“未練の呪縛”を解く!忘れられない人への未練を断ち切る方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-03-17 06:00
投稿日:2022-03-17 06:00
 昔、好きだったあの人が忘れられない……。そんな恋愛経験がある女性は多いようです。でもそれって、今の恋愛と比較してしまうからこそ、つらいんですよね。そこで今回は、未練が残ってしまった理由と、次の恋に向けての乗り越え方をご紹介します!

あの人を一生忘れられない…未練が残る4つの理由

忘れられない人がいる(写真:iStock)
忘れられない人がいる (写真:iStock)

 まずは、いつまで経っても思いを断ち切れず、未練が残ってしまう理由からチェックしていきましょう!

1. 片思いのまま終わってしまったから

 長い間片思いをしていると、両思いでいるよりも一方的に想像がどんどん膨らんでしまうため、思いを強く募らせてしまう場合があります。

 片思いのままで相手に思いを伝えられずに終わった場合や、振られてしまった場合も気持ちの行き場がなくなり、未練として残ってしまいやすいようです。

2. 人として尊敬できる憧れの人だったから

 恋愛対象としてだけでなく、人として尊敬できる憧れの相手にも未練は残りやすいでしょう。

 恋愛という形で出会ったがために別れてしまったけれど、恋愛関係でなければずっと一緒にいられたかも……そう感じてしまうのかもしれませんね。

3. 一緒にいた時間が一番幸せだったから

 一緒にいる時間がとても幸せで、いつでも自分らしくいられる相手だった場合、その後、新しい恋愛をするたびにその相手と比較してしまうケースがあります。

「彼といたほうが自分らしくいられた」「もっと幸せだった」と思い出し続けて、どんどん記憶にすり込まれ、忘れられない人として心に残ってしまいます。

4. 別れ方に納得できていないから

 お互い好き同士で付き合っていたのに、たとえば仕事で海外に転勤になったり、両親に反対されたりなど、やむを得ず別れてしまった場合も、思いが残ってしまいがち。

「あの出来事さえなければ」と、過去に執着して後悔が残り、忘れられなくなります。

一生忘れられない人を乗り越えて新しい恋に進む方法

とことん自分の気持ちと向き合う(写真:iStock)
とことん自分の気持ちと向き合う (写真:iStock)

 一生忘れられない人がいると、新しい恋へとなかなか進めないもの。そんな状態で、新しく好きな人を作るにはどうすれば良いのでしょうか。

とことん気持ちを味わって自分を慰めてみる

 忘れられない人への強い思いを、ノートや紙にすべて正直に書き出すことで“感じきって”みましょう。「ずっと一緒にいたかった」「好きだった」「さみしかった」など、いろいろな思いが出てくるはずです。

 そしてそのあとに、「そうだね、つらかったね」と自分で自分を慰めてみましょう。

 感情はたくさん感じると、自然と消化できるようになっているそうです。気持ちがスッキリするまで、とことん自分の感情を受け止めてあげてください。

「こうじゃなきゃだめ」を手放してみる

「この人じゃないとだめ」「あの人と同じくらい相性が合わないとだめ」など、恋愛の条件を決めてしまうのは、いわゆる「執着」というものでしょう。でも、幸せは外側の条件ではなく、自分の内側にしかありません。

 恋愛の条件を外側に求めていると、どんどんつらくなってしまいます。今の彼や未来の恋愛も、あなたがどんな面にフォーカスするかどうかだけで、幸せな恋愛に変えられるかもしれません。

忘れられない人がいるなら「捉え方次第」で過去は変えられる

新しい恋に向けて…(写真:iStock)
新しい恋に向けて… (写真:iStock)

 彼への強い思いが残っている場所は、過去ではなく、あなたの胸の中にあります。消化しきれなかった思いをたくさん感じて慰め、解放してあげてください。

 そうすれば、やがて執着心から自由になり、新しい捉え方ができるようになるはず。ぜひ、新しい恋に向けて、一歩踏み出してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ