浅草「壽々喜園」“世界一濃い抹茶”を堪能 2022.2.26(土)

コクハク編集部
更新日:2022-02-26 06:00
投稿日:2022-02-26 06:00
 抹茶スイーツの人気はとどまらず、今ではどこへ行っても食べられる定番商品ですよね。そんな飽和状態を勝ち抜き、インスタやTikTokでバズっているのが、「世界一濃い抹茶ジェラート」。今回は、浅草「壽々喜園(すずきえん)」に行ってきました。

老舗銘茶問屋「壽々喜園」

壽々喜園 浅草本店(C)コクハク
壽々喜園 浅草本店 (C)コクハク

 浅草駅から徒歩8分。「壽々喜園」は、160年以上の歴史があるお茶屋さんです。静岡で抹茶スイーツを販売する「ななや」とのコラボ商品が購入できる店舗となっています。

世界一濃い抹茶ジェラート「抹茶プレミアム NO.7」560円(税込・以下同)

鮮やかなグリーン(C)コクハク
鮮やかなグリーン (C)コクハク

 静岡県産の抹茶を使用したジェラートは、NO.1からNO.7まで種類があるので、好きな濃さを選べます。数字が大きくなるにつれて、抹茶が高濃度になります。

 こちらの「抹茶プレミアム NO.7」は、普通の7倍の濃さ。ただ濃いだけでなく、農林水産大臣賞を受賞した最高品質の抹茶が使用されているんです。ねっとりとしたジェラートは、口どけなめらかでとってもおいしいんです。

「甘い抹茶スイーツは抹茶じゃない!」という辛口派も納得の大人なジェラート。甘いのが苦手な人にもオススメです♪

「4種の抹茶餡だんご」500円

最近の流行りはコレ(C)コクハク
最近の流行りはコレ (C)コクハク

 先頭から抹茶あんが段々と濃くなっていくお団子です。緑のグラデーションがとってもキレイですよね。映えるので、SNSでバズっているのも頷けます。

 一番濃い抹茶の部分は、苦味と渋みがガツンときます。お団子がほんのり甘いので、最後までおいしくいただけました。絶妙なバランスで計算されているんだな~と感心。友達やカップルと一緒に、4種の食べ比べしても盛り上がると思います。ひと口ずつ、違った味わいを楽しんで♪

まとめ

店頭に並ぶお客さんたち(C)コクハク
店頭に並ぶお客さんたち (C)コクハク

 土日に訪れると、店頭には行列ができていました。15分ぐらいでお客さんが入れ替わる印象です。店内には、イートインスペースもあるので、落ち着いて食べることもできますよ。抹茶や煎茶以外にも、ほうじ茶スイーツやお菓子など色々なスイーツが充実しています。抹茶好きな方は、究極の“濃厚体験”をぜひ味わってみて♪

(編集S)

address:東京都台東区浅草3‐4‐3

関連キーワード

フード 新着一覧


ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...