夫泣かせな妻ってこんな人…「姑イビリをする嫁」の共通点

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-03-19 06:00
投稿日:2019-03-19 06:00
「嫁姑問題」と聞くと、昔は姑からの嫁イビリが主流でしたが、最近では嫁が姑をイビるパターンも珍しくないそうです。「女性が強くなった」とも言われ、さらには高齢化で介護を見据えた親のほうが嫁に恐縮して接するケースも珍しくない時代ですから、ある意味では、納得の流れでもあります。世の姑や夫たちを泣かせている姑イビリをする嫁の特徴をご紹介します。
平然と感情的な悪口を言う嫁も…(写真:iStock)
平然と感情的な悪口を言う嫁も… (写真:iStock)

1:「嫌い」「苦手」だけを理由に、夫に悪口を言いまくる

 姑イビリをする嫁ほど「私、姑が嫌い」「あの人、苦手」などと、夫に平然と言い放つ人も少なくない実態です。

 言うまでもなく、嫁から見れば、姑は他人。しかし夫から見れば、愛する母親。

 であるにもかかわらず、いい歳をした大人が「あんたの母親、嫌い」と小学生かのごとく平然と感情的な悪口を言ってのけるとは、並大抵の根性ではありません。

 姑が先に嫁イビリを始めたなら納得ですが、姑イビリをする嫁は、自身の感情を最優先し、腫れ物に触るように嫁に接する心優しい姑を、いとも簡単に「嫌いなのよね」と、上から目線で批評しているのが実情です。

 これにより、胃痛やうつっぽい心情になってしまうのは、夫たち。母親の悪口を根拠もなくエンドレスで聞かされるなんて、かわいそうでなりませんね。

2:結婚後、何年経っても「娘」のように可愛がられたいとは断じて思わない

「うちの奥さん、お袋にキツくてさ……」とボヤく男性たちから話を聞いていると、どうやら姑イビリをする嫁ほど「彼女から“娘のよう”だとは決して思われたくない!私はあくまでも“嫁”」という意識が強い共通点もありました。

「嫁を、娘のように大事にしたい」と思っている姑の心情はガン無視で「嫁なんだから、他人でしょ!」と言わんばかりの態度。結婚後、何年経ってもいつまでも敬語で距離を置きたがる嫁も少なくない傾向です。

 そんな我が妻の様子を見るたび「オフクロが、かわいそうで見ていられない……」と、人知れず悲しい気持ちになっている夫もいるのです。


3:なぜか友達が少ない女性が多い

 姑に意地悪をしたり露骨に拒絶したりして傷つける嫁には、なぜか「友達が少ない」という共通項もあるようです。

 キツい性格だから友達がいないのか、友達がいない寂しさから姑イビリをしてストレス発散をするのか存じ上げませんが、そんな妻の夫たちが口を揃えていうのは「友達でもいれば、諭してくれるんだろうけど……」です。

 確かに、友人が多ければ「嫁姑関係には、こんな割り切りも大事」や「こういう風にすればいい関係が築けるよ」などのアドバイスも飛び出すでしょうが、友達がいないとなれば、独りよがりな人間関係しか構築できないことでしょう。

 一般的に「友達がいない人ほど、視野が狭くなる」とも言われますから、関心ごとが姑に向きやすいことも、姑イビリを増長させる背景かもしれません。
 

心優しい姑ほど泣かされているのかも(写真:iStock)
心優しい姑ほど泣かされているのかも (写真:iStock)

 嫁と姑は、もともとは他人同士。ですから、相性が悪い場合もあれば、なんらかの出来事をキッカケに不仲になることもあります。

 しかし「姑イビリ」をする嫁に共通するのは、姑が嫁の機嫌を取ろうと、いつもビクビクして嫁に接している点。

 心優しい姑ほど、こんなふうにキツい性格の嫁に泣かされている実情もあるのかもしれません。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 1回目のデートのお誘いはくるものの……なぜか2回目につながらない。この後展開はあるの? ないの? とモヤモヤした気持ち...
FILM
 寒い日が続くけど、風もなく穏やかな日。  きょうは、港で出逢ったにゃんたま君の絶妙なチラリズムです。  友...
FILM
 日本では多くの社会人が、運動不足だと言われています。一日の多くの時間を占める「仕事」においても、ひと昔前とは随分と事情...
FILM
「お花が好きなのにお花屋さんには行きたくない!」ちょっとした宴席で、初めてお会いする方からだいぶ衝撃的なお言葉をいただき...
FILM
 やわらかい日差しと蒼い空。  そんな朝はカメラを持って『にゃんたまω散歩』に出かけよう。  にゃんたま君に...
FILM
「何かあったわけでもないのに、なんとなく憂鬱な気持ちが抜けない……」  それはもしかしたら軽度な鬱かもしれません。冬は...
FILM
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に...
FILM
 私はお酒があまり強くなくてほぼ飲まないのですが、飲み会やデートをすると「飲まないの? 飲んだほうがいいよ!」と無理やり...
FILM
 私もそろそろ、にゃんたまωのプロになってきたので、  隙間からチラっと見える感じで、どんな立派なものが存在するの...
FILM
 恋愛や人間関係に思い悩んだ末、意見を聞いてみたくなって誰かに秘密を打ち明けたことがある方は多いでしょう。でも、うっかり...
FILM
 都内のナンパの聖地として長く君臨する銀座・コリドー街。最近では恵比寿に追い上げられ、東京の出会いの街は激戦となっていま...
FILM
 昨年末の紅白歌合戦をご覧になった方、大変多いと思います。ワタクシは仕事中でございましたので、お正月にゆっくりと拝見させ...
FILM
 子どもの頃、「今日が終わってほしくない」と思ったことがある人は多いでしょう。でも、社会人になって5年も過ぎると、「最近...
FILM
 この世で一番かわいい球体ってなあに?  それは、にゃんたまω!  きょうは、ブロック塀の上を歩いてやってき...
FILM
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に...
FILM
 私が婦人科検診で「異常あり」という診断を受けたのは25歳の時でした。それまで一度も考えたこともなかった「子宮頸がん」と...