バツイチから学ぶ“離婚しやすい女性”の特徴、共生婚の選択肢

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-03-21 06:00
投稿日:2022-03-21 06:00
 周囲の友達が離婚すると「私の結婚生活は長続きするかな?」なんて、不安になってしまいますよね。そこで今回は離婚経験のある女性に共通しているいくつかの特徴をご紹介します。
 バツイチ女性の経験から離婚の原因を知って、円満な結婚生活を送る術を手に入れましょう。

バツイチ女性から学ぶ! 離婚しやすい女性の特徴4つ

離婚しやすいタイプって?(写真:iStock)
離婚しやすいタイプって? (写真:iStock)

 離婚の原因はその家庭によってさまざま。でも、離婚しやすい女性には、どうやら結婚生活に影響を与える共通した特徴があるようなんです。

1. 経済的に自立している

 専業主婦の場合、離婚したいと思っても、夫がいなければ今後の生活に不安が出てくるため「なんとかうまくやっていこう」と努力するはず。

 その点、経済力がある女性は「離婚しても生活していける」と思えるため、離婚を決断するまでの壁が少ないのです。

2. 家事が苦手

 現代では、家事を分担する夫婦も増えていますよね。でも、離婚した夫婦を見てみると、妻が家事をしないことが原因になるケースも多いようです。

「夫は家事が大好きだから主夫をしたい、妻は家事が嫌いだけどバリバリ働いて収入を得たい」など、お互いのニーズがよほど噛み合わない限りは、男性から愛想をつかされてしまう可能性があるでしょう。

3. 協調性がない

 離婚経験がある女性の中には、協調性がない人も少なくないようです。

 結婚生活では、育った環境の違う2人が一緒に暮らすのですから、違う価値観や意見があるのは当然のこと。しかし、家事や生活リズム、子育てや金銭感覚などに関して「自分と違う=受け入れられない」と感じてしまい、その結果、離婚という道を選択する女性も多くいます。

4. 「ありがとう」と「ごめんなさい」をあまり言わない

「ありがとう」と「ごめんなさい」をあまり言わないのも、離婚しやすい女性の共通点。

 結婚生活は恋愛期間とは違い、キラキラした時間よりも生活じみた日常の繰り返しがほとんどです。しかし、相手の支えを当たり前だと思ってしまったり、自分の過ちを認められない人は、結婚生活が難航しやすいでしょう。

離婚しやすい特徴をもった女性がうまくいく結婚スタイル

別々に住んでみるのもアリ(写真:iStock)
別々に住んでみるのもアリ (写真:iStock)

 離婚しやすい女性の共通点を見てみると、もともと他人との同居生活が苦手な人も多いようですね。でも、それなら、自分に合った結婚スタイルを選ぶのも一つの方法です。

週末婚

 子供がいないなら、週末だけ夫婦として過ごす「週末婚」もありかもしれません。お互いの仕事やプライバシーを尊重しながら週末だけ会う生活であれば、新鮮さもなくならず、相手を尊重する姿勢を保ちやすいでしょう。

共生婚

「共生婚」とは、同じ家で暮らしながらも、部屋は別々、食事も気が向いた時に一緒に食べるルームメイト感覚の結婚スタイルです。周囲と協調するのが苦手な人にはぴったりかもしれません。自分のリズムを崩さずに、いつでも同じ空間にいられる心地良さを感じることができるのもメリットです。

別居婚

「別居婚」は、婚姻届を出しているけれど、住む場所が違うという結婚スタイル。多くは、転勤や海外赴任などでやむを得ず別居婚をするパターンですが、お互いの気持ちが一致しているなら、別居婚の選択肢もありかもしれません。

離婚しやすい特徴のある女性は自分に合った形を見つけて

自分らしさを大事にしよう(写真:iStock)
自分らしさを大事にしよう (写真:iStock)

 結婚には、向き不向きがあります。社会の一般的な「幸せの形」に合わせて、自分が無理をするのではなく、「自分らしい幸せの形」を見つけることも、今は可能な時代です。

 どんなことにもメリットと同じだけのデメリットがあると思いますが、新しい発想で人生を楽しんでくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ