結婚詐欺男に騙されないために…彼のSNSアカウント特定方法

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-05-30 06:00
投稿日:2019-05-30 06:00
 マッチングアプリなど、ネット経由で「知らない人」と出会うことが、ここ数年カジュアルになりました。しかし、そうした出会いで「妊娠したら逃げられた」「結婚詐欺まがいのことをされた」というような被害女性の声もSNS等でよく聞かれます。
 やはり、自分の身は自分で守るしかない――。マッチングアプリ猛者の私が、自分を守るために実践している、ちょっと驚きの「ネトスト(ネットストーキング)」術をお教えします。

結婚歴や年齢詐称も…ネット出会いにネトストは必須

騙されないためにも自分でリサーチ(写真:iStock)
騙されないためにも自分でリサーチ (写真:iStock)

 マッチングアプリの一番の落し穴は、知らない相手との出会いであることから、何かあった時にすぐ雲隠れされたり、嘘をつかれても気づく術がないことです。実は既婚者や彼女持ちだった、年齢を詐称されていた……といったトラブルもあり得ない話ではありません。

 個人間での問題にサービス側は支援をしてくれませんし、個人情報も開示してもらえない可能性が高いのが現状です。いざ付き合った相手が実は既婚者だった、なんて泣き寝入りをしないためにも、知り合う男性に対しては“ネトスト”という名のリサーチをするべきなのです。

1. 漢字フルネームの本名でFacebook検索

まずはFacebook(写真:iStock)
まずはFacebook (写真:iStock)

 リサーチに最低限必要なのは、漢字フルネームの本名です。これさえ分かれば、少なくともFacebookは特定できる可能性が高いからです。あとは相手の出身地や出身大学などが分かっていると、より特定がラクになります。漢字でヒットしない場合はローマ字表記なども試してみます。

 Facebookは「リア友」とつながるSNSでなので、確かな情報が載っている可能性が高いです。その人が何かしらの嘘をついていても、フォロワーたちのページをたどっていけば出身高校や大学、所属サークルが特定できます。

2. 出身大学名やサークル名でTwitter検索

次はTwitterやInstagramを(写真:iStock)
次はTwitterやInstagramを (写真:iStock)

 出身大学やサークル名が特定できたら、次はTwitterやInstagramを検索します。こちらの方がタイムリーに活用している可能性が高いからです。

 そして、大学やサークルの公式アカウントを検索します。そこをフォローしている人の中から、リサーチしたい相手と年齢の近そうなフォロワーを探していきます。公式アカウントはフォロワーが多い場合もありますが、ここを根気よくなめるように見ていくのがミソです。

 そうして、「彼と同じ学部の同期」「サークルが一緒の人」などを探していきましょう。この辺りはFacebookのフォロワーと照らし合わせながら確認すれば、意外とすぐに彼の周辺人物が浮かび上がってきます。だいたい何人かは、あだ名や本名に近いIDを使っている人がいますから。

 そういう「近い人物」が特定できたら、そのアカウントのフォロワーに彼がいる可能性は高いと言えるので、もう一度なめるように確認していくことで、TwitterやInstagramのアカウントも特定できます。

3. 彼のID名でエゴサーチ、または匿名垢でフォロー

アカウント名でさらに検索すれば…(写真:iStock)
アカウント名でさらに検索すれば… (写真:iStock)

 そうして彼のSNSアカウントを確定しても、アカウントに鍵がかかっているかもしれません。でも大丈夫!

 彼のアカウント名でさらにネット検索をかけましょう。そうすると、彼にリプライを送ったアカウントの会話を見ることができます。その日時が直近なら、彼のアカウントが生きていることも確認できますし、恋人や結婚相手の有無も、会話の内容から察することができることがあります。

 さらに、どうしても彼の投稿内容が知りたい時は、こちらも匿名(風)のアカウントを使ってフォロー申請すると通る時もあります。なんとなく彼の環境に合わせて「あれ?こんな後輩いたかな?」と思うようなプロフィールを作ると突破率が高いです(笑)。

まとめ

 このようにしてSNSを特定すると、名前や学歴に詐称がないか、伴侶や恋人の有無もしっかり確認できます。シロであれば、自分の精神衛生のためにも、彼のアカウントを覗き続けるのはやめていいかもしれません。

 ここまで読んで、「そこまでする?」と驚く人もいるでしょう。もちろん、やるかやらないかはあなた次第です。でもやっぱり、アプリで「実は既婚者」に会ったことがある私は、自分のためにネットリサーチしますけど、ね。

ラブ 新着一覧


FILM
 現代人の多くは、ある程度の交際期間を経て結婚する場合が多いでしょう。だからこそ、“クリスマスプレゼントのネタ切れ”に悩...
東城ゆず 2019-12-16 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁とて、クリスマスには夫にプレゼントを贈る人も少なくないようです。しかし、せっかくもらったプレゼントでも、その中身に...
並木まき 2019-12-15 06:00 ラブ
FILM
 あなたの周りには、「美人なのに、なぜかモテない」そんな女性はいませんか? 男性にちやほやされるのにお付き合いとなると長...
リタ・トーコ 2019-12-15 06:00 ラブ
FILM
 街はめっきりクリスマス。ショッピングモールも駅もエステも、どこに行ってもABBAとマライア・キャリーを聞く日々ですね。...
ミクニシオリ 2019-12-14 06:00 ラブ
FILM
 モテる女性を語る上で欠かせないのが、清楚な感じで相手を思いやれるということ。では、非モテな女性とは、どのような女性のこ...
東城ゆず 2019-12-14 06:00 ラブ
FILM
 女性と比べると、男性は「言葉足らず」とよく言われますよね。本当は彼女への愛情や感謝を持っているのに上手に言葉にしないた...
FILM
 今年のクリスマスは、年号が変更になった関係で平日のみ連休がなくなっています。今まで祝日だった天皇誕生日の12月23日が...
ミクニシオリ 2019-12-13 06:00 ラブ
FILM
 結婚すると始まるのが彼のママ、つまり姑との関係です。今後長いおつきあいになるのですから、できるだけ穏便な関係を築きたい...
内藤みか 2019-12-12 06:00 ラブ
FILM
「いまの台詞、なんか色っぽくてぐっときた」「わかってて言ってるの?あざといね」  何気ない台詞だったのに、男性にそんな...
七海 2019-12-12 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いが始まると、彼氏から「モーニングコール頼める?」とお願いされることがあります。そんな時、「正直、忙しいのに面...
リタ・トーコ 2019-12-11 06:00 ラブ
FILM
 世の女性を悩ませる夫の浮気問題。私は夫の浮気による離婚歴があります。一番最初に浮気が判明した時には相手の女性を相手に裁...
深志美由紀 2019-12-11 06:00 ラブ
FILM
 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。現在、出会うためのツールはたくさんあり、「出会いがな...
山本早織 2019-12-10 06:00 ラブ
FILM
 合コンで知り合った人や、グループ交際から“いい感じ”になった彼と初めて二人で遊びに行く時は、誰だってドキドキするもの。...
東城ゆず 2019-12-10 06:01 ラブ
FILM
 クリスマスといえば、プレゼント。今年は彼にどんなプレゼントを用意する予定ですか?  プレゼント選びは人間性やセンスが...
ミクニシオリ 2019-12-09 06:09 ラブ
FILM
 ゆくゆくは結婚したいと思っている彼氏がいます。付き合って1カ月、マッチングアプリで出会ったのですが、3回遊んだ後に電話...
神崎メリ 2019-12-08 06:00 ラブ
FILM
 好きな人はちょこちょこできるのに、思えばここ何年も恋が実っていない……そんな方は「恋愛下手」なのかもしれません!そこで...
リタ・トーコ 2019-12-08 06:00 ラブ