もう限界!気性が荒い姑と無責任な夫の間で疲弊する妻の叫び

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-03-12 06:00
投稿日:2022-03-12 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷”“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。

攻撃的な義母にヘトヘト

何かにつけて責め立ててくる(写真:iStock)
何かにつけて責め立ててくる (写真:iStock)

 美恵子さん(仮名・43歳女性)は、今の夫であるコウイチさん(仮名・50歳男性)と再婚して3年目。今の夫とも前夫とのあいだにも子どもはいません。そして今の夫も再婚で、前妻とのあいだに2人の子どもがいます。

 義母とは隣同士に住んでいて、義父はすでに他界しているせいか、義母が美恵子さんの生活に関心が強いことに疲れ果てているそう……。

「新婚当初はそうでもなかったんですけど、結婚して半年くらい経った頃から、義母の感情に振り回されるようになりました。

 義母は年齢的に更年期とかではないはずなのですが、とにかく感情の波が激しい人で、昨日言ったことと今日言うことが違うなんてことは日常茶飯事。それだけじゃなく、やたら私に対して攻撃的な口調で、何かにつけて責め立てるので、毎日本当に疲れるんです」

義母の家とはドア1枚の距離

また来た…(写真:iStock)
また来た… (写真:iStock)

 義母が美恵子さんに文句を言ってくる内容は、“本当に些細なこと”。例えば、LINEを返信するタイミングが遅いとか、隣に住んでいるのになぜ毎朝顔を見に来ないのか、などと罵られるそうです。

「時間が経つにつれて、だんだんと意地の悪さがエスカレートしている感じです。最近では、私に文句を言うために、アラ探しをしている雰囲気すら感じます。家事や料理に対してだけでなく、ついには私の外見にまで文句を言うようになりましたから。

 私は穏やかな生活を好むので、そんな義母の相手をするだけで疲れ果ててしまって……。でも、隣に住んでいるので、何かにつけてすぐ我が家に来ますし、義母の家とウチはドア1枚で繋がっているので、いつでも来ることができてしまうのが問題です」

 困り果てた美恵子さんは、夫に相談。しかし夫は「君とオフクロの問題だろう。巻き込まないでくれ」と他人事で、まったく頼りにならない状態です。

約束を守らない夫にもイライラ

このままじゃ離婚も…(写真:iStock)
このままじゃ離婚も… (写真:iStock)

「そもそも私は、義母との近居は嫌だったんです。だけど夫が家を建ててしまった後だし、どうしてもと言うので、仕方なく今の家で新婚生活をスタートしました。

 義母が隣にいるという環境には、最初から嫌な予感しかしなかったので、結婚するときには夫に『義母と円満な関係を築けるよう、コウイチさんも努力をしてもらうこと』、『義母と問題が生じたときには妻の味方をすること』と約束をして結婚しました。それなのに、いざ問題が起きたら知らん顔というのは、あまりにも無責任すぎませんか?」

 義母が高齢になっていることもあり、このままの状態で介護生活に突入することも視野に入れている美恵子さん。「とてもじゃないけれど、義母を介護する気になんて、なれない」とため息をつきます。

 子どもがいないこともあり、今の状況で夫と生活を続けていく自信もなくしつつある美恵子さんは「場合によっては、離婚という選択肢も考えています」と口にします。

 では、夫はなぜここまで深刻化している義母と妻との問題に無関心なのでしょうか。夫の言い分は次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ