チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)

コクハク編集部
更新日:2021-10-09 06:00
投稿日:2021-10-09 06:00
TikTokでバズり中♪(C)コクハク
TikTokでバズり中♪ (C)コクハク

 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコール度数13度とハードル高め。ドラマの俳優さんたちは、水を飲むように飲んでいるけれど、ガンガン飲むにはちょっと抵抗ありますよね! でも飲みたい!! そこで、TikTokで大流行中の「チャミスルティー」にチャレンジしてみました。

チャミスルティーの作り方

チャミスル6:午後ティー4(C)コクハク
チャミスル6:午後ティー4 (C)コクハク

■材料
・チャミスルマスカット
・午後の紅茶
・氷

■作り方
 グラスに氷をたっぷりと入れ、「チャミスル6:午後ティー4」で割る。
 チャミスルが苦手な人は反対の比率、午後ティー多めで試してみてください!

他の味も試してみた!

フレーバータイプは女性人気を獲得しているだけあってどれもおいしい(C)コクハク
フレーバータイプは女性人気を獲得しているだけあってどれもおいしい (C)コクハク

 マスカット味がTikTokを席巻しています。けれどチャミスルは、味のラインアップが充実しています。そこで気になっていた、すもも味とグレープフルーツ味でも飲み比べてみました(新発売のストロベリー味は発見できなかったので、悪しからず)!

 飲みやすい順は、マスカット味>グレープフルーツ味>すもも味。

 マスカット味はほぼ酸味がないので、お酒というよりもジュースっぽい感覚で飲めます。これがTikTokで支持されている理由なのかな? と思いました。

 グレープフルーツ味もおいしくてビックリ! 酸味と甘みのバランスがよかったです。すもも味は酸味がしっかりと感じられ、爽やかな味わいでした。

 ほかの味でも、おいしくないということではないので、お好みの味で割ることをオススメします! 筆者はグレープフルーツ味が一番おいしかったです。

まとめ

アルコール度数13度で苦戦していた人に朗報!(C)コクハク
アルコール度数13度で苦戦していた人に朗報! (C)コクハク

 香りがよく、スッキリとしたフルーツティーのようなテイストが楽しめます! チャミスルはキンキンに冷やすとよりおいしいので、氷を忘れないようにしてくださいね♪

 いつもは苦戦していたチャミスルがかなり飲みやすくなって、TikTokでバズっている理由が分かりました。簡単に酔えるからって、飲みすぎには注意ですよ!

(編集S)

フード 新着一覧


プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
今が旬! ぶどう4種を食べ比べ 2021.9.29(水)
 信州の知り合いから、ぶどうをいただいたので食べ比べてみました。一度に一房を平らげてしまうほどのぶどう好きの筆者。こんな...
「鶏そぼろ豆腐」プロの仕上がりに少しでも近づける技とは?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の人気焼き鳥店「鳥田中」の田中惣一...