爪研ぎしちゃうぞにゃん♡ 恋愛黒歴史LINE5選、即削除したい

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-03-06 06:00
投稿日:2022-03-06 06:00
 誰にでも記憶から消し去りたい黒歴史があるものです。特に、恋愛に関することだと感情が高ぶってしまうこともあり、一段と恥ずかしい黒歴史を作りがち……(笑)。そこで今回は、みんなが今すぐ消したい恋愛黒歴史LINEを5つご紹介します。

今すぐ消し去りたい…恋愛黒歴史LINE5選

1. にゃんにゃん言葉で甘えまくり

 こちらの女性が消し去りたい恋愛黒歴史は、大好きな付き合いたての彼氏に“にゃんにゃん言葉”を使ってしまったことだそう。どちらかというと過去の彼氏との付き合いでは、お互いにこういった言葉を使って甘え合う関係が多かったので今回もそうしたところ、「俺、そういうタイプ苦手なんだよね」と言われて、撃沈。

 相手の特徴や性格を知ってから、少しずつ小出しにしたほうが良かったかもしれませんね! こういうのって、2人で楽しんでこそ意味のあるもの。1人だけだと、こんなに悲惨な空気になってしまうんですね(笑)。

2. 忙しい浮気相手に送ったポエム

 こちらの女性は、当時、彼氏と付き合いながら、月に1度ほどしか会えない多忙な浮気相手との関係を続けていたそう。そんな困難な恋愛に完全に酔いしれていたようで、「彼に抱かれながらあなたのことを考えているの」という、恥ずかしいポエムを送ってしまいました。

 さらに、「バカって言って……」「ただただ……愛してる……」など、なんとも昭和の空気感漂う悲劇の女になりきっていますね。読んでいるだけでも恥ずかしくなる黒歴史でした。

3. 会話の中でSNSを見てることがバレて…

 こちらの女性は、当時片思いしていた男性のことが大好きすぎて、こっそり彼のSNSを遡って投稿を見ることを楽しみにしていました。

 ある日、思い切ってLINEを送って近況を聞いてみたところ、「バイトしてお金を貯めながら、スノボをしてる」という反応が。舞い上がった女性は、つい「10歳の時にスノボの大会に出てたもんね!」と即座に返信。

 しかし、その男性は「Facebookにしか載せていないのになんで知ってるの!?」と一言。Facebookを盗み見ていたことを気づかれてしまい、恥ずかしさで消えたくなったそうです。

4. エイプリルフールに恥ずかしい告白

 毎日好きな男性のことを考え続けて、妄想しまくっていたこちらの女性。でも、妄想を繰り返していると、だんだん感情が高ぶって冷静な判断ができなくなることってありますよね……。

 その結果、女性は相手のLINEを勝手に入手し、エイプリルフールに一方的に告白するという大胆な行動に出たそうです。それに対して彼は、「嘘? 本当? よくわからないけど、返答に困るわ」と、困惑した様子。この黒歴史は、墓場まで持っていきたいですね。

5. 嫉妬心からのLINEでネットストーカー認定

 こちらは、ちょっと怖い黒歴史LINE。こちらの女性は好きな男性のことをずっとネット上で追いかけ続けて、ログイン時間をメモったり、訪れた場所をチェックしたりと、ストーカーまがいの行動をしていたそうです。とはいえ、相手に迷惑をかけているわけではないし、一人で楽しむぶんには……と、リサーチを続けていました。

 でも、ある女性の存在が気になり出し、「もしかして今一緒にいるんじゃ?」「付き合ってる?」と、どんどん嫉妬心が膨らみ、送ってしまったのがこちらのLINE。案の定、怖がられてブロックされ、恋が終わってしまいました。

 思い出したくもない過去の誤ち……この記事と一緒に成仏してもらいましょう!

恋愛の黒歴史LINEは誰にでもある! 笑って話せる日を待とう!

 この記事を読んでいるあなたには、恋愛黒歴史がありますか? 記憶から葬り去っていたけれど、もしかしたらこの機会に突然思い出した人もいるかもしれません。

 でも、時間が経てば、こんなふうにネタにも笑い話になるはず! そして、その失敗はきっと今の恋愛にも活きているはずです♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ