モラハラ疑惑! 大好きな恋人から子供扱いされる女性の苦悩

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-02-19 06:00
投稿日:2022-02-19 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷”“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。

2歳差なのに?子供扱いしてくる恋人に不満

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「付き合って半年の彼氏が、やたら私のことを子供扱いすることに、心の底からウンザリしています!!!」

 静華さん(仮名・30歳女性)は開口一番、息を荒げてこう訴えます。

「今の彼氏との出会いはゲームアプリで、最初は恋愛対象とは見ていなかったんですけど、オフ会で会ったときにルックスが好みで、いいなって思ったんです。

 そうしたら向こうも同じように好意を抱いてくれていて、初めて会ってから2カ月後に交際をスタートさせました。

 だけど……最初の頃は私に対して、きちんと尊重してくれているって感じましたが、最近は私のことを雑に扱うというか、子供扱いしてばかりで、一緒にいてもイライラばかり募ります」

 静華さんの彼氏であるユウイチロウさんは、静華さんより2歳年上の32歳。しかし「年上」と言っても、社会人になってからの2歳くらいは「同い年に限りなく近い同世代みたいなものなのでは?」と静華さんは考えています。

 それだけに、静華さんに対して尊重心が欠けているように見える恋人の態度には、不満ばかりが募っている様子です。

友人からは「モラハラ」と心配され

彼氏の態度はモラハラじゃない?(写真:iStock)
彼氏の態度はモラハラじゃない? (写真:iStock)

「彼は、周囲に対してはめちゃくちゃ気を使うほう。そういうところが好きで付き合っているのに、私に対しては全く違う態度なのが気に入りません。

 具体的には、私が何かをすれば『ほんとお前って、ダメな女だよね』、彼の話にちょっとピントがズレた返答をしようものなら『こんなこともわからないの? ガキだなぁ……』などとボロクソに言われるんです。

 私は、自分でも頭のいいほうだとは思っていませんけれど、だからといって、恋人にボロクソに言われるほど、トロいわけでも鈍いわけでもないと思うのですが……」

 ユウイチロウさんの言葉は、捉え方によってはモラハラのような発言もあるそうで、静華さんの友人を交えて会ったあとには、友人から「彼氏ってモラ男なの?」と心配されたこともあるのだとか。

 身近な友人から見て、自分たちがそんなふうに映っていることに、静華さんは大きなショックを受けたとため息をつきます。

私が悪いの? 「被害者意識が強い」と言われ…

まともに取り合ってくれない(写真:iStock)
まともに取り合ってくれない (写真:iStock)

「ユウイチロウにはモラハラだと誤解されるから、もう少し私への態度に気をつけてもらいたいって話は、何度かしました。

 だけど、そのたびに彼からは『考えすぎ』『周りにそう思われる原因は、お前の被害者意識が強いから』と言われてしまって、まったく改善されません。

 友人に会わせて、変な目で見られると私まで恥ずかしいし、私が恋人からモラハラを受けているという噂が周囲で広まるのも嫌だなって思っているところです。

 だから、ユウイチロウには、もう少し紳士的な振る舞いをしてもらいたいなって思うのですが、こういうのって性格なんでしょうか? たった2歳年下だというだけで、こんなふうになんでも子供扱いされて、私の言うことをまともに取り合ってくれないのが、今はとにかくシンドイんです……」

 ユウイチロウさんへの気持ちはあるので、現時点では別れることは考えていないという静華さん。では、恋人はそんな静華さんの想いをどう捉えているのでしょうか。

 実は、ユウイチロウさんには人には言えない事情が隠されていました……。

 次回に続きます。

ラブ 新着一覧


「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ