衝撃!鬼嫁からの驚愕LINE5選…周囲がドン引きした内容

コクハク編集部
更新日:2022-02-06 06:00
投稿日:2022-02-06 06:00
 芸能人で“鬼嫁キャラ”といえば、北斗晶さんや高嶋ちさ子さんなどが有名ですよね。でも、一般の女性の中には、そんな芸能人の鬼嫁エピソードが可愛く思えるほどの恐ろしい妻たちがいるのだとか……。そこで今回は世間の鬼嫁が旦那さんに送った驚愕のドン引きLINEを5つ、ご紹介します!

鬼嫁からの驚愕LINE5選!ドン引き必至!?

1.「あんたバカなの!?」

 普段、激しい口調で旦那さんを罵り続けているこちらの鬼嫁。旦那さんは、仕事が終わったら必ず帰る時間をLINEするよう口酸っぱく言われているため、この日も忘れないようにちゃんとLINEを入れたそうです。

 でも、鬼嫁は「残業」という言葉にイラっとしたようで「あんたバカなの!? これだから仕事できない人って困るわ……」と一言。しかも「夕飯は用意してないから、お茶漬けでも食べな」と、吐き捨てるようなセリフでLINEは終了……。読んでいるこちらまで、ハラハラするようなLINEですね。

2.「いつもの写真送れよ」

 こちらの鬼嫁、旦那さんを見張るためなら、周囲に迷惑をかけてしまうことであっても平気で要求してくるタイプだそう。そのうちのひとつが「飲み会がある日は、参加する全メンバーの集合写真を撮影して送る」というルールです。

 遅れてくる人がいようと、それが会社の飲み会だろうと、必ず送るのがルールだというから驚きますね。浮気していないかどうかの確認のつもりでも、これでは逆に浮気に走りたくなってしまうかも……。また、言い返せない旦那さんも、なんだか情けない感じになってしまっていますね。

3.「それがお弁当だけど?」

 こちらの鬼嫁は、一見ハートたっぷりの可愛らしいLINEを送ってきているように見えますが、ベースの部分はしっかり鬼嫁のようです。家を購入するために「節約頑張ろうね!」というところまではいいのですが、なんと旦那さんのお弁当がシーチキンの缶詰一つ!

 さらに、なんと自分は友達とランチに行くから連絡はまた後で! というドン引き内容。自分勝手過ぎますよね……。シーチキンの缶詰では、仕事に対してのやる気も失われそうです……。

4.「早く帰って夕飯作ってよ」

 こちらの女性は、優しさのかけらもないようなLINEを送ってきていますね。旦那さんからの「10連勤の仕事をこなした」という報告LINEに対して、「早く帰って夕飯作ってよ! 先にお風呂入っとく!」という、なんの労いもない文章が印象的です。

 さらに、その罪悪感を打ち消したいからか、自分も大変だということをアピールしたいのか、「保護者会や洗濯を頑張った」という言い訳付き。

 実は、この鬼嫁、専業主婦なんですって。それにも関わらず、料理は10連勤明け、なおかつ22時過ぎに帰宅する疲れ切った旦那さんに任せて自分はバスタイム……。もう少し優しさを見せてあげてほしいですね!

5.「あんたを育てた親の責任だよね?」

 最後の鬼嫁は、かなり危険な香りがするLINEを送ってきています。なんと、旦那さんに「自分の両親の退職金を半分ほしいと伝えろ」という文章を送ってきたのです。

 しかもその理由は「私が不幸なのは、稼げない旦那さんの責任。さらに、その旦那さんを育てた親の責任。だから、お金を払うのは当然」というもの。さすがにここまでくると、サイコパスな香りすらしてきますね……。

鬼嫁からのLINEに怯える旦那さんは多い!

 こうして見ていくと、鬼嫁に怯える旦那さんはたくさんいるということがわかりますね。せっかく出会って結婚した2人。ぜひ、思いやりや愛情をもって、幸せな毎日を過ごしてほしいものです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ