夫は激怒…鬼嫁が放った姑にまつわるアンビリバボー語録3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-04 06:00
投稿日:2019-04-04 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる妻たちは、夫や親族に対してアンビリバボーな発言を浴びせる人も少なくありません。一般的には、妻が気を使う相手である“姑”にまつわる会話でも、驚くような罵りかたをする人もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁の発言を3選ご紹介します。

1:「お義母さんくるのはいいけど、ウチには絶対に入れないでね」

鬼嫁になってない?(写真:iStock)
鬼嫁になってない? (写真:iStock)

「元妻は、結婚と同時に鬼嫁に豹変。

 それまでは、まぁ普通の人だと思っていたのに、とんだ誤算でした。

 田舎に住んでいる母が上京するたびに、家に入れるのも許してくれず、俺はほとほと困ってましたね…。

 毎度、母が来ると伝えるたびに『お義母さんが東京にくるのは勝手だけど、ウチには入れないでね』と釘をさされる始末。

 一度、なぜ家に入れるのをそんなに嫌がるのかを聞いたら『他人だから』と返ってきました。

 そういう意味では、ぶっちゃけ俺だって妻とは他人だし、めちゃくちゃな理屈を押し通そうとする姿勢に、本気でウンザリでした」(42歳男性/情報通信)

 ◇  ◇  ◇
 
 パーソナルなスペースに姑を招き入れることを大歓迎できない妻心も理解できなくはないものの、鬼嫁となると、ここまでズバッと拒絶するようです。

2:「帰ってせいせいした!」

そんな言い方はないだろう(写真:iStock)
そんな言い方はないだろう (写真:iStock)

「元妻が、僕の母親のことをよく思っていなかったのは知っています。

 けれど、大人として最低限の付き合いはしてくれるよう、約束していました。

 ところが、結婚期間が長くなるにつれ、暴言はエスカレート。

 ついには、母が遊びにきて帰ると『あー。せいせいした!』だの『よかったよかった。お祝いしなくちゃ〜』だのって、あからさまに失礼な言葉を発するように。

 自分の母親を、まるで疫病神みたいな言い方をする元妻には、愛情だって冷めましたし、それ以上に、人間性を疑いましたね」(46歳男性/福祉)

 ◇  ◇  ◇

 遊びに来ていた姑が帰るとホッとする妻も決して少なくはないとは思いますが、ここまで過激な喜びかたをされれば、夫は複雑な心情になって当然。

3:「お義母さんのせいで離婚に至りました」

恨みつらみを一方的に(写真:iStock)
恨みつらみを一方的に (写真:iStock)

「元妻と、離婚の話し合いを進めているときの話です。

 結婚期間中、元妻の鬼嫁っぷりに嫌気がさした俺から、別れを切り出しました。

 俺の母親に対しても目に余る行動が多く、さらには毎日のように俺に母親の文句を言ってくるようなところがイヤで…、それも離婚を決意した原因のひとつでした。

 ある日、あれだけ毛嫌いしていた母親に元妻が電話をかけ『あなたのせいで、私が離婚するハメになった』、『あなたさえいなければ、うまくいっていたのに』と、恨みつらみを母親に一方的にぶつけたそうです。

 さらには『だから、あなたから離婚を考え直すよう、息子に言ってくれ』とまで懇願したのだとか。

 はっきり言って、自分都合すぎるし、そんな女だから離婚したいのに、何もわかってないんだな…と呆れました」(45歳男性/保険)

 ◇  ◇  ◇

 鬼嫁は、常に自分中心に世界が動くのも特徴かもしれません。

 離婚協議中にこんなことが起きれば、むしろ離婚することへの罪悪感が薄れ、離婚回避には逆効果な気がします。

不本意な離婚に至っても自業自得(写真:iStock)
不本意な離婚に至っても自業自得 (写真:iStock)

 姑にまつわるアンビリバボーな発言をする鬼嫁には、夫から離婚を突きつけられるタイプも珍しくなさそうです。

 今回話を聞いた3つのケースでは、いずれも男性側から離婚を切り出しているのも特徴的でした。

 こんな鬼嫁なら、不本意な離婚に至っても、自業自得と言えそうですが……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM