってこと!?」

「そう。うちのお袋、異常だと思わない?結婚急かして、近くに住まわせて、俺よりも志穂ちゃんと一緒にいる時間が多いなんてさ、あの人嫁コンだよ」

「でも……お義母さんは私を大事にしてくれたよ……?」

「それはどうかな?志穂ちゃんのこと、孫を産んでくれるAIみたいに思ってるよ、あの人は」

モラハラ夫が画策した結婚から破綻まで

 単身赴任のお義父さんとの夫婦仲は冷えていて、淋しいお義母さんは勇太さんに早く結婚しろ、とせっついていたというのです。40歳までは結婚せずに遊ぶ気でいた勇太さんは、「彼女いないの?応援するから早く結婚して!」とうるさいお姑さんを黙らせるために、お姑さんが気に入りそうな志穂さんと結婚して、不倫を偽装して離婚したというのです。志穂さんが傷ついていることに気づかず、あり得ないことを世間話のように話す勇太さんの異常さに志穂さんはゾッとしました。

「違うよ……異常なのは勇太さんの方だよ!私のこと、人間だと思ってないじゃない!!」

 志穂さんは席を立ち、逃げるようにマンションへ帰り、ヘッドホンで音楽をかけてベッドの中に入りました。いつまでも震えが止まりませんでした。自分が結婚した男は、お姑さんからの干渉の防波堤として自分を利用したモラハラ男だったのだ、と志穂さんは初めて気がついたのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM