夫は激怒…鬼嫁が放った姑にまつわるアンビリバボー語録3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-04 06:00
投稿日:2019-04-04 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる妻たちは、夫や親族に対してアンビリバボーな発言を浴びせる人も少なくありません。一般的には、妻が気を使う相手である“姑”にまつわる会話でも、驚くような罵りかたをする人もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁の発言を3選ご紹介します。

1:「お義母さんくるのはいいけど、ウチには絶対に入れないでね」

鬼嫁になってない?(写真:iStock)
鬼嫁になってない? (写真:iStock)

「元妻は、結婚と同時に鬼嫁に豹変。

 それまでは、まぁ普通の人だと思っていたのに、とんだ誤算でした。

 田舎に住んでいる母が上京するたびに、家に入れるのも許してくれず、俺はほとほと困ってましたね…。

 毎度、母が来ると伝えるたびに『お義母さんが東京にくるのは勝手だけど、ウチには入れないでね』と釘をさされる始末。

 一度、なぜ家に入れるのをそんなに嫌がるのかを聞いたら『他人だから』と返ってきました。

 そういう意味では、ぶっちゃけ俺だって妻とは他人だし、めちゃくちゃな理屈を押し通そうとする姿勢に、本気でウンザリでした」(42歳男性/情報通信)

 ◇  ◇  ◇
 
 パーソナルなスペースに姑を招き入れることを大歓迎できない妻心も理解できなくはないものの、鬼嫁となると、ここまでズバッと拒絶するようです。

2:「帰ってせいせいした!」

そんな言い方はないだろう(写真:iStock)
そんな言い方はないだろう (写真:iStock)

「元妻が、僕の母親のことをよく思っていなかったのは知っています。

 けれど、大人として最低限の付き合いはしてくれるよう、約束していました。

 ところが、結婚期間が長くなるにつれ、暴言はエスカレート。

 ついには、母が遊びにきて帰ると『あー。せいせいした!』だの『よかったよかった。お祝いしなくちゃ〜』だのって、あからさまに失礼な言葉を発するように。

 自分の母親を、まるで疫病神みたいな言い方をする元妻には、愛情だって冷めましたし、それ以上に、人間性を疑いましたね」(46歳男性/福祉)

 ◇  ◇  ◇

 遊びに来ていた姑が帰るとホッとする妻も決して少なくはないとは思いますが、ここまで過激な喜びかたをされれば、夫は複雑な心情になって当然。

3:「お義母さんのせいで離婚に至りました」

恨みつらみを一方的に(写真:iStock)
恨みつらみを一方的に (写真:iStock)

「元妻と、離婚の話し合いを進めているときの話です。

 結婚期間中、元妻の鬼嫁っぷりに嫌気がさした俺から、別れを切り出しました。

 俺の母親に対しても目に余る行動が多く、さらには毎日のように俺に母親の文句を言ってくるようなところがイヤで…、それも離婚を決意した原因のひとつでした。

 ある日、あれだけ毛嫌いしていた母親に元妻が電話をかけ『あなたのせいで、私が離婚するハメになった』、『あなたさえいなければ、うまくいっていたのに』と、恨みつらみを母親に一方的にぶつけたそうです。

 さらには『だから、あなたから離婚を考え直すよう、息子に言ってくれ』とまで懇願したのだとか。

 はっきり言って、自分都合すぎるし、そんな女だから離婚したいのに、何もわかってないんだな…と呆れました」(45歳男性/保険)

 ◇  ◇  ◇

 鬼嫁は、常に自分中心に世界が動くのも特徴かもしれません。

 離婚協議中にこんなことが起きれば、むしろ離婚することへの罪悪感が薄れ、離婚回避には逆効果な気がします。

不本意な離婚に至っても自業自得(写真:iStock)
不本意な離婚に至っても自業自得 (写真:iStock)

 姑にまつわるアンビリバボーな発言をする鬼嫁には、夫から離婚を突きつけられるタイプも珍しくなさそうです。

 今回話を聞いた3つのケースでは、いずれも男性側から離婚を切り出しているのも特徴的でした。

 こんな鬼嫁なら、不本意な離婚に至っても、自業自得と言えそうですが……。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


縁結び神社は効かないの? 運命の出会いを呼び寄せる方法
 素敵なパートナーとの出会いを求める人に人気なのが「縁結び」ですよね。でも、中には願いを叶えた人が多いという有名な縁結び...
恋バナ調査隊 2023-02-06 06:00 ラブ
結婚を親に反対されてしんどい…認めてもらう5つの方法とNGな行動
 両親に結婚を認めてもらうための通過点である「結婚挨拶」。でも、もしも結婚を親に反対されてしまったらとてもショックですよ...
恋バナ調査隊 2023-02-05 06:00 ラブ
「頭の回転が速くても結婚に向かない女性」恋人の求婚にノーする男の本音
「冷酷と激情のあいだvol.128〜女性編〜」では、交際5カ月を迎えた恋人にプロポーズをするも、YESの返事をもらえずに...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
「私が男なら私と結婚したい」プロポーズ連敗中の40代女の嘆き
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
【最終手段】男性“コロ落ち”!嘘泣きのやり方&バレないコツ
「涙は女の武器」という言葉がありますが、世の中にはこの言葉通り、いざという時に男性の前で嘘泣きを使いこなす小悪魔女性が存...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
雰囲気悪いのは浮気のせいちゃうんかー!不倫男が主張する身勝手な理由
 世の中には、隠れて不倫している男性がごまんと存在します。大人の女性なら「男ってそんなもんだろうな」と、薄々気づいている...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
美人ヨガ講師がレズビアン専用マッチングアプリの沼に… #1
 今や出会いの主軸となったマッチングアプリ。コロナ禍もあって、他人との交流や出会いのひとつとして利用している人は男女問わ...
蒼井凜花 2023-02-03 06:00 ラブ
やめられない浮気は「性格の一部」説!常習犯男性の共通点
 浮気をしない男性も存在しますが、何度も繰り返す男がいるのもまた事実。「男は浮気する生き物」なんて言葉もありますよね。そ...
恋バナ調査隊 2023-02-03 06:00 ラブ
シンママを求める男の事情 前澤友作氏監修アプリは即配信中止に
 先日、実業家・前澤友作氏が監修したシングルマザー限定のマッチングアプリ「coary(コアリー)」がリリースされましたが...
内藤みか 2023-02-02 06:00 ラブ
自分目線はNG!友達から恋愛相談された時のギスギスしない回答法
 女友達から恋愛相談された時、どう答えていいか迷ってしまった経験がある人は多いでしょう。特に40代の大人にもなると、若い...
恋バナ調査隊 2023-02-02 06:00 ラブ
モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ