元嫁は疫病神? “離婚”で人生が好転した男性のコクハク3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-03-31 14:04
投稿日:2019-03-31 06:00
 離婚を推奨する気は毛頭ありませんが、世間には、離婚したことにより、結婚していたころよりも、明確なハッピーを実感している人も珍しくはありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが「離婚によって人生が好転した!」と言い切っている男性たちの興味深いエピソードをお届けします。

1:健康診断の数値が劇的に改善!

野菜中心の手料理で健康的に(写真:iStock)
野菜中心の手料理で健康的に (写真:iStock)

「元嫁は、料理は手抜きをするタイプで加工食品とか出前、近所での外食が多かったんです。
そんな食生活が関係していたのか、40代になってから健康診断では、あまりいい数値が出なくなっていて、生活習慣を変えなくちゃなぁ〜と思っていました。

 ところが、離婚をして新しい彼女と付き合い始めてから、何もしないのに、健康診断の数値が、久しぶりにオールAになったんですよ!

 新しい彼女は料理が好きで、野菜中心の手料理をたくさん作ってくれる子なので、それを食べているうちに健康的になってきたのかも。

 改めて、元嫁と離婚して正解だったな……って思っちゃいました(苦笑)」(43歳男性/IT)

 ◇  ◇  ◇

 離婚によってストレスが減ったことも関係しているかもしれませんが、結婚していた頃よりも健康面でいいことが起きれば、確かに離婚を肯定する気持ちが強まっても不思議ではありません。

2:計画的に貯金できるようになった

元妻に家計を任せていたら貯蓄がゼロなんてことも(写真:iStock)
元妻に家計を任せていたら貯蓄がゼロなんてことも (写真:iStock)

「元妻と結婚していたときには、僕の給料は、全部妻が管理する形で家計をやりくりしていました。
で、離婚のときに財産分与をすることになって、貯蓄額を初めてちゃんと見てみたら、思ったよりもかなり少なくて愕然。

 結婚している間、そんなに浪費しているようには見えなかったんだけど、実は見えないところで、浪費してたっぽいです。

 共働きでしたが、貯蓄はほぼゼロ。

 離婚した今は、自分で計画的に貯金が進められるのでストレスもなく、そんな妻と離婚して本当によかったと思っています」(42歳男性/マスコミ)

 ◇  ◇  ◇

 家計管理を妻に任せている夫は「妻がちゃんとしてくれているはず」と思って当然。

 しかし世間には、夫に見えないように散財をして貯金ができていない妻もいますからね……。

3:飲み会に参加できるようになり出世できた

コミュニケーションは出世に不可欠(写真:iStock)
コミュニケーションは出世に不可欠 (写真:iStock)

「元嫁は、かなり嫉妬深いタイプで、僕が飲み会に参加するっていうだけで怒るうえに、飲み会の場にもガンガン電話してきて帰宅を促すタイプでした。

 そのうちに、揉めるのが嫌で飲み会にも参加しなくなっていったんですが、気づけば独身時代よりも出世が遅くなっていて……。

 離婚を機に、これまでは断っていた飲み会にも積極的に出られるようになった途端、上司や取引先とのコミュニケーションもうまくいくようになり、出世をすることができました。

 あの妻とずっと一緒にいたら、きっとずっと出世は望めなかっただろうなと思うので、離婚して大正解でしたね」(39歳男性/建設)

 ◇  ◇  ◇

 夫が飲み会に行くのを嫌がる女性は決して少なくないけれど、仕事で必要な場も満足に参加できない……となると、考えものです。

 離婚によってビジネスがうまく回るようになれば、離婚を肯定する理由になっても無理はなし、と言えるでしょう。

離婚で幸せになった男性がいるのも事実(写真:iStock)
離婚で幸せになった男性がいるのも事実 (写真:iStock)

 本来、離婚は「できれば避けたほうがいい選択」であるのは、言うまでもないことです。

 しかし世間には「離婚してからのほうが、人生がうまくいっている!」と離婚によってハッピーな人生を取り戻せた男性も少なくないのも、また真実と言えそうです。

ラブ 新着一覧


モテ仕草にドキッ♡ 男性の心を鷲掴みにする4つのテクニック
 モテる女性を観察してみると、女性目線でもドキっとするようなモテ仕草が身についていたりしますよね。逆に、どんなに美人な女...
恋バナ調査隊 2021-04-19 06:00 ラブ
恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにし...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めて...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
片想い中の彼に送った残念な失敗LINE…恋が終わった内容5つ
 片想い中の彼とのLINEって、感情が舞い上がってしまって大失敗をしてしまいがち! 冷静な状態ではないから、つい不自然な...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
おかん2号になってない? 男性の魂を揺さぶる女性になる秘訣
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋愛が下手な人は「わがままが非常に苦手」です。一方、モテる女性は「わがままが...
山崎世美子 2021-04-17 06:00 ラブ
一緒にいると落ち着く男性の5つの特徴&付き合うメリット♡
 刺激的でドキドキする情熱的な恋や、一緒にいると落ち着くほのぼの系の恋など、恋愛のタイプは人によってさまざま。恋にはある...
恋バナ調査隊 2021-04-17 06:00 ラブ
自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない...
ミクニシオリ 2021-04-16 06:00 ラブ
男性の低い声が好き♡思わずキュンとしてしまう3つの女性心理
 恋愛と声に関する研究によると、「男性は女性の声の高さにあまり影響を受けないけれど、女性は大きく影響を受ける」という結果...
恋バナ調査隊 2021-04-16 06:00 ラブ
いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくあ...
内藤みか 2021-04-15 06:00 ラブ
彼氏に疲れると思わせる彼女の特徴6つ&気を付けるポイント
 彼氏がいる人の中には、「最近、彼の様子がおかしい」「デート中、なんだかつまらなそうにしている」と感じている女性もいるで...
恋バナ調査隊 2021-04-15 06:00 ラブ
男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-14 06:19 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ
どうしてモテるの?小悪魔女性の特徴&5つのモテテクニック♡
 女性からすると、小悪魔女性は「あざとい」と思われがち。しかし、男性はそんなあざとさを感じていても、心惹かれてしまうこと...
恋バナ調査隊 2021-04-13 06:10 ラブ
良いギャップのある女性になるためには? 小手先テクはNG!
 ギャップのある女性って素敵ですよね。ギャップに惹かれて恋に落ちる……というシチュエーションはもはや定番パターンです。で...
七味さや 2021-04-18 20:34 ラブ
理想は成長し合えるカップル♡ 彼を尊敬できなくなったら?
 大人の男女のお付き合いでは、「成長し合える関係」を理想とする人が増えてきます。実は、お互いに成長し合える関係でいること...
孔井嘉乃 2021-04-12 06:00 ラブ