ぞぞっ!パートナーが“DV男”かどうかを見抜く質問と禁句の話

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-10-12 06:00
投稿日:2021-10-12 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗っている後藤千絵弁護士に、「絶対に結婚してはいけない男性の特徴」について、インタビュアー・内埜(うちの)さくらが聞きました。本記事は全3回中の2回目です。

DV被害の経験を伝えてはいけない理由

DVするか否かを見抜く方法は(写真:iStock)
DVするか否かを見抜く方法は (写真:iStock)

――前回の記事「女性が離婚を考える主原因8つ」では、モラハラ実例をご紹介させていただきました。「DV」、「異性問題」、「金銭問題」もモラハラ同様、事前に見抜くのは難しいとのことでした。ですが、DVするか否かを見抜くため、パートナーにこんな質問をしてみる方法はアリでしょうか。

「知り合いの男性で、たまにパートナーに暴力を振るう人がいる。『言ってもわからないから力でわからせているだけ』と言っていたけど、どう思う?」と。

 ほかに男性が同席していて「暴力を振るうとかありえない!」と言ったとしたら、パートナーは本性を隠すと思うので、できれば2人きりのときに。これは実際に、筆者が聞いたエピソードなのですが。

後藤千絵弁護士(以下、後藤) 第三者の例を出すのは妙案だと思います。過去にDVをされた経験がある女性には、活用していただきたいです。

 ただし、自身がDV被害に遭った過去の体験は、相手には絶対伝えないようにしましょう。

 パートナーにモラハラやDVなどをする人は、「しても自分から離れていかないと思える相手」を、独自の“嗅覚”で見抜きます。打ち明けてしまうと、「虐待して極限まで追い詰めても逃げていかない」と、判断されてしまう可能性が高まるからです。異性問題や金銭問題も同様です。

異性問題の鍵を握る魔法の言葉

「一度でも浮気をしたら離婚」の姿勢を貫く(写真:iStock)
「一度でも浮気をしたら離婚」の姿勢を貫く (写真:iStock)

――異性問題は、「一度でも○○したら離婚(あるいは別れる)」と告げておくことが、今後の関係を握る鍵にもなると思うのですが……。

後藤 たしかに、「一度でも浮気をしたら許さない」と、事前に宣言することが最も効果的な対策ですが、妻が明言していたにもかかわらず、夫の不貞により離婚に至った相談を受けたことがあります。

 私は妻に、「お子さんがいるのだから将来をよく考えたほうがいい」とアドバイスし、夫は涙ながらに「復縁してほしい」と土下座までしたのですが、妻は復縁の要望をかたくなに拒否。自分の愚行を悔いて今でも復縁を希望する夫は、離婚後も妻とお子さんに潤沢な養育費を支払い続けています。

 妻にとっては経済的に有利な離婚となったので、“めでたし”な決着です。「一度でも浮気をしたら離婚」という姿勢を貫き有言実行したため、得られた結末だと言えるでしょう。

 とはいえ、別れた夫からの養育費の支払いが滞るのは珍しくないケース。お子さんを望まず、40歳以上で結婚を考えている女性は、自活の道を閉ざしていただきたくないと考えさせられる事例でした。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼氏が優しいのは最初だけ…? 残念な理由2つと抜け出す方法
 せっかく付き合えた彼氏。なぜか毎回、最初は楽しいのに数カ月経つとデートや連絡が激減したり、奢ってくれなくなったり、「好...
若林杏樹 2021-10-13 06:00 ラブ
運命の出会いを果たし…夫の元から去った女性の意外な選択
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-10-13 06:00 ラブ
おしゃべりor無口な彼女どっちがいい?男性の本音を紹介
 おしゃべりな彼女と無口な彼女、あなたはどちらですか?「無口だとつまらないと思われるかも……」「おしゃべりな女は嫌われる...
恋バナ調査隊 2021-10-12 06:00 ラブ
恋愛に見返りを求めてしまう人必見!デメリット&抜け出し方
 好きな人と付き合えただけで幸せを感じていたはずなのに、交際が進むにつれて「もっと愛されたい」と欲張りになる人は少なくあ...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ
次のデートに♡カラオケデートの4つのメリット&成功の秘訣
 彼とのデートが決まったら、「どこに行こう?」と、盛り上がるプランを考える人も多いでしょう。デートといえば映画や遊園地と...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ
LINEに隠された彼の本心は? 文章から分かる男性心理5つ
 男性の知り合いや友達とLINEのやりとりをしていると、「ん? これってどういう意味だろう?」と、相手の本心が気になるこ...
恋バナ調査隊 2021-10-10 06:00 ラブ
「もう、うんざりだ」夫から離婚を告げられる妻の6つの行動
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚を切り出すのは女性からというイメージはもはやありません。ここ最近目立つの...
山崎世美子 2021-10-09 06:00 ラブ
最低限のマナーなのに…謝罪も感謝も言えない恋人に呆れる彼
「冷酷と激情のあいだvol.59〜女性編〜」では、恋人からの“ホウレンソウ”が不十分であることに、怒りを抱き続ける女性・...
並木まき 2021-10-10 05:34 ラブ