乃木坂46秋元真夏が炎上…本当に性的マイノリティをネタに?

こじらぶ ライター
更新日:2022-04-07 09:48
投稿日:2022-04-07 06:00

生田絵梨花と2Sで「式を挙げました」とエイプリルフール投稿

生田との挙式画像投稿で炎上した秋元。本当に「性的マイノリティ」をネタにしたのか/(C)日刊ゲンダイ
生田との挙式画像投稿で炎上した秋元。本当に「性的マイノリティ」をネタにしたのか /(C)日刊ゲンダイ

 今月1日、乃木坂46の秋元真夏(28)が自身のInstagramで、「この度、友人の生田絵梨花と式を挙げました」との一文に「#エイプリルフール」と添え、元メンバー生田絵梨花(25)とのウェディング風のツーショット画像を投稿。これが同性愛をネタにしている、と主に一部の性的マイノリティ当事者から批判を集めた。

 そして、「HUFFPOST」(2022年4月2日配信)では性的マイノリティ当事者である専門家から「マイノリティの特性を一方的に利用し、消費していると言わざるを得ない」と糾弾された。

 エイプリルフールは「嘘をついても良い日」という前提のもとで、専門家曰く、「『嘘』でより多くの注目を集めるためには、『あり得ないこと』が冗談としてネタに利用されやすく、差別意識や偏見が顕在化しやすい」とのことだ。

 また、性的マイノリティではない人が、そうであるかのように匂わせる発信をして世間の注目を集める「クィア・ベイティング」ではないかとも指摘されている。

アイドルGに散見される“カップリングビジネス”

騒動となった秋元と生田の挙式画像/秋元真夏Instagramより
騒動となった秋元と生田の挙式画像 /秋元真夏Instagramより

 そうした見方をされてしまった背景には、アイドルグループではしばしば、ファンの“萌え要素”として「カップリング」が商売的に利用されてきた歴史がある。BLや百合文化が広く市民権を獲得してきた中で、同性メンバー同士がカップルのように「いちゃいちゃ」している様を発信することで注目を集めたり、ファンを喜ばせる手法だ。運営主導のものもあれば、メンバーが自発的にアピールする場合もある。

 これがはっきりとした「商売」である場合には、多くは2人のどちらかがグループを離れると、パタリと交流が発信されなくなる。2人はいわゆるアイドル界隈での「ビジネスカップル」だった、となる。

 仮に秋元と生田が「ビジネスカップル」である場合には、今回の専門家の指摘は当てはまるところも多い。ただ、多くの乃木坂ファンが「2人の関係性を知りもしないで叩かないで」と擁護しているように、2人が「ビジネスカップル」である可能性は低い。

 2011年のデビューから生田が卒業する21年までの10年の間、1期生の2人は屋台骨としてグループを支えてきた。

互いに支え合ってきた秋元と生田の関係

秋元と生田は乃木坂ツートップが卒業後もグループを支えた/(C)日刊ゲンダイ
秋元と生田は乃木坂ツートップが卒業後もグループを支えた /(C)日刊ゲンダイ

 西野七瀬(27)や白石麻衣(29)といった人気初期メンバーが次々と卒業し世代交代が推し進められたここ数年、周りが後輩だらけになった中でも、キャプテンである秋元の重圧を生田がフォローし、「歌のエース」として舞台を中心に外仕事が多い生田を秋元が支えてきた。

 19年に公開された乃木坂46のドキュメンタリー映画舞台挨拶では、秋元が“私、いくちゃんと付き合っているのかな”と錯覚したほどだと生田への愛を語った。

「生田絵梨花 乃木坂46卒業記念メモリアルブック カノン」(講談社)での2人の対談では、生田が愛情表現で秋元に絡みに行くことを“誰かに見せるためのエンタメではない”と断言し、人目やカメラが無いところでそうした絡みをしたい、秋元との関係に嘘をつきたくないと実直な想いを語っている。また生田卒業コンサートでは、秋元のことを「妻」と呼んでもいる。

生田卒業後も“いちゃいちゃ”発信

 生田卒業後も、現役時代と変わらず2人が体を寄せ合い、いちゃいちゃしているツーショットを秋元はInstagramで発信してきた。こうした2人の関係性がビジネス目的のものとは考えにくい。

 トップアイドルとして常人には考えられないほどのプレッシャーを抱え、苦楽を共にしてきた2人は、側から感じとれる以上に深く強い絆で結ばれているのだろう。

 そんな2人でウェディングショットを撮れたら嬉しい、という思いに嘘はないはずだ。ただ、平時にそれを公開したら、それこそ差別や偏見に満ちた悪意ある人々からどう言われるか分からない。だから、嘘であると受け止めてもらえるエイプリルフールにしか投稿できなかった可能性もある。

 多様性というのなら、2人のような“性別を超えた友愛”の延長である表現も認められても良いのではないか。

今回の炎上考察に抜け落ちていた視点

秋元への強い愛を語ってきた生田/(C)日刊ゲンダイ
秋元への強い愛を語ってきた生田 /(C)日刊ゲンダイ

 また、エイプリルフールは必ずしも冗談や悪ふざけといったネガティブな嘘ばかりではなく、「こうなったら素敵だろうな」という願望を含んだ嘘もある。秋元の投稿は後者であると思う。

 そして、前述の専門家が糾弾した中に一点、抜け落ちていた視点がある。それは2人が性的マイノリティ当事者かもしれない、という視点だ。

 秋元康プロデュース系のような多人数アイドルグループでは、ビジネスと関係なく恋人なのではないかと思われる2人組は多い。48グループの中には「恋愛対象に性別は問わない」と公言した人気メンバーもいる。

 またイベントMC中に、「このグループ内で数組カップルがいる」とうっかり口を滑らせたメンバーもいた。この時は、48グループでは異性・同性問わず恋愛禁止の誓約書を書かされていたこともあり、慌ててその発言を無かったことにしようと現場は取り乱していた。

 秋元と生田の関係がそれにあたるかは本人たちにしか分からない。ただ、多くの性的マイノリティ当事者が普段から「当然、異性が好きですよね?」と扱われることを嫌う中、その当事者である専門家が、「2人は当然、性的マイノリティ当事者ではない」との前提で差別と断定していることは気になった。

 2人が性的マイノリティかどうかは別にして、そこに差別的な意図があったとは皆目思わない。秋元は件の記事が配信されて以降も投稿を削除していない。

恋愛ご法度の現役アイドルが挙式投稿の“ジョーク”

 また騒動の最中に行われたファンとのオンライン交流イベント後、動画にて、涙目でファンの心遣いに感謝した。乃木坂46のキャプテンである彼女が、確かに差別的な意図があったと思えば、投稿を削除し謝罪しているだろう。

 秋元の投稿がはっきりとネタであるといえる箇所は、彼女が恋愛禁止の現役アイドルのまま式を挙げているところだ。これだけは、「ありえないこと」としてジョークと受け止めていいだろう。

 ただ、現実に「差別的だ」と感じた当事者がいたことも事実であり、投稿前にそうした可能性まで考えを巡らせ、専門家が提唱したように、性的マイノリティの社会的立場などへの問題提起にも繋げられていれば、伝わり方は異なったかもしれない。

 秋元には、それを踏まえた上で、これからも人それぞれ愛の形があるのだと、生田とのラブラブ画像を投稿し続けて欲しい。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


観光ポスターを見ながら「長崎は今日も雨だった」を作曲 ヒットメーカー彩木雅夫の心意気
【佐高信「追悼譜」】  彩木雅夫(2022年9月16日没/享年89)  ◇  ◇  ◇  落合恵子らのレディフレン...
2022-10-04 17:03 エンタメ
太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か
 爆笑問題の太田光(57)が2日、自身がMCを務めるTBSの情報番組「サンデー・ジャポン」で、先週に続いてまた旧統一教会...
2022-10-04 17:03 エンタメ
円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い
 日本テレビ上層部が頭を抱えているという。人気番組「笑点」のレギュラーメンバーだった三遊亭円楽さんが肺がんのため72歳の...
2022-10-04 17:03 エンタメ
杉野遥亮主演「直ちゃんは小学五年生」が“真面目”な大人たちから称賛されるワケ
 テレビは秋の改編。すでに始まっている新番組もあるが、10月第1週、第2週あたりまではインターバルとして特番が放送される...
2022-10-04 17:03 エンタメ
僕は一之輔さんみたいなパンチ力がない どんな噺でも「そこそこ」を心がけて
【柳家三三 大いに語る】#1 「今、イチ押しの落語家は?」と聞かれると、こう答える。「三と一」。その心は、柳家三三と春...
2022-10-04 17:03 エンタメ
“じじ殺し”華原朋美社長の経営手腕 夫の事務所から独立→「後押ししてくださる方」との行く末
 このほどSNSでフリー宣言し、タレント兼社長になったと発表した歌手の華原朋美(48)。「お騒がせ女王」などと報じられて...
2022-10-04 17:03 エンタメ
「おニャン子クラブ会員番号29」渡辺美奈代が群を抜いて可愛過ぎる
 芸能人は実年齢より若く見える人が多く、特に昔アイドルだった人はいつまでもアイドル顔だ。フィンガー5の晃くん(61)やマ...
2022-10-04 17:03 エンタメ
自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」
《この人、何やっているの?》、《自分の党が今、どういう状況になっているか理解しているの》  SNSでこんな声が広がって...
2022-10-04 17:03 エンタメ
ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン
 参院議員のガーシーこと、東谷義和氏(50)が先月30日、10月1日、暴露すると宣言していた女優の疑惑について配信した。...
2022-10-04 17:03 エンタメ
Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符
 2日放送のNHKスペシャル「安倍元首相銃撃事件と旧統一教会 ~深層と波紋を追う~」は、視聴者には"消化不良"だったよう...
2022-10-03 17:03 エンタメ
中森明菜「伝説の歌姫」の40年…80年代が生んだ最大のアイドルの転落、57歳での再始動
【シリーズ「光と影のアイドル群像」】  中森明菜  ◇  ◇  ◇  歌手にとって30周年とか40周年といったアニ...
2022-10-03 17:03 エンタメ
伴大介さん 病魔をやっと克服…年を重ねるごとに円熟味を増す俳優になりたい
【あの人は今こうしている】  伴大介さん(「人造人間キカイダー」主人公ジロー役)  1972年に放送が開始された特撮...
2022-10-03 17:03 エンタメ
「baseよしもと」のオーディションは落ちまくり…「これでダメなら宮崎へ帰ろう」と最後の勝負
【とろサーモン久保田の「玉手箱人生」】#5  2002年にとろサーモンを組んだものの、最初はなかなかうまくいかんかった...
2022-10-03 17:03 エンタメ
プロレスラー井上京子さん お酒はブル中野さんに教えられ焼酎のボトルを毎晩7、8本!
【涙と笑いの酒人生】  井上京子さん(プロレスラー/53歳)  ペイントレスラーとして1980~90年代の女子プロレ...
2022-10-03 17:03 エンタメ
GACKT復活に歓声! 過去の醜聞をも吹き飛ばす「翔んで埼玉」の凄まじい人気
 昨年9月から活動を休止していた歌手で俳優のGACKT(49)が1日、主演映画「翔んで埼玉」が放送されたフジテレビの土曜...
2022-10-03 17:03 エンタメ
芸能界の“ドン”渡辺晋に詰め寄った小柳ルミ子マネジャー(下)「お久しぶりね」を"デュエット"
 ヒットを飛ばす歌手の裏には、必ず優秀なスタッフがいる。昭和46年に『わたしの城下町』でデビューした小柳ルミ子は南沙織、...
2022-10-02 17:03 エンタメ