乃木坂46秋元真夏が炎上…本当に性的マイノリティをネタに?

こじらぶ ライター
更新日:2022-04-07 09:48
投稿日:2022-04-07 06:00

生田絵梨花と2Sで「式を挙げました」とエイプリルフール投稿

生田との挙式画像投稿で炎上した秋元。本当に「性的マイノリティ」をネタにしたのか/(C)日刊ゲンダイ
生田との挙式画像投稿で炎上した秋元。本当に「性的マイノリティ」をネタにしたのか /(C)日刊ゲンダイ

 今月1日、乃木坂46の秋元真夏(28)が自身のInstagramで、「この度、友人の生田絵梨花と式を挙げました」との一文に「#エイプリルフール」と添え、元メンバー生田絵梨花(25)とのウェディング風のツーショット画像を投稿。これが同性愛をネタにしている、と主に一部の性的マイノリティ当事者から批判を集めた。

 そして、「HUFFPOST」(2022年4月2日配信)では性的マイノリティ当事者である専門家から「マイノリティの特性を一方的に利用し、消費していると言わざるを得ない」と糾弾された。

 エイプリルフールは「嘘をついても良い日」という前提のもとで、専門家曰く、「『嘘』でより多くの注目を集めるためには、『あり得ないこと』が冗談としてネタに利用されやすく、差別意識や偏見が顕在化しやすい」とのことだ。

 また、性的マイノリティではない人が、そうであるかのように匂わせる発信をして世間の注目を集める「クィア・ベイティング」ではないかとも指摘されている。

アイドルGに散見される“カップリングビジネス”

騒動となった秋元と生田の挙式画像/秋元真夏Instagramより
騒動となった秋元と生田の挙式画像 /秋元真夏Instagramより

 そうした見方をされてしまった背景には、アイドルグループではしばしば、ファンの“萌え要素”として「カップリング」が商売的に利用されてきた歴史がある。BLや百合文化が広く市民権を獲得してきた中で、同性メンバー同士がカップルのように「いちゃいちゃ」している様を発信することで注目を集めたり、ファンを喜ばせる手法だ。運営主導のものもあれば、メンバーが自発的にアピールする場合もある。

 これがはっきりとした「商売」である場合には、多くは2人のどちらかがグループを離れると、パタリと交流が発信されなくなる。2人はいわゆるアイドル界隈での「ビジネスカップル」だった、となる。

 仮に秋元と生田が「ビジネスカップル」である場合には、今回の専門家の指摘は当てはまるところも多い。ただ、多くの乃木坂ファンが「2人の関係性を知りもしないで叩かないで」と擁護しているように、2人が「ビジネスカップル」である可能性は低い。

 2011年のデビューから生田が卒業する21年までの10年の間、1期生の2人は屋台骨としてグループを支えてきた。

互いに支え合ってきた秋元と生田の関係

秋元と生田は乃木坂ツートップが卒業後もグループを支えた/(C)日刊ゲンダイ
秋元と生田は乃木坂ツートップが卒業後もグループを支えた /(C)日刊ゲンダイ

 西野七瀬(27)や白石麻衣(29)といった人気初期メンバーが次々と卒業し世代交代が推し進められたここ数年、周りが後輩だらけになった中でも、キャプテンである秋元の重圧を生田がフォローし、「歌のエース」として舞台を中心に外仕事が多い生田を秋元が支えてきた。

 19年に公開された乃木坂46のドキュメンタリー映画舞台挨拶では、秋元が“私、いくちゃんと付き合っているのかな”と錯覚したほどだと生田への愛を語った。

「生田絵梨花 乃木坂46卒業記念メモリアルブック カノン」(講談社)での2人の対談では、生田が愛情表現で秋元に絡みに行くことを“誰かに見せるためのエンタメではない”と断言し、人目やカメラが無いところでそうした絡みをしたい、秋元との関係に嘘をつきたくないと実直な想いを語っている。また生田卒業コンサートでは、秋元のことを「妻」と呼んでもいる。

生田卒業後も“いちゃいちゃ”発信

 生田卒業後も、現役時代と変わらず2人が体を寄せ合い、いちゃいちゃしているツーショットを秋元はInstagramで発信してきた。こうした2人の関係性がビジネス目的のものとは考えにくい。

 トップアイドルとして常人には考えられないほどのプレッシャーを抱え、苦楽を共にしてきた2人は、側から感じとれる以上に深く強い絆で結ばれているのだろう。

 そんな2人でウェディングショットを撮れたら嬉しい、という思いに嘘はないはずだ。ただ、平時にそれを公開したら、それこそ差別や偏見に満ちた悪意ある人々からどう言われるか分からない。だから、嘘であると受け止めてもらえるエイプリルフールにしか投稿できなかった可能性もある。

 多様性というのなら、2人のような“性別を超えた友愛”の延長である表現も認められても良いのではないか。

今回の炎上考察に抜け落ちていた視点

秋元への強い愛を語ってきた生田/(C)日刊ゲンダイ
秋元への強い愛を語ってきた生田 /(C)日刊ゲンダイ

 また、エイプリルフールは必ずしも冗談や悪ふざけといったネガティブな嘘ばかりではなく、「こうなったら素敵だろうな」という願望を含んだ嘘もある。秋元の投稿は後者であると思う。

 そして、前述の専門家が糾弾した中に一点、抜け落ちていた視点がある。それは2人が性的マイノリティ当事者かもしれない、という視点だ。

 秋元康プロデュース系のような多人数アイドルグループでは、ビジネスと関係なく恋人なのではないかと思われる2人組は多い。48グループの中には「恋愛対象に性別は問わない」と公言した人気メンバーもいる。

 またイベントMC中に、「このグループ内で数組カップルがいる」とうっかり口を滑らせたメンバーもいた。この時は、48グループでは異性・同性問わず恋愛禁止の誓約書を書かされていたこともあり、慌ててその発言を無かったことにしようと現場は取り乱していた。

 秋元と生田の関係がそれにあたるかは本人たちにしか分からない。ただ、多くの性的マイノリティ当事者が普段から「当然、異性が好きですよね?」と扱われることを嫌う中、その当事者である専門家が、「2人は当然、性的マイノリティ当事者ではない」との前提で差別と断定していることは気になった。

 2人が性的マイノリティかどうかは別にして、そこに差別的な意図があったとは皆目思わない。秋元は件の記事が配信されて以降も投稿を削除していない。

恋愛ご法度の現役アイドルが挙式投稿の“ジョーク”

 また騒動の最中に行われたファンとのオンライン交流イベント後、動画にて、涙目でファンの心遣いに感謝した。乃木坂46のキャプテンである彼女が、確かに差別的な意図があったと思えば、投稿を削除し謝罪しているだろう。

 秋元の投稿がはっきりとネタであるといえる箇所は、彼女が恋愛禁止の現役アイドルのまま式を挙げているところだ。これだけは、「ありえないこと」としてジョークと受け止めていいだろう。

 ただ、現実に「差別的だ」と感じた当事者がいたことも事実であり、投稿前にそうした可能性まで考えを巡らせ、専門家が提唱したように、性的マイノリティの社会的立場などへの問題提起にも繋げられていれば、伝わり方は異なったかもしれない。

 秋元には、それを踏まえた上で、これからも人それぞれ愛の形があるのだと、生田とのラブラブ画像を投稿し続けて欲しい。

こじらぶ
記事一覧
ライター
ジャニーズ、秋元康系女性アイドル、ローカル、地下アイドル等数々の現場を経験。Xでもご意見を募集しております。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


香川照之がキムタクドラマで復活?性加害騒動から2年…TBSが「グランメゾン東京」で出演打診のウワサ
 香川照之(58)が銀座のクラブホステスに対する性加害騒動で一切のテレビから消えたのが、2年前の2022年の8月。その後...
2024-05-18 17:03 エンタメ
山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”
 山下智久(39)主演の連続ドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)に黄信号が灯り始めた。第1話、第2話ともにフジの水...
2024-05-18 17:03 エンタメ
北乃きいは《ぽちゃぽちゃが超かわいい》定期的に激変ぶりが話題に…“豪快キャラ”今後は?
 15日放送の日本テレビ系バラエティ番組『上田と女がDEEPに吠える夜』に出演した女優の北乃きい(33)。【ひとり好き女...
2024-05-17 17:03 エンタメ
フワちゃん機中の問題行動を暴露され大炎上! "次に消えるタレント"が…しぶとくサバイブのなぜ
 タレントでYouTuberのフワちゃんを巡るエピソードがまた炎上中だ。5月9日に更新された千原ジュニア(50)のYou...
2024-05-16 17:03 エンタメ
「僕じゃ駄目かな」あすなろ白書のキムタクを想起、優三渾身のプロポーズ
 寅子(伊藤沙莉)は、弁護士として社会的な信用を得るためにお見合いをさせて欲しいと直言(岡部たかし)とはる(石田ゆり子)...
桧山珠美 2024-05-16 16:43 エンタメ
事件はいつも「あの階段」で起こる! 岩ちゃん演じる花岡もう婚約
 晴れて弁護士になったが、女性であることを理由になかなか依頼をしてもらえない寅子(伊藤沙莉)。「女の幸せより大事なものか...
桧山珠美 2024-05-15 15:00 エンタメ
炎上芸人・粗品は松本人志にビビってない!キンプリへの暴言も計算済み?
 2018年にコンビとして『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)のチャンピオンとなり、2019年にピン芸人として『R-1ぐ...
堺屋大地 2024-05-15 06:00 エンタメ
井上真央「結婚説」否定から長すぎる”動向不明”…新作出演なし1年超に心配の声広がる
 井上真央(37)が新作に出演していない期間が1年を超え、芸能界では徐々に心配の声が出始めている。今年1月、新春番組で「...
2024-05-14 17:03 エンタメ
水原一平事件「ドラマ化」米国では即決、日本では実現ムリ…識者が指摘する数々の障壁
 ドジャース大谷翔平(29)の元通訳・水原一平被告(39)の横領事件が「エンタメのネタ」になり始めた。アメリカにおいてテ...
2024-05-14 17:03 エンタメ
「握手」の演出に伏線?寅子と花岡は友情の証、優三のそれとは真逆だった
 寅子(伊藤沙莉)の1年先を行く花岡(岩田剛典)は司法修習後の試験に合格。どうしても早く伝えたいと寅子に電話をしてきたの...
桧山珠美 2024-05-14 16:00 エンタメ
生田斗真「無痛分娩おねだり」発言でP&Gに問い合わせ殺到 「ノーコメント」貫くCM企業の苦しい胸中
 生田斗真(39)の舌禍が尾を引いている。生田は5日、インスタグラムのストーリーズで集まったファンからの質問に答え、その...
2024-05-13 17:03 エンタメ
浜崎あゆみの足の形は日本人の中では少数派だった! 過去には池田エライザも話題に
 歌手の浜崎あゆみ(45)が5月10日、インスタグラムに自撮り写真など5枚を投稿。うち4枚は自身の手のネイルを披露するも...
2024-05-13 18:28 エンタメ
滝沢カレン似モノマネ芸人らいるRIEさん 乳がんを初告白…GW前に手術、宣告と経緯を聞いた
 滝沢カレンのモノマネで知られる女芸人、らりるRIEさんが乳がんになったことを日刊ゲンダイで初告白。GW前に手術が終わっ...
2024-05-12 17:03 エンタメ
あぶ刑事ヒットならドラマ化も?柴田恭兵の“枯れた老人”は世を忍ぶ仮の姿
 先月までNHK-BSで放送していた「舟を編む~私、辞書つくります~」はなかなか素敵なドラマでした。  三浦しをん...
中森明菜ついに復活!会員限定イベントは10億円稼ぐとも トラブル続きだった歌姫の売り出し方
【城下尊之 芸能界ぶっちゃけトーク】  このところ記事や動画で中森明菜(58)の情報を見たり聞いたりすることが増えてい...
2024-05-11 17:03 エンタメ
映画『広末涼子』(仮)の鳥羽氏は中盤キャラ?スキャンダル史まだ続く説
 昨年6月、人気シェフ・鳥羽周作氏とのダブル不倫が報じられ、無期限の謹慎処分を受けていた広末涼子。その後、夫だったキャン...
堺屋大地 2024-05-11 06:00 エンタメ