不倫が怪我の功名に? 夫の罪悪感を吹き飛ばす“妻の奇行”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-03-29 06:00
投稿日:2019-03-29 06:00
 浮気をする男だって、人間ですから「妻への罪悪感はない」と言えば嘘になる人が大半。しかし世間には「妻の言動をキッカケに、浮気への罪悪感が消えた」と口にする男性もいます。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、男性たちの浮気への罪悪感が一瞬で吹き飛んだという妻の奇行を3選ご紹介します。

1:相手の女性に執拗な嫌がらせを…

妻が裏では復讐の鬼に(写真:iStock)
妻が裏では復讐の鬼に (写真:iStock)

「結婚して4年目に、会社の部下と不倫関係になりました。

 1年ちょっと経ったくらいで妻に関係を知られ、離婚だなんだと大騒ぎになり、僕も妻に対する罪悪感にさいなまれていました。

 でも、相手の女性と別れて家庭に戻ろうと決めた矢先、妻から浮気相手の女性に執拗な嫌がらせがある事実を知りました。

 僕が知っただけでも、家に押しかけてゴミを投げつけたり携帯へ暴言電話をしたりLINEで汚い言葉を送り続けたりするほか、インターネットの掲示板に実名で悪口を書き込むなどの問題行動もしていたようでした。

 家では僕にメソメソした顔を見せていたくせに、裏では相手の女性に復讐をしていたと知り、気持ちは理解できても『いくらなんでも、やりすぎだろう』と妻への不信感を覚えました。

 結局、そんな妻の本性を知った僕が『浮気相手のもとにも行かないけれど、君とも一緒には居られない』と別れを切り出し、離婚へ。

 今振り返ると、浮気をしたことで妻の本性を知れたので、そんな恐ろしい女とは、早い段階で縁を切れてよかったのかも……と思っています」(42歳男性/コンサルタント)

 ◇  ◇  ◇

 浮気相手を許せないと思うのは、妻として当然の心情。ですが、その気持ちを過剰な嫌がらせとして表に出してしまえば、浮気男ですらドン引きする引き金に。

2:浮気“倍返し”をされ…

留守中に他の男を連れ込んで(写真:iStock)
留守中に他の男を連れ込んで (写真:iStock)

「取引先の女の子の相談を受けているうちに、不倫の関係になってしまい、妻には早い段階で知られて『あなたがそのつもりなら、私も好きにしますから』と宣言されました。

 その宣言どおり、妻も浮気を始めたようで、僕の留守中に男を家に連れ込んだり週末も男と旅行に出かけたりと、やりたい放題に。

 僕よりも強烈な浮気をし始めた妻を見ているうちに、最初の頃に感じていた罪悪感は吹っ飛び『むしろこんな女とは早く手を切ったほうがいいのではないか』と考えるようになりました。

 子供がいないこともあって、離婚を申し出ましたが、了承してくれないので調停中です。

 あのとき、僕が浮気したことで、妻の知られざる一面を知るハメになりましたが、そのおかげで妻の本性を知れたしそんな女と添い遂げなくて済みました」(46歳男性/ITサービス)

 ◇  ◇  ◇

「目には目を」で浮気をし返す妻もいますが、その度合いによっては“やりすぎ”にも。そしてそんな倍返しな行動が、浮気夫の罪悪感を消し去る引き金にもなりうるわけです。

3:家事・育児の放棄

子どもが犠牲になることも(写真:iStock)
子どもが犠牲になることも (写真:iStock)

「飲み会で知り合った女と浮気をしていて、妻にバレました。

 軽い火遊び程度だったことから、離婚はしない方向でなんとか妻が納得してくれ、相手の女とも早々に別れました。

 でも、それ以降、妻が家事や育児を堂々と放棄するようになり、それを悟すと必ず『浮気したくせに、うるさい』と返してくるようになりました。

 最初のうちこそ、僕のせいだと我慢していましたが、浮気期間は1カ月だったのに対して、家事や育児をしないのはもう半年以上にもなります。

 何か言うと『あなたのせいで、メンタルが壊れた』と主張してきますが、こんな生活にほとほと疲れたので、そろそろ真剣に離婚を考えています」(39歳男性/不動産)

 ◇  ◇  ◇

 浮気への制裁として、家のことをしなくなる妻も少なくありません。しかしその制裁が度を超えてしまうと、こちらも夫の罪悪感を吹き飛ばし、家庭崩壊へと導いてしまうことがあるのです。

まとめ

夫の浮気にはいったん冷静になることが大切(写真:iStock)
夫の浮気にはいったん冷静になることが大切 (写真:iStock)

 浮気をした夫に「許せない」「このままじゃ腹の虫がおさまらない」と思うのは一般的な心情です。しかし、夫の裏切りを逆手にとるような行動をしてしまえば、、むしろ浮気を“怪我の功名”として妻への愛が冷める男もいることは、覚えておいて損はないのだと思います……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-20 06:00 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ