結婚詐欺男に騙されないために…彼のSNSアカウント特定方法

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-05-30 06:00
投稿日:2019-05-30 06:00
 マッチングアプリなど、ネット経由で「知らない人」と出会うことが、ここ数年カジュアルになりました。しかし、そうした出会いで「妊娠したら逃げられた」「結婚詐欺まがいのことをされた」というような被害女性の声もSNS等でよく聞かれます。
 やはり、自分の身は自分で守るしかない――。マッチングアプリ猛者の私が、自分を守るために実践している、ちょっと驚きの「ネトスト(ネットストーキング)」術をお教えします。

結婚歴や年齢詐称も…ネット出会いにネトストは必須

騙されないためにも自分でリサーチ(写真:iStock)
騙されないためにも自分でリサーチ (写真:iStock)

 マッチングアプリの一番の落し穴は、知らない相手との出会いであることから、何かあった時にすぐ雲隠れされたり、嘘をつかれても気づく術がないことです。実は既婚者や彼女持ちだった、年齢を詐称されていた……といったトラブルもあり得ない話ではありません。

 個人間での問題にサービス側は支援をしてくれませんし、個人情報も開示してもらえない可能性が高いのが現状です。いざ付き合った相手が実は既婚者だった、なんて泣き寝入りをしないためにも、知り合う男性に対しては“ネトスト”という名のリサーチをするべきなのです。

1. 漢字フルネームの本名でFacebook検索

まずはFacebook(写真:iStock)
まずはFacebook (写真:iStock)

 リサーチに最低限必要なのは、漢字フルネームの本名です。これさえ分かれば、少なくともFacebookは特定できる可能性が高いからです。あとは相手の出身地や出身大学などが分かっていると、より特定がラクになります。漢字でヒットしない場合はローマ字表記なども試してみます。

 Facebookは「リア友」とつながるSNSでなので、確かな情報が載っている可能性が高いです。その人が何かしらの嘘をついていても、フォロワーたちのページをたどっていけば出身高校や大学、所属サークルが特定できます。

2. 出身大学名やサークル名でTwitter検索

次はTwitterやInstagramを(写真:iStock)
次はTwitterやInstagramを (写真:iStock)

 出身大学やサークル名が特定できたら、次はTwitterやInstagramを検索します。こちらの方がタイムリーに活用している可能性が高いからです。

 そして、大学やサークルの公式アカウントを検索します。そこをフォローしている人の中から、リサーチしたい相手と年齢の近そうなフォロワーを探していきます。公式アカウントはフォロワーが多い場合もありますが、ここを根気よくなめるように見ていくのがミソです。

 そうして、「彼と同じ学部の同期」「サークルが一緒の人」などを探していきましょう。この辺りはFacebookのフォロワーと照らし合わせながら確認すれば、意外とすぐに彼の周辺人物が浮かび上がってきます。だいたい何人かは、あだ名や本名に近いIDを使っている人がいますから。

 そういう「近い人物」が特定できたら、そのアカウントのフォロワーに彼がいる可能性は高いと言えるので、もう一度なめるように確認していくことで、TwitterやInstagramのアカウントも特定できます。

3. 彼のID名でエゴサーチ、または匿名垢でフォロー

アカウント名でさらに検索すれば…(写真:iStock)
アカウント名でさらに検索すれば… (写真:iStock)

 そうして彼のSNSアカウントを確定しても、アカウントに鍵がかかっているかもしれません。でも大丈夫!

 彼のアカウント名でさらにネット検索をかけましょう。そうすると、彼にリプライを送ったアカウントの会話を見ることができます。その日時が直近なら、彼のアカウントが生きていることも確認できますし、恋人や結婚相手の有無も、会話の内容から察することができることがあります。

 さらに、どうしても彼の投稿内容が知りたい時は、こちらも匿名(風)のアカウントを使ってフォロー申請すると通る時もあります。なんとなく彼の環境に合わせて「あれ?こんな後輩いたかな?」と思うようなプロフィールを作ると突破率が高いです(笑)。

まとめ

 このようにしてSNSを特定すると、名前や学歴に詐称がないか、伴侶や恋人の有無もしっかり確認できます。シロであれば、自分の精神衛生のためにも、彼のアカウントを覗き続けるのはやめていいかもしれません。

 ここまで読んで、「そこまでする?」と驚く人もいるでしょう。もちろん、やるかやらないかはあなた次第です。でもやっぱり、アプリで「実は既婚者」に会ったことがある私は、自分のためにネットリサーチしますけど、ね。

ラブ 新着一覧


男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ