夫は激怒…鬼嫁が放った姑にまつわるアンビリバボー語録3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-04 06:00
投稿日:2019-04-04 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる妻たちは、夫や親族に対してアンビリバボーな発言を浴びせる人も少なくありません。一般的には、妻が気を使う相手である“姑”にまつわる会話でも、驚くような罵りかたをする人もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁の発言を3選ご紹介します。

1:「お義母さんくるのはいいけど、ウチには絶対に入れないでね」

鬼嫁になってない?(写真:iStock)
鬼嫁になってない? (写真:iStock)

「元妻は、結婚と同時に鬼嫁に豹変。

 それまでは、まぁ普通の人だと思っていたのに、とんだ誤算でした。

 田舎に住んでいる母が上京するたびに、家に入れるのも許してくれず、俺はほとほと困ってましたね…。

 毎度、母が来ると伝えるたびに『お義母さんが東京にくるのは勝手だけど、ウチには入れないでね』と釘をさされる始末。

 一度、なぜ家に入れるのをそんなに嫌がるのかを聞いたら『他人だから』と返ってきました。

 そういう意味では、ぶっちゃけ俺だって妻とは他人だし、めちゃくちゃな理屈を押し通そうとする姿勢に、本気でウンザリでした」(42歳男性/情報通信)

 ◇  ◇  ◇
 
 パーソナルなスペースに姑を招き入れることを大歓迎できない妻心も理解できなくはないものの、鬼嫁となると、ここまでズバッと拒絶するようです。

2:「帰ってせいせいした!」

そんな言い方はないだろう(写真:iStock)
そんな言い方はないだろう (写真:iStock)

「元妻が、僕の母親のことをよく思っていなかったのは知っています。

 けれど、大人として最低限の付き合いはしてくれるよう、約束していました。

 ところが、結婚期間が長くなるにつれ、暴言はエスカレート。

 ついには、母が遊びにきて帰ると『あー。せいせいした!』だの『よかったよかった。お祝いしなくちゃ〜』だのって、あからさまに失礼な言葉を発するように。

 自分の母親を、まるで疫病神みたいな言い方をする元妻には、愛情だって冷めましたし、それ以上に、人間性を疑いましたね」(46歳男性/福祉)

 ◇  ◇  ◇

 遊びに来ていた姑が帰るとホッとする妻も決して少なくはないとは思いますが、ここまで過激な喜びかたをされれば、夫は複雑な心情になって当然。

3:「お義母さんのせいで離婚に至りました」

恨みつらみを一方的に(写真:iStock)
恨みつらみを一方的に (写真:iStock)

「元妻と、離婚の話し合いを進めているときの話です。

 結婚期間中、元妻の鬼嫁っぷりに嫌気がさした俺から、別れを切り出しました。

 俺の母親に対しても目に余る行動が多く、さらには毎日のように俺に母親の文句を言ってくるようなところがイヤで…、それも離婚を決意した原因のひとつでした。

 ある日、あれだけ毛嫌いしていた母親に元妻が電話をかけ『あなたのせいで、私が離婚するハメになった』、『あなたさえいなければ、うまくいっていたのに』と、恨みつらみを母親に一方的にぶつけたそうです。

 さらには『だから、あなたから離婚を考え直すよう、息子に言ってくれ』とまで懇願したのだとか。

 はっきり言って、自分都合すぎるし、そんな女だから離婚したいのに、何もわかってないんだな…と呆れました」(45歳男性/保険)

 ◇  ◇  ◇

 鬼嫁は、常に自分中心に世界が動くのも特徴かもしれません。

 離婚協議中にこんなことが起きれば、むしろ離婚することへの罪悪感が薄れ、離婚回避には逆効果な気がします。

不本意な離婚に至っても自業自得(写真:iStock)
不本意な離婚に至っても自業自得 (写真:iStock)

 姑にまつわるアンビリバボーな発言をする鬼嫁には、夫から離婚を突きつけられるタイプも珍しくなさそうです。

 今回話を聞いた3つのケースでは、いずれも男性側から離婚を切り出しているのも特徴的でした。

 こんな鬼嫁なら、不本意な離婚に至っても、自業自得と言えそうですが……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ