不倫が怪我の功名に? 夫の罪悪感を吹き飛ばす“妻の奇行”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-03-29 06:00
投稿日:2019-03-29 06:00
 浮気をする男だって、人間ですから「妻への罪悪感はない」と言えば嘘になる人が大半。しかし世間には「妻の言動をキッカケに、浮気への罪悪感が消えた」と口にする男性もいます。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、男性たちの浮気への罪悪感が一瞬で吹き飛んだという妻の奇行を3選ご紹介します。

1:相手の女性に執拗な嫌がらせを…

妻が裏では復讐の鬼に(写真:iStock)
妻が裏では復讐の鬼に (写真:iStock)

「結婚して4年目に、会社の部下と不倫関係になりました。

 1年ちょっと経ったくらいで妻に関係を知られ、離婚だなんだと大騒ぎになり、僕も妻に対する罪悪感にさいなまれていました。

 でも、相手の女性と別れて家庭に戻ろうと決めた矢先、妻から浮気相手の女性に執拗な嫌がらせがある事実を知りました。

 僕が知っただけでも、家に押しかけてゴミを投げつけたり携帯へ暴言電話をしたりLINEで汚い言葉を送り続けたりするほか、インターネットの掲示板に実名で悪口を書き込むなどの問題行動もしていたようでした。

 家では僕にメソメソした顔を見せていたくせに、裏では相手の女性に復讐をしていたと知り、気持ちは理解できても『いくらなんでも、やりすぎだろう』と妻への不信感を覚えました。

 結局、そんな妻の本性を知った僕が『浮気相手のもとにも行かないけれど、君とも一緒には居られない』と別れを切り出し、離婚へ。

 今振り返ると、浮気をしたことで妻の本性を知れたので、そんな恐ろしい女とは、早い段階で縁を切れてよかったのかも……と思っています」(42歳男性/コンサルタント)

 ◇  ◇  ◇

 浮気相手を許せないと思うのは、妻として当然の心情。ですが、その気持ちを過剰な嫌がらせとして表に出してしまえば、浮気男ですらドン引きする引き金に。

2:浮気“倍返し”をされ…

留守中に他の男を連れ込んで(写真:iStock)
留守中に他の男を連れ込んで (写真:iStock)

「取引先の女の子の相談を受けているうちに、不倫の関係になってしまい、妻には早い段階で知られて『あなたがそのつもりなら、私も好きにしますから』と宣言されました。

 その宣言どおり、妻も浮気を始めたようで、僕の留守中に男を家に連れ込んだり週末も男と旅行に出かけたりと、やりたい放題に。

 僕よりも強烈な浮気をし始めた妻を見ているうちに、最初の頃に感じていた罪悪感は吹っ飛び『むしろこんな女とは早く手を切ったほうがいいのではないか』と考えるようになりました。

 子供がいないこともあって、離婚を申し出ましたが、了承してくれないので調停中です。

 あのとき、僕が浮気したことで、妻の知られざる一面を知るハメになりましたが、そのおかげで妻の本性を知れたしそんな女と添い遂げなくて済みました」(46歳男性/ITサービス)

 ◇  ◇  ◇

「目には目を」で浮気をし返す妻もいますが、その度合いによっては“やりすぎ”にも。そしてそんな倍返しな行動が、浮気夫の罪悪感を消し去る引き金にもなりうるわけです。

3:家事・育児の放棄

子どもが犠牲になることも(写真:iStock)
子どもが犠牲になることも (写真:iStock)

「飲み会で知り合った女と浮気をしていて、妻にバレました。

 軽い火遊び程度だったことから、離婚はしない方向でなんとか妻が納得してくれ、相手の女とも早々に別れました。

 でも、それ以降、妻が家事や育児を堂々と放棄するようになり、それを悟すと必ず『浮気したくせに、うるさい』と返してくるようになりました。

 最初のうちこそ、僕のせいだと我慢していましたが、浮気期間は1カ月だったのに対して、家事や育児をしないのはもう半年以上にもなります。

 何か言うと『あなたのせいで、メンタルが壊れた』と主張してきますが、こんな生活にほとほと疲れたので、そろそろ真剣に離婚を考えています」(39歳男性/不動産)

 ◇  ◇  ◇

 浮気への制裁として、家のことをしなくなる妻も少なくありません。しかしその制裁が度を超えてしまうと、こちらも夫の罪悪感を吹き飛ばし、家庭崩壊へと導いてしまうことがあるのです。

まとめ

夫の浮気にはいったん冷静になることが大切(写真:iStock)
夫の浮気にはいったん冷静になることが大切 (写真:iStock)

 浮気をした夫に「許せない」「このままじゃ腹の虫がおさまらない」と思うのは一般的な心情です。しかし、夫の裏切りを逆手にとるような行動をしてしまえば、、むしろ浮気を“怪我の功名”として妻への愛が冷める男もいることは、覚えておいて損はないのだと思います……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ