もう限界!気性が荒い姑と無責任な夫の間で疲弊する妻の叫び

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-03-12 06:00
投稿日:2022-03-12 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷”“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。

攻撃的な義母にヘトヘト

何かにつけて責め立ててくる(写真:iStock)
何かにつけて責め立ててくる (写真:iStock)

 美恵子さん(仮名・43歳女性)は、今の夫であるコウイチさん(仮名・50歳男性)と再婚して3年目。今の夫とも前夫とのあいだにも子どもはいません。そして今の夫も再婚で、前妻とのあいだに2人の子どもがいます。

 義母とは隣同士に住んでいて、義父はすでに他界しているせいか、義母が美恵子さんの生活に関心が強いことに疲れ果てているそう……。

「新婚当初はそうでもなかったんですけど、結婚して半年くらい経った頃から、義母の感情に振り回されるようになりました。

 義母は年齢的に更年期とかではないはずなのですが、とにかく感情の波が激しい人で、昨日言ったことと今日言うことが違うなんてことは日常茶飯事。それだけじゃなく、やたら私に対して攻撃的な口調で、何かにつけて責め立てるので、毎日本当に疲れるんです」

義母の家とはドア1枚の距離

また来た…(写真:iStock)
また来た… (写真:iStock)

 義母が美恵子さんに文句を言ってくる内容は、“本当に些細なこと”。例えば、LINEを返信するタイミングが遅いとか、隣に住んでいるのになぜ毎朝顔を見に来ないのか、などと罵られるそうです。

「時間が経つにつれて、だんだんと意地の悪さがエスカレートしている感じです。最近では、私に文句を言うために、アラ探しをしている雰囲気すら感じます。家事や料理に対してだけでなく、ついには私の外見にまで文句を言うようになりましたから。

 私は穏やかな生活を好むので、そんな義母の相手をするだけで疲れ果ててしまって……。でも、隣に住んでいるので、何かにつけてすぐ我が家に来ますし、義母の家とウチはドア1枚で繋がっているので、いつでも来ることができてしまうのが問題です」

 困り果てた美恵子さんは、夫に相談。しかし夫は「君とオフクロの問題だろう。巻き込まないでくれ」と他人事で、まったく頼りにならない状態です。

約束を守らない夫にもイライラ

このままじゃ離婚も…(写真:iStock)
このままじゃ離婚も… (写真:iStock)

「そもそも私は、義母との近居は嫌だったんです。だけど夫が家を建ててしまった後だし、どうしてもと言うので、仕方なく今の家で新婚生活をスタートしました。

 義母が隣にいるという環境には、最初から嫌な予感しかしなかったので、結婚するときには夫に『義母と円満な関係を築けるよう、コウイチさんも努力をしてもらうこと』、『義母と問題が生じたときには妻の味方をすること』と約束をして結婚しました。それなのに、いざ問題が起きたら知らん顔というのは、あまりにも無責任すぎませんか?」

 義母が高齢になっていることもあり、このままの状態で介護生活に突入することも視野に入れている美恵子さん。「とてもじゃないけれど、義母を介護する気になんて、なれない」とため息をつきます。

 子どもがいないこともあり、今の状況で夫と生活を続けていく自信もなくしつつある美恵子さんは「場合によっては、離婚という選択肢も考えています」と口にします。

 では、夫はなぜここまで深刻化している義母と妻との問題に無関心なのでしょうか。夫の言い分は次回に続きます。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「不倫の第一歩」突然の雨、幼稚園、職場…当事者たちが振り返る瞬間5つ
 いけない恋愛だと分かっていながらも不倫に足を踏み入れてしまう男女。そもそもの出会いやきっかけはなんなのでしょうか? 不...
恋バナ調査隊 2024-03-04 06:00 ラブ
彼の“最初で最後の女”になれる♡ 結婚相手に「童貞クン」を選ぶメリット
 彼氏が童貞だと知ったらあなたはどう思いますか?「女性に慣れていないから不安」「今までの反動で結婚してから浮気しそう」な...
恋バナ調査隊 2024-03-02 06:00 ラブ
「良好だけど円満ではない」冷え切っていても妻を抱く48歳男の虚無感
「冷酷と激情のあいだvol.184〜女性編〜」では、結婚8年目を迎えた夫が「40代の女性は性欲が旺盛」と思い込んでいるこ...
並木まき 2024-03-02 06:00 ラブ
私は家政婦兼風俗嬢?「40女は性欲旺盛」を信じる夫に疲れた43歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-03-02 06:00 ラブ
なぜ妻が妊娠中に女遊びしたの? サイテーな夫たちの言い訳と末路
 妻の妊娠中に女遊びをする男性は多い模様。妻としては「一番大変な時期にどういうつもり?」と怒りたくなるでしょう。  身...
恋バナ調査隊 2024-03-02 06:00 ラブ
電車同様、彼氏の乗り換えにもコツが必要!?  男女の“つら修羅場”回避術
 彼氏がいながらも、他に好きな人ができる場合もあるでしょう。今回はそんなときの“彼氏を乗り換えるコツ”をご紹介。 電車の...
恋バナ調査隊 2024-03-01 06:00 ラブ
体の相性が良すぎるって何で判断するの? 運命の相手を感じた男女の話
「体の相性がめちゃくちゃいい!」なんて声をたまに耳にしますが、なにをもって「相性が良い」と感じるのか疑問を抱いている人も...
恋バナ調査隊 2024-03-01 06:00 ラブ
春のアプリデビューで幸せを掴む人、掴めない人に3つの違い
 すっかり世の中に浸透した感のあるマッチングアプリ。もうすぐ春なので、マッチングアプリデビューする人も少なくありません。...
内藤みか 2024-02-29 06:00 ラブ
既婚者合コンの怖~い話 行かなきゃ良かったを回避するためにすべきこと
 すでに結婚している男女が交流する“既婚者合コン”に興味がある人もいるのではないでしょうか? 「友達がほしい」「社会と...
恋バナ調査隊 2024-02-29 06:00 ラブ
婚活は「同時進行」が当たり前 運命の出会いに制限かける必要はない!
 あなたはどんな婚活の仕方をしていますか? 「彼がダメだったら次の出会いを探そう」と、1人ずつに丁寧に向き合っている人も...
恋バナ調査隊 2024-02-29 06:00 ラブ
夫の無題外泊=浮気とは限らないらしいけど、その言い分信じていいの?
 夫が無断外泊したら「女と遊んでるんだ」と浮気を疑ってしまいますよね。ですが、必ずしも浮気とは限らないようです。  事...
恋バナ調査隊 2024-02-28 06:00 ラブ
男女カップルに聞いた! 自宅のお風呂に一緒に入るのはアリorナシ?
 あなたは彼氏と一緒にお風呂に入りますか? 恥ずかしさから抵抗がある人もいれば、一緒に入ることが当たり前になっている人も...
恋バナ調査隊 2024-02-28 06:00 ラブ
お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ