韓国おやつ「ホットク」作ってみた! 2022.2.5(土)

コクハク編集部
更新日:2022-02-05 06:00
投稿日:2022-02-05 06:00
 最近の韓国グルメといえば、チーズハットクやトゥンカロンが話題ですが、「ホットク」も根強い人気があるのを知っていますか?

韓国の定番おやつ「ホットク」

韓国では子どもも大人も食べるポピュラーなおやつ(C)コクハク
韓国では子どもも大人も食べるポピュラーなおやつ (C)コクハク

「ホットク」とは、甘くて香ばしい韓国の定番おやつ。もちもちの生地の中に、トロっとしたシナモンソースとハチミツ、砕いたピーナッツがたっぷりと入っています。今回は、新大久保の屋台の味を、お家で再現していきたいと思います!

お家で簡単に作れる!

CJジャパン「もち米ホットックミックス(270g)」税込321円(C)コクハク
CJジャパン「もち米ホットックミックス(270g)」税込321円 (C)コクハク

 家庭でできるホットクのもとを使います。生地を発酵させる時間がいらないので、初心者でもチャレンジしやすいホットクミックス粉です。

ホットクミックス+ぬるま湯を用意

お家にぬるま湯さえあれば作れる!(C)コクハク
お家にぬるま湯さえあれば作れる! (C)コクハク

 まず始めに、ぬるま湯120ml、ヘラ、ドライイースト(付属)、ボールを用意しましょう。ぬるま湯は、お風呂と同じくらいの温度(40℃~45℃)のイメージです。

しっかり、まぜまぜ(C)コクハク
しっかり、まぜまぜ (C)コクハク

 ぬるま湯にイーストを入れて、ヘラでよく混ぜ合わせます。

イーストがしっかり溶け込むと乳白色になりました(C)コクハク
イーストがしっかり溶け込むと乳白色になりました (C)コクハク

 イーストが溶けきったら、ミックス粉を入れて混ぜ合わせます。ヘラ、もしくは手でやさしく5~10分ほどこねてください。

もっちりとした生地(C)コクハク
もっちりとした生地 (C)コクハク

 5分ぐらいで、このように生地がまとまってきます! 

サラダ油はオリーブオイルでも代用可(C)コクハク
サラダ油はオリーブオイルでも代用可 (C)コクハク

 手に薄くサラダ油を塗り、生地を5等分にします。ザックリと丸めればOK。

ホットクシュガー(小さじ2)を入れる(C)コクハク
ホットクシュガー(小さじ2)を入れる (C)コクハク

 生地を平らに伸ばします。直径10cmぐらい、厚さは1cm弱が目安です。伸ばした生地の中央に、ホットクシュガー(小さじ2)をのせてください。
 
 ホットクシュガーの量は、お好みで調節してOK。ホットクシュガー(小さじ1)+とろけるチーズを入れてもおいしくなります。ちなみに新大久保の屋台で売っている味は、ハチミツチーズホットクが人気です。

具材は入れすぎ注意(C)コクハク
具材は入れすぎ注意 (C)コクハク

 お好みの具材を入れたら、ホットクシュガーがこぼれないように包み込みます。生地が柔らかく、破れやすいので注意してください。

一気に焼けるので、楽チン♪(C)コクハク
一気に焼けるので、楽チン♪ (C)コクハク

 フライパンで焼けますが、温度調節が難しいので、今回はホットプレートで焼いていきます。新大久保の屋台では、大きな鉄板で焼いているイメージですよね♪

 温めたホットプレートに、油をひき、生地の閉じ目を下にして並べます。フライ返しでプレスしながら、平らに焼きます。弱火(140℃)できつね色になるまで焼いたら裏返します。

しっかりプレス!(C)コクハク
しっかりプレス! (C)コクハク

 押しながら焼くので、しっかりと焼き目をつけて大丈夫です。焦げないように気を付けてください。裏面を1~2分焼いて裏返し、押しながらさらに1~2分焼いたら完成です。

 焼き色が着いた部分が、カリカリとした食感になります。

まとめ

焼き上がったホットク(C)コクハク
焼き上がったホットク (C)コクハク

 学生時代、新大久保で遊ぶことが多かった筆者。友人と辛い韓国料理を食べたあとに、屋台でホットクを食べるのがルーティンでした。懐かしい味は、ときどき無性に食べたくなるときがありますよね。

 ホットクは、日本のおやきに似ているんじゃないかと思います。作りなれてきたら、あんこ&チーズや、キムチ&チーズなどを入れてアレンジを楽しんでみるのもアリですね♪

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...