片思いの彼に恋人はいる?SNSでサーベイ可能な3つのイベント

内藤みか 作家
更新日:2022-03-24 06:00
投稿日:2022-03-24 06:00
「あの人には彼女がいるかもしれないから、怖くて誘えない……」
 そんな怖さを抱えて片思いをしている人は大勢いるようです。好みの男性に恋人がいるかどうかは、とある3つのイベントをチェックすることで、簡単に分かるかもしれません。

男性が一斉に黙る日とは

それどころじゃない?(写真:iStock)
それどころじゃない? (写真:iStock)

 マッチングアプリでは、男性が一斉に黙る日がいくつかあります。SNSでもその日程は、黙りがちになります。なぜかというと、その日は、恋人がいる男性は彼女と一緒に過ごしているのです。そのためアプリはもちろん、SNSに投稿する余裕もなかなか取れないのです。

 逆に、男性が饒舌になる日程もあります。それの多くは夏休み。どこかに出掛けた時の景色や、食べたご馳走など、楽しくてついつい投稿したくなるのでしょう。マッチングアプリでも、夏場は女性を誘いたくなるのか、積極的な投稿が目立ちます。また、晴れた冬の日も人恋しくなるのか、誰かと会いたいと訴える書き込みが増えるものです。

沈黙が続く年に1度のイベント

愛を確かめ合ってるかも……(写真:iStock)
愛を確かめ合ってるかも…… (写真:iStock)

 筆者は日々マッチングアプリをウォッチしていますが、男性たちが最も沈黙したのは、2月14日のバレンタインデーでした。これについては2つの理由があると思われます。ひとつは彼女や嫁がいて、一緒に過ごしていたということ。そして、もうひとつはバレンタインデーにマッチングアプリをしているなんて、モテないようでカッコ悪いと感じているケースです。

 SNSでも、バレンタインデーに黙る男性がいます。その様子を見て、「彼女がいるのかな」と心配になるのも無理はありません。マッチングアプリに比べ、バレンタインデーのSNSは自虐っぽい投稿をする男性もいます。「自分に自分でチョコ買った」「今年もチョコゼロだった」などなど……。この場合は、もしかしたら本当に恋人がいないかもしれません。

年に一度の恋人と過ごす夜

楽しい夜を過ごしている可能性も(写真:iStock)
楽しい夜を過ごしている可能性も (写真:iStock)

 そして、マッチングアプリで2番目に沈黙が多いのは、12月24日、そうクリスマスイブです。この夜は恋人と過ごす人が多く、よほどの事情がない限りは、幸せなお泊まりタイムを送っている場合が多いです。恋人や嫁がいる男性は、この日にマッチングアプリをする時間は取れないのでしょう。

 一方、SNSではクリスマスは映える画像の宝庫だからか、“メリクリイブ”な投稿を複数する男性は少なくありません。そして、アップされるイルミネーション。クリスマスケーキやプレゼントを見ると、恋人がいると感じる事例もあるかもしれません。そして、この日には「クリぼっちです」などと独り身アピールをする男性も目立ちます。

年に一度の生誕祭

リア充がアプリにいない日(写真:iStock)
リア充がアプリにいない日 (写真:iStock)

 そして彼の誕生日も重要です。恋人がいる場合はやはり、恋人と過ごすことが多いのか、マッチングアプリでも「今日誕生日です」というような書き込みはほとんど見かけません。恋人でなくても友人や家族に祝ってもらっているため、投稿する余裕はないのでしょう。

 一方、SNSでは「誕生日です」とあえて投稿する男性は、かなり大勢います。誕生日だと書き込むと、多くの人からお祝いのコメントをもらえるのが嬉しいのでしょう。とはいえ「誕生日です」と書き込むのは忘れなくても、寄せられた多くのコメントに、レスをつけるのは翌日以降になる人もいるため、恋人と過ごしていた可能性もあるわけです。

 こうして検証してみると、バレンタインやクリスマスイブにオンライン状態の男性は、恋人がいない可能性は割と高めだといえそうです。現にこうした日に男性とやり取りした女性は、結婚を前提とした交際を申し込まれたそう。

 本気で恋人を探したいのであれば、この2つのイベントの時に、アプリやネットにアクセスしてみるといいのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ