男子の「支えたい」を刺激する ダメ恋愛エピソードの伝え方

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-03-20 06:00
投稿日:2019-03-20 06:00

強烈な不幸エピソードは必要なし

「支えたい願望」を持つ男子は多い(写真:iStock)
「支えたい願望」を持つ男子は多い (写真:iStock)

 あなたの周りにもいませんか?「不幸な女子が好き」という男子。

 ものすごく貧しかったり、不治の病に冒されたヒロインを支えるイケメン男子は、少女漫画でもテンプレ的存在ですよね。

 彼らは誰かを支えることで自分の存在意義を実感し、「この子には俺が必要だし、俺にもこの子が必要だ」と共依存のような恋愛感情になりがちです。

 実は、こうした男子の「支えたいスイッチ」を刺激するのに、強烈な不幸エピソードは必要ありません。ちょっとしたダメ恋愛エピソードがあればいいのです。

 今回は「俺は君を支えたい!」と思わせる過去のダメ恋愛エピソードの戦略的な伝え方について解説させていただきます。

「支えたいスイッチ」が入りやすい男子とは?

努力してコンプレックスを克服(写真:iStock)
努力してコンプレックスを克服 (写真:iStock)

 この「支えたいスイッチ」ですが、そもそもすべての男性に備わっているわけではありません。自己愛に溢れたタイプや上から目線の男子が持ち合わせているケースは少ないでしょう。

 このスイッチを持つ傾向が強いのは、スバリ、「コンプレックスがありながらもハイスペック」な男子です。

 というのも、彼らは多感な幼少期や青春時代にいじめられたり、何か深い悩みを抱えていたりと、自分の弱い部分を認識しています。そして、その弱さを克服するため、必死に勉強したり、仕事で成果を出したりといった努力を通じて、ハイスペックを勝ち得たわけです。

 そのため、「自分が頑張れば物事は良くなる」というポジティブな思考パターンをしており、「不幸」な女子に遭遇した時に「自分なら問題を解決できる」という考え方をする傾向にあります。

いきなりダメ恋愛エピソードを語るのはNG

鉄板は「彼氏の浮気」トーク(写真:iStock)
鉄板は「彼氏の浮気」トーク (写真:iStock)

 さて、こうした男子の「支えたいスイッチ」を刺激するにはどうしたらいいのでしょう。

 最初からメインディッシュである“ダメ恋愛エピソード”を語り出してはいけません。恋愛トークにもオードブルがあります。

 まずは相手のコンプレックスにまつわる話を引き出し、共感すること。その後、自分のダメ恋愛エピソードを披露するのです。これが、最も成功率の高まる会話の流れと言えるでしょう。

 そして、ダメ恋愛エピソードの鉄板といえば、やっぱり「彼氏の浮気」なのです。

ダメ恋愛エピソードはどのように話す?

「けなげさ」アピールが有効(写真:iStock)
「けなげさ」アピールが有効 (写真:iStock)

 ここで少女漫画やドラマに出てくる不幸なヒロインの特徴を思い描いてみましょう。

 共通する特徴は、

・不幸でもけなげで一生懸命
・他人の悪口を言わない
・笑顔が似合う

 すなわち、元カレがどれだけクズ男であったとしても、決して悪口を言ってはいけません。

 伝え方の一例を挙げましょう。

「浮気されて私、結構傷ついたんだよね。でも、私にも悪いところがあったから浮気されたのだと思うし、自分も変わらなきゃって思ったよ」

 こんな風に言っておけば、不幸でもけなげに頑張れる子なんだなと、あなたへの好感度は一気に上昇すること間違いなし。

 極めつけに、飛びっきりの笑顔を添えてあげましょう。

まとめ

 たとえ過去のダメな恋愛エピソードであっても、男性の「支えたいスイッチ」を入れるために効果的に活用することが可能です。

 過去の恋愛はうまくリサイクルして、ぜひ次の恋愛に活かしましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ