男子の「支えたい」を刺激する ダメ恋愛エピソードの伝え方

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-03-20 06:00
投稿日:2019-03-20 06:00

強烈な不幸エピソードは必要なし

「支えたい願望」を持つ男子は多い(写真:iStock)
「支えたい願望」を持つ男子は多い (写真:iStock)

 あなたの周りにもいませんか?「不幸な女子が好き」という男子。

 ものすごく貧しかったり、不治の病に冒されたヒロインを支えるイケメン男子は、少女漫画でもテンプレ的存在ですよね。

 彼らは誰かを支えることで自分の存在意義を実感し、「この子には俺が必要だし、俺にもこの子が必要だ」と共依存のような恋愛感情になりがちです。

 実は、こうした男子の「支えたいスイッチ」を刺激するのに、強烈な不幸エピソードは必要ありません。ちょっとしたダメ恋愛エピソードがあればいいのです。

 今回は「俺は君を支えたい!」と思わせる過去のダメ恋愛エピソードの戦略的な伝え方について解説させていただきます。

「支えたいスイッチ」が入りやすい男子とは?

努力してコンプレックスを克服(写真:iStock)
努力してコンプレックスを克服 (写真:iStock)

 この「支えたいスイッチ」ですが、そもそもすべての男性に備わっているわけではありません。自己愛に溢れたタイプや上から目線の男子が持ち合わせているケースは少ないでしょう。

 このスイッチを持つ傾向が強いのは、スバリ、「コンプレックスがありながらもハイスペック」な男子です。

 というのも、彼らは多感な幼少期や青春時代にいじめられたり、何か深い悩みを抱えていたりと、自分の弱い部分を認識しています。そして、その弱さを克服するため、必死に勉強したり、仕事で成果を出したりといった努力を通じて、ハイスペックを勝ち得たわけです。

 そのため、「自分が頑張れば物事は良くなる」というポジティブな思考パターンをしており、「不幸」な女子に遭遇した時に「自分なら問題を解決できる」という考え方をする傾向にあります。

いきなりダメ恋愛エピソードを語るのはNG

鉄板は「彼氏の浮気」トーク(写真:iStock)
鉄板は「彼氏の浮気」トーク (写真:iStock)

 さて、こうした男子の「支えたいスイッチ」を刺激するにはどうしたらいいのでしょう。

 最初からメインディッシュである“ダメ恋愛エピソード”を語り出してはいけません。恋愛トークにもオードブルがあります。

 まずは相手のコンプレックスにまつわる話を引き出し、共感すること。その後、自分のダメ恋愛エピソードを披露するのです。これが、最も成功率の高まる会話の流れと言えるでしょう。

 そして、ダメ恋愛エピソードの鉄板といえば、やっぱり「彼氏の浮気」なのです。

ダメ恋愛エピソードはどのように話す?

「けなげさ」アピールが有効(写真:iStock)
「けなげさ」アピールが有効 (写真:iStock)

 ここで少女漫画やドラマに出てくる不幸なヒロインの特徴を思い描いてみましょう。

 共通する特徴は、

・不幸でもけなげで一生懸命
・他人の悪口を言わない
・笑顔が似合う

 すなわち、元カレがどれだけクズ男であったとしても、決して悪口を言ってはいけません。

 伝え方の一例を挙げましょう。

「浮気されて私、結構傷ついたんだよね。でも、私にも悪いところがあったから浮気されたのだと思うし、自分も変わらなきゃって思ったよ」

 こんな風に言っておけば、不幸でもけなげに頑張れる子なんだなと、あなたへの好感度は一気に上昇すること間違いなし。

 極めつけに、飛びっきりの笑顔を添えてあげましょう。

まとめ

 たとえ過去のダメな恋愛エピソードであっても、男性の「支えたいスイッチ」を入れるために効果的に活用することが可能です。

 過去の恋愛はうまくリサイクルして、ぜひ次の恋愛に活かしましょう。

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
X

ラブ 新着一覧


夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ