不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-01-15 06:00
投稿日:2022-01-15 06:00
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性たちが震え上がるような恐ろしい制裁を決行した人もいるのだとか! 今回は、不倫夫に悲しい思いをさせられた「サレ妻」からの恐ろしい制裁LINEをご紹介します。

不倫夫へ送った「サレ妻」の恐ろしい制裁LINE5選!

1. 逃げられない状態にしてから問い詰める

 こちらの女性は、2年ほど前から、夫がスマホを肌身離さず持ち歩くようになり、不倫に気づいたとのこと。最初はショックですぐに問い詰めようとしたようですが、次第に気持ちは怒りに変わっていき、しっかり証拠集めをしてから逃げられないように問い詰めることを決めたそうです。

 そして、2年後に突きつけたLINEがこちら。領収書、通話録音、LINE履歴、さらには尾行写真までつけて、決して言い逃れできない状態で不倫の事実を突きつけたそうです。怒りに燃えた女性からは、逃れられないということですね……。

2. 両親を味方につけてからLINE

 不倫に気づいた女性の中には、両親には言わずに夫婦だけでなんとか解決しようとする人もいますが、やはり多くの女性は、できるだけ夫に反省してもらいたい、辛い気持ちを誰かにわかってほしい、と考えるようです。

 こちらの女性もその一人。少しでも夫に制裁を加えたくて、まずは自分の両親と夫の両親に相談し、家族を味方につけてから、夫に「不倫に気づいている」と伝えたそう。夫としては、気づいた時にはすでに家族全員にその醜態が晒されていて、さぞかし恥ずかしい思いをしたことでしょう。でも、それ以上に女性は傷ついているということに気がついてほしいですね。

3. 離婚はせずに契約書を交わさせる

 ある女性は、前向きな決断をしつつも、しっかり夫には制裁を加えたいと思っていたそう。そこで送ったLINEがこちら。契約書を交わすという条件に合意すれば、離婚はせず、夫婦仲を元通りにするために努力するという内容です。

 条件をよく見ると、スマホに鍵をかけない、いつでもスマホを見せるといった内容や、次に不倫した時の慰謝料までしっかり記載されています。不倫した側の夫からすると、断るという選択肢はありませんね……。とてもしっかりした女性です。あっぱれ!

4. 慰謝料を請求する

 夫と不倫相手の両方に制裁を加えたいと思う女性も多いでしょう。たとえば、こちらの女性のように正式に「慰謝料」を請求するという方法は、合法且つ不倫した2人に確実にダメージを与えることができますね。

 それに対して、夫からの「俺らの生活費がなくなるよ?」という能天気なセリフには驚きです。こちらの女性の言う通り、すべて「自分で蒔いた種」ですよね……。不倫相手も、してしまったことの重大さに、ようやく気が付くことでしょう。

5. 離婚せずに別居

 こちらの女性は、「離婚しない」という方法で制裁を加えているようです。というのも、こちらの夫婦には、まだ小さなお子さんがいるそう。それにもかかわらず、夫は妊娠中から不倫を続けていたようで、もう妻には気持ちがなく不倫相手と一緒になりたいとまで言っているのだとか。

 これに対して女性は、別居するけど離婚はしない。不倫相手同士で幸せになることは許さないし、離婚して子供への面会権を主張されたら腹が立つ!という考えがあったそうです。子供に会えなければ、さすがの夫もひどいことをしたということをわかってくるかもしれませんね……。

不倫サレ妻からの制裁LINEは重く受け止めて

 軽い気持ちで不倫をしてしまったとしても、その裏には辛い思いをしている妻や子供たち、両親の顔があるはずです。もし、今、不倫をしているという人は、ぜひもう一度大切な人の顔を浮かべてみてください。そして、妻から制裁LINEが届いた男性には、開き直らずに重く真摯に受け止めてほしいものですね。

ラブ 新着一覧


その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ