結婚詐欺男に騙されないために…彼のSNSアカウント特定方法

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-05-30 06:00
投稿日:2019-05-30 06:00
 マッチングアプリなど、ネット経由で「知らない人」と出会うことが、ここ数年カジュアルになりました。しかし、そうした出会いで「妊娠したら逃げられた」「結婚詐欺まがいのことをされた」というような被害女性の声もSNS等でよく聞かれます。
 やはり、自分の身は自分で守るしかない――。マッチングアプリ猛者の私が、自分を守るために実践している、ちょっと驚きの「ネトスト(ネットストーキング)」術をお教えします。

結婚歴や年齢詐称も…ネット出会いにネトストは必須

騙されないためにも自分でリサーチ(写真:iStock)
騙されないためにも自分でリサーチ (写真:iStock)

 マッチングアプリの一番の落し穴は、知らない相手との出会いであることから、何かあった時にすぐ雲隠れされたり、嘘をつかれても気づく術がないことです。実は既婚者や彼女持ちだった、年齢を詐称されていた……といったトラブルもあり得ない話ではありません。

 個人間での問題にサービス側は支援をしてくれませんし、個人情報も開示してもらえない可能性が高いのが現状です。いざ付き合った相手が実は既婚者だった、なんて泣き寝入りをしないためにも、知り合う男性に対しては“ネトスト”という名のリサーチをするべきなのです。

1. 漢字フルネームの本名でFacebook検索

まずはFacebook(写真:iStock)
まずはFacebook (写真:iStock)

 リサーチに最低限必要なのは、漢字フルネームの本名です。これさえ分かれば、少なくともFacebookは特定できる可能性が高いからです。あとは相手の出身地や出身大学などが分かっていると、より特定がラクになります。漢字でヒットしない場合はローマ字表記なども試してみます。

 Facebookは「リア友」とつながるSNSでなので、確かな情報が載っている可能性が高いです。その人が何かしらの嘘をついていても、フォロワーたちのページをたどっていけば出身高校や大学、所属サークルが特定できます。

2. 出身大学名やサークル名でTwitter検索

次はTwitterやInstagramを(写真:iStock)
次はTwitterやInstagramを (写真:iStock)

 出身大学やサークル名が特定できたら、次はTwitterやInstagramを検索します。こちらの方がタイムリーに活用している可能性が高いからです。

 そして、大学やサークルの公式アカウントを検索します。そこをフォローしている人の中から、リサーチしたい相手と年齢の近そうなフォロワーを探していきます。公式アカウントはフォロワーが多い場合もありますが、ここを根気よくなめるように見ていくのがミソです。

 そうして、「彼と同じ学部の同期」「サークルが一緒の人」などを探していきましょう。この辺りはFacebookのフォロワーと照らし合わせながら確認すれば、意外とすぐに彼の周辺人物が浮かび上がってきます。だいたい何人かは、あだ名や本名に近いIDを使っている人がいますから。

 そういう「近い人物」が特定できたら、そのアカウントのフォロワーに彼がいる可能性は高いと言えるので、もう一度なめるように確認していくことで、TwitterやInstagramのアカウントも特定できます。

3. 彼のID名でエゴサーチ、または匿名垢でフォロー

アカウント名でさらに検索すれば…(写真:iStock)
アカウント名でさらに検索すれば… (写真:iStock)

 そうして彼のSNSアカウントを確定しても、アカウントに鍵がかかっているかもしれません。でも大丈夫!

 彼のアカウント名でさらにネット検索をかけましょう。そうすると、彼にリプライを送ったアカウントの会話を見ることができます。その日時が直近なら、彼のアカウントが生きていることも確認できますし、恋人や結婚相手の有無も、会話の内容から察することができることがあります。

 さらに、どうしても彼の投稿内容が知りたい時は、こちらも匿名(風)のアカウントを使ってフォロー申請すると通る時もあります。なんとなく彼の環境に合わせて「あれ?こんな後輩いたかな?」と思うようなプロフィールを作ると突破率が高いです(笑)。

まとめ

 このようにしてSNSを特定すると、名前や学歴に詐称がないか、伴侶や恋人の有無もしっかり確認できます。シロであれば、自分の精神衛生のためにも、彼のアカウントを覗き続けるのはやめていいかもしれません。

 ここまで読んで、「そこまでする?」と驚く人もいるでしょう。もちろん、やるかやらないかはあなた次第です。でもやっぱり、アプリで「実は既婚者」に会ったことがある私は、自分のためにネットリサーチしますけど、ね。

ラブ 新着一覧


FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ