「人権」不適切発言のプロゲーマー炎上・契約解除なぜ起きた

こじらぶ ライター
更新日:2022-02-18 10:18
投稿日:2022-02-18 06:00

選手契約解除のお知らせは一時サーバーダウンに

eスポーツの認知度が上がった中での大失言はなぜ起きた(写真:iStock)
eスポーツの認知度が上がった中での大失言はなぜ起きた (写真:iStock)

 日本人2人目の女性プロゲーマー・たぬかな(29)が、今月15日にライブ配信で170cm以下の男性に対し「人権ない」などと発言し大炎上。本人が謝罪したが鎮火せず、所属チームの運営である「ブロードメディアeスポーツ」が17日付けでたぬかなを契約解除するまでに発展した。

 問題発言に至る経緯としては、彼女がライブ配信プラットフォーム「mildom」で「おかしつくるよ」と題し、キッチンでお菓子作りをしながら視聴者と雑談しているところから始まった。

“身長165cm”のウーバー配達員を引き合いに出して炎上

Twitterでの謝罪も軽率にすると逆効果(写真:iStock)
Twitterでの謝罪も軽率にすると逆効果 (写真:iStock)

 かつて彼女がUber Eatsを利用した際、配達員の男性から「連絡先教えてもらえませんか」と聞かれ「恐怖でしかない」「バリだるい」と感じたという。その理由として、男性は彼女の基準では背が低く、身長が165cmほどしかなかったためだとし、「その時点でもう『無いな』ってなってしまった。背が高くてムキムキやったら連絡先は教えてた可能性はある」と続けた。

 視聴者から165cmで背が低いとする彼女にやや驚きのコメントが届くと、

「165はちっちゃいね。ダメですね。170ないと、正直人権ないんで。170cmない方は『俺って人権ないんだ』って思いながら、生きていってください。骨延長(こつえんちょう)の手術を検討してください。骨延長手術で調べてください。170あったら人権がちゃんと生まれてくるんで」と断言した。

 こうした発言がネット上で大炎上し、同日中に自身のTwitterで

「配信の内容をヘイトスピーチだと指摘されました。そういう意図ではありませんでしたが、不快に思われた方が多いようなので撤回します、すみませんでした。高身長が好きって言いたいだけでした...いつもの配信の身内ノリで言葉が悪くなっちゃいました、ごめんなさい~...」

 と謝罪したものの、軽い口調で反省の色が見られないためか、炎上の火に油を注ぐ結果となった。

 その後、あらためて硬い口調で謝罪文をツイートしたものの、一連の流れがネットニュースになり、さらに拡散され、非難が殺到。契約解除にまで発展してしまった。

ライブ配信で軽はずみに過激発言したワケ

HIKAKINでもコアファンしか見ない「mildom」配信(C)日刊ゲンダイ
HIKAKINでもコアファンしか見ない「mildom」配信 (C)日刊ゲンダイ

 プロゲーマーとして注目を集め、Twitterのフォロワーも3万人超いた彼女がなぜあれほどまでに過激な発言を軽はずみに公のライブ配信でしてしまったのか。

 最初の謝罪時に、彼女は「いやぁ、自分の過疎配信でまさか問題になるとは思ってませんでしたすみません!ひぇ~」ともツイートしていた。“いつもの身内ノリ”が大手ネットニュースサイトのトップ扱いになるなど夢にも思わなかったのだろう。

 ライブ配信していた「mildom」はゲームを中心とした映像配信プラットフォームだ。相当な高待遇で人気YouTuberを次々と取り込んでいるが、YouTubeに比べればまだ浸透度は低い。

 登録者数1000万人を超えるトップYouTuberのHIKAKINでも「mildom」での配信は視聴者数1000人程度ということもあった。YouTubeよりもコアなファンだけが配信に集まりやすい印象だ。

 ゆえに、配信者も「mildom」にコメントしにくるような視聴者とは“友達感覚”で、TVやYouTube配信より閉鎖的空間にいると錯覚しやすいのだろう。

 たぬかなはこれまでにも「mildom」配信で恋愛観や人の外見、所得、職業などについて過激な発言を繰り返していた。それでも、それを面白がって配信に来る視聴者がいた。

“身内ノリ”で「人権」を使う危うさ

ネットの身内ノリで道を踏み外す恐れもある(写真:iStock)
ネットの身内ノリで道を踏み外す恐れもある (写真:iStock)

 また、これまでゲーム界隈に留まってきた彼女の過激な発言が、今回ここまで大きな事態になったのは、「人権」という人間の尊厳に関わる言葉を“身内ノリ”で使ってしまったことも大きな要因だ。

 ゲーム界隈で「人権」は、それを持っていないとゲームの進行が困難になる、必須級の“強いキャラクターや武器”に対しスラングのように使われている。「人権キャラ」「人権なし」といった言葉が日常茶飯事に飛び交う。

 彼女が男性に対しても「人権ない」といつものノリで言ったことが、ゲーム界隈で火種となり、一般人にも知られることになって一気に燃え上がった。

 社会通念上、「人権ない」と人を揶揄することは差別と見なされ、不特定多数の人が見ている場では使用しないのが普通、ということが彼女の頭には無かったように見受けられた。

 何かをネットで発信する限り、どんな規模か、どれだけ過疎かに関わらず、瞬く間に万人が知るところとなり一大事になる可能性をはらんでいる。常にそう心に留めておくべきだろう。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


NHKの夜ドラは浸透するか?「カナカナ」眞栄田郷敦を食う“天才子役”と武田真治の怪しさ
「夜ドラ」──まだまだ聞き慣れないが、NHKが2022年度からスタートさせたドラマ枠の通称である。月~木曜の夜10時45...
2022-05-24 17:03 エンタメ
帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか
 アメリカ在住のピース綾部祐二(44)が19日、自身のユーチューブチャンネルを開設した。渡米から5年、「最初の計画は失敗...
2022-05-24 17:03 エンタメ
キムタクドラマ“ダウン寸前”から復調傾向…カギ握る「未来への10カウント」脇キャラたち
〈キムタク主演で屈辱的低視聴率〉〈ドラゴン桜のボクシング版〉など、あれこれ言われてきた、テレビ朝日系連ドラ「未来への10...
2022-05-24 17:03 エンタメ
ゼレンスキー大統領の「文化外交」手腕 情報戦略のプロが“刮目ポイント”を解説
【寄稿 北島純(社会情報大学院大学特任教授)】  5月14日に伊トリノで開催された音楽祭「ユーロビジョン」でウクライナ...
2022-05-24 17:03 エンタメ
「かみさんは妹弟子みたいなもんですよ。昇也のことを『お兄さん』て呼ばなきゃ」
【春風亭昇太・春風亭昇也 師弟で大いに語る】#6  昇太は、「自分が売れれば落語界はよくなる」という考えで、いい意味で...
2022-05-24 17:03 エンタメ
日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの
「スッキリ」(日テレ系)のMCを務める加藤浩次(53)に強力なライバルが出現だ。いまや谷原章介(49)が司会を務める後発...
2022-05-24 17:03 エンタメ
向島の料亭「櫻茶ヤ」さんで長唄の会を催しました!
 東京にも京都のような花街はある。新橋・赤坂・神楽坂・芳町・浅草・大塚・八王子……中でも向島には現在も100人以上の芸者...
2022-05-24 17:03 エンタメ
橋本梨菜さんが夢を語る「ファンも一緒に飲める『バー橋本』をやること」
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】  橋本梨菜さん(グラビアアイドル/28歳)  小麦色の肌に包まれたパワフルなボデ...
2022-05-23 17:03 エンタメ
落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」
【あの人は今こうしている】  桂米助さん(落語家/74歳)  ワイドショー「ルックルックこんにちは」(日本テレビ系)...
2022-05-23 17:03 エンタメ
清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力
 清野菜名(27)が大手芸能プロダクション「トップコート」に電撃移籍したことが、関係者の間に波紋を広げている。昨今の芸能...
2022-05-23 17:03 エンタメ
表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?
 先日、岸田首相を表敬訪問し、さらなる日本の支援を求めたウクライナの「国民的歌手」チーナ・カーロリさん(37)。あの時は...
2022-05-22 17:03 エンタメ
ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  スタートしてかれこれ1カ月。ネットで叩かれまくっているのが朝ドラ「ちむどんどん」...
2022-05-22 17:03 エンタメ
自分にプレッシャーをかけ…キャラになりきる友近の「人生コント」
【今週グサッときた名言珍言】 「“人生コント”って、ちょっと自分でも思ってるとこもあって。常にクスッと、どっか自分を見...
2022-05-22 17:03 エンタメ
広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感
 最近、広末涼子(41)が自身のプライベートをさらけ出し始めて話題になっている。女優は生活感を出しすぎると仕事に影響が出...
2022-05-22 17:03 エンタメ
フジテレビ新人事で中山美穂「完全復活」に高まる期待 深津絵里の成功が追い風に
 フジテレビの新社長に共同テレビジョン社長の港浩一氏(70)が内定した。港氏は同局のディレクター・プロデューサーとして「...
2022-05-22 17:03 エンタメ
小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない
【皇室のトリビア】#67  アメリカ・ニューヨーク州の司法試験が2度目も「不合格」と伝えられた小室圭さんは、この7月に...
2022-05-22 17:03 エンタメ