「俺は関係ない」嫁姑問題を女性同士のイザコザと軽んじる夫

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-03-12 06:00
投稿日:2022-03-12 06:00
冷酷と激情のあいだvol.81〜女性編〜」では、感情の波が激しい義母の存在に悩む美恵子さん(仮名・43歳女性)が、夫であるコウイチさん(仮名・50歳男性)に理解を得られず苦労している話をお届けしました。
 では、夫であるコウイチさんは妻と母親との関係について、どう捉えているのでしょうか。

仲が悪くなってるのは知っているけど

俺がどうにかしなきゃいけないの?(写真:iStock)
俺がどうにかしなきゃいけないの? (写真:iStock)

「どうもこうもないですよ。女性同士のイザコザに俺を巻き込まないでもらいたいっていうのが本音です。

 俺は男なので、女性の心理とか気持ちとかはわかりません。妻とオフクロのあいだに何があったのかは知りませんけど、関係がよくないことは見ていてわかります。

 だけど、それを俺にどうにかしろっていうのは、違うと思うんですよ」

 今の妻と結婚して3年が経ち、隣に暮らす実母と妻との関係が新婚当初に比べると、格段に悪くなっていることは認めているコウイチさん。しかし、妻と実母とのあいだに入って関係を調整する気は全くないと断言します。

お互い似た者同士だからじゃないの?

妻と喧嘩したくないから黙ってる(写真:iStock)
妻と喧嘩したくないから黙ってる (写真:iStock)

「オフクロは気が強いところがあるけれど、性根が悪い人間ではないはずです。美恵子も美恵子で気が強いので、似たもの同士みたいなところがあって、だから反発しているんじゃないの? って気がしますね。

 女同士って、いろいろあるって昔から聞くじゃないですか。まさにウチは、それだと思います。

 まぁ、前妻もオフクロとは仲が悪かったので、オフクロにも問題があることはあるんでしょうけどね。でも、だから俺があいだに入ってなんとかするって言うのは、やっぱり違うと思うんですよ。

 だって2人ともいい大人だし、俺は関係ないですから」

 コウイチさんは、嫁姑問題が存在することはわかってはいるけれど、自分とは無関係だと考えているとのこと。その理由として「他人同士がそもそも仲良くなれるわけないんだから、それぞれがお互いにうまくやってくれよ」と思っているのだそうです。

「最近では、家にいると必ず、美恵子からオフクロへの恨み節を聞かされて、俺も疲れてきています。自分の母親の悪口を言われているのを黙って聞いているのって、けっこうしんどいですよ。妻と喧嘩になるのは面倒なので、黙って聞いていますけどね」

2人とも俺の立場を考えてほしい

介護になったらどうするつもり?(写真:iStock)
介護になったらどうするつもり? (写真:iStock)

 コウイチさんはコウイチさんで、妻である美恵子さんの態度や振る舞いに不満があり「だけどそれをいちいち口に出して文句は言っていないんだから、妻ももう少し“自分の中で収める”ということをやってもらいたい」と考えています。

「美恵子も、40代のいい大人です。40や50になってまで、オフクロの問題でガタガタしているなんて、恥ずかしい話ですよね。

 今後は介護の話なんかも出てくるだろうから、いがみ合っていないで仲良くやってくれればいいのに、なんでそれができないんですかね?

 女性同士っていうのは、なんでこじれると仲良くできないんですかね?

 妻もオフクロも、もうちょっと俺の立場を考えて、表向きは仲良くしてくれてもいいんじゃないのって思っちゃいますよね」

  ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ