乃木坂46秋元真夏が炎上…本当に性的マイノリティをネタに?

こじらぶ ライター
更新日:2022-04-07 09:48
投稿日:2022-04-07 06:00

生田絵梨花と2Sで「式を挙げました」とエイプリルフール投稿

生田との挙式画像投稿で炎上した秋元。本当に「性的マイノリティ」をネタにしたのか/(C)日刊ゲンダイ
生田との挙式画像投稿で炎上した秋元。本当に「性的マイノリティ」をネタにしたのか /(C)日刊ゲンダイ

 今月1日、乃木坂46の秋元真夏(28)が自身のInstagramで、「この度、友人の生田絵梨花と式を挙げました」との一文に「#エイプリルフール」と添え、元メンバー生田絵梨花(25)とのウェディング風のツーショット画像を投稿。これが同性愛をネタにしている、と主に一部の性的マイノリティ当事者から批判を集めた。

 そして、「HUFFPOST」(2022年4月2日配信)では性的マイノリティ当事者である専門家から「マイノリティの特性を一方的に利用し、消費していると言わざるを得ない」と糾弾された。

 エイプリルフールは「嘘をついても良い日」という前提のもとで、専門家曰く、「『嘘』でより多くの注目を集めるためには、『あり得ないこと』が冗談としてネタに利用されやすく、差別意識や偏見が顕在化しやすい」とのことだ。

 また、性的マイノリティではない人が、そうであるかのように匂わせる発信をして世間の注目を集める「クィア・ベイティング」ではないかとも指摘されている。

アイドルGに散見される“カップリングビジネス”

騒動となった秋元と生田の挙式画像/秋元真夏Instagramより
騒動となった秋元と生田の挙式画像 /秋元真夏Instagramより

 そうした見方をされてしまった背景には、アイドルグループではしばしば、ファンの“萌え要素”として「カップリング」が商売的に利用されてきた歴史がある。BLや百合文化が広く市民権を獲得してきた中で、同性メンバー同士がカップルのように「いちゃいちゃ」している様を発信することで注目を集めたり、ファンを喜ばせる手法だ。運営主導のものもあれば、メンバーが自発的にアピールする場合もある。

 これがはっきりとした「商売」である場合には、多くは2人のどちらかがグループを離れると、パタリと交流が発信されなくなる。2人はいわゆるアイドル界隈での「ビジネスカップル」だった、となる。

 仮に秋元と生田が「ビジネスカップル」である場合には、今回の専門家の指摘は当てはまるところも多い。ただ、多くの乃木坂ファンが「2人の関係性を知りもしないで叩かないで」と擁護しているように、2人が「ビジネスカップル」である可能性は低い。

 2011年のデビューから生田が卒業する21年までの10年の間、1期生の2人は屋台骨としてグループを支えてきた。

互いに支え合ってきた秋元と生田の関係

秋元と生田は乃木坂ツートップが卒業後もグループを支えた/(C)日刊ゲンダイ
秋元と生田は乃木坂ツートップが卒業後もグループを支えた /(C)日刊ゲンダイ

 西野七瀬(27)や白石麻衣(29)といった人気初期メンバーが次々と卒業し世代交代が推し進められたここ数年、周りが後輩だらけになった中でも、キャプテンである秋元の重圧を生田がフォローし、「歌のエース」として舞台を中心に外仕事が多い生田を秋元が支えてきた。

 19年に公開された乃木坂46のドキュメンタリー映画舞台挨拶では、秋元が“私、いくちゃんと付き合っているのかな”と錯覚したほどだと生田への愛を語った。

「生田絵梨花 乃木坂46卒業記念メモリアルブック カノン」(講談社)での2人の対談では、生田が愛情表現で秋元に絡みに行くことを“誰かに見せるためのエンタメではない”と断言し、人目やカメラが無いところでそうした絡みをしたい、秋元との関係に嘘をつきたくないと実直な想いを語っている。また生田卒業コンサートでは、秋元のことを「妻」と呼んでもいる。

生田卒業後も“いちゃいちゃ”発信

 生田卒業後も、現役時代と変わらず2人が体を寄せ合い、いちゃいちゃしているツーショットを秋元はInstagramで発信してきた。こうした2人の関係性がビジネス目的のものとは考えにくい。

 トップアイドルとして常人には考えられないほどのプレッシャーを抱え、苦楽を共にしてきた2人は、側から感じとれる以上に深く強い絆で結ばれているのだろう。

 そんな2人でウェディングショットを撮れたら嬉しい、という思いに嘘はないはずだ。ただ、平時にそれを公開したら、それこそ差別や偏見に満ちた悪意ある人々からどう言われるか分からない。だから、嘘であると受け止めてもらえるエイプリルフールにしか投稿できなかった可能性もある。

 多様性というのなら、2人のような“性別を超えた友愛”の延長である表現も認められても良いのではないか。

今回の炎上考察に抜け落ちていた視点

秋元への強い愛を語ってきた生田/(C)日刊ゲンダイ
秋元への強い愛を語ってきた生田 /(C)日刊ゲンダイ

 また、エイプリルフールは必ずしも冗談や悪ふざけといったネガティブな嘘ばかりではなく、「こうなったら素敵だろうな」という願望を含んだ嘘もある。秋元の投稿は後者であると思う。

 そして、前述の専門家が糾弾した中に一点、抜け落ちていた視点がある。それは2人が性的マイノリティ当事者かもしれない、という視点だ。

 秋元康プロデュース系のような多人数アイドルグループでは、ビジネスと関係なく恋人なのではないかと思われる2人組は多い。48グループの中には「恋愛対象に性別は問わない」と公言した人気メンバーもいる。

 またイベントMC中に、「このグループ内で数組カップルがいる」とうっかり口を滑らせたメンバーもいた。この時は、48グループでは異性・同性問わず恋愛禁止の誓約書を書かされていたこともあり、慌ててその発言を無かったことにしようと現場は取り乱していた。

 秋元と生田の関係がそれにあたるかは本人たちにしか分からない。ただ、多くの性的マイノリティ当事者が普段から「当然、異性が好きですよね?」と扱われることを嫌う中、その当事者である専門家が、「2人は当然、性的マイノリティ当事者ではない」との前提で差別と断定していることは気になった。

 2人が性的マイノリティかどうかは別にして、そこに差別的な意図があったとは皆目思わない。秋元は件の記事が配信されて以降も投稿を削除していない。

恋愛ご法度の現役アイドルが挙式投稿の“ジョーク”

 また騒動の最中に行われたファンとのオンライン交流イベント後、動画にて、涙目でファンの心遣いに感謝した。乃木坂46のキャプテンである彼女が、確かに差別的な意図があったと思えば、投稿を削除し謝罪しているだろう。

 秋元の投稿がはっきりとネタであるといえる箇所は、彼女が恋愛禁止の現役アイドルのまま式を挙げているところだ。これだけは、「ありえないこと」としてジョークと受け止めていいだろう。

 ただ、現実に「差別的だ」と感じた当事者がいたことも事実であり、投稿前にそうした可能性まで考えを巡らせ、専門家が提唱したように、性的マイノリティの社会的立場などへの問題提起にも繋げられていれば、伝わり方は異なったかもしれない。

 秋元には、それを踏まえた上で、これからも人それぞれ愛の形があるのだと、生田とのラブラブ画像を投稿し続けて欲しい。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


NHKの夜ドラは浸透するか?「カナカナ」眞栄田郷敦を食う“天才子役”と武田真治の怪しさ
「夜ドラ」──まだまだ聞き慣れないが、NHKが2022年度からスタートさせたドラマ枠の通称である。月~木曜の夜10時45...
2022-05-24 17:03 エンタメ
帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか
 アメリカ在住のピース綾部祐二(44)が19日、自身のユーチューブチャンネルを開設した。渡米から5年、「最初の計画は失敗...
2022-05-24 17:03 エンタメ
キムタクドラマ“ダウン寸前”から復調傾向…カギ握る「未来への10カウント」脇キャラたち
〈キムタク主演で屈辱的低視聴率〉〈ドラゴン桜のボクシング版〉など、あれこれ言われてきた、テレビ朝日系連ドラ「未来への10...
2022-05-24 17:03 エンタメ
ゼレンスキー大統領の「文化外交」手腕 情報戦略のプロが“刮目ポイント”を解説
【寄稿 北島純(社会情報大学院大学特任教授)】  5月14日に伊トリノで開催された音楽祭「ユーロビジョン」でウクライナ...
2022-05-24 17:03 エンタメ
「かみさんは妹弟子みたいなもんですよ。昇也のことを『お兄さん』て呼ばなきゃ」
【春風亭昇太・春風亭昇也 師弟で大いに語る】#6  昇太は、「自分が売れれば落語界はよくなる」という考えで、いい意味で...
2022-05-24 17:03 エンタメ
日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの
「スッキリ」(日テレ系)のMCを務める加藤浩次(53)に強力なライバルが出現だ。いまや谷原章介(49)が司会を務める後発...
2022-05-24 17:03 エンタメ
向島の料亭「櫻茶ヤ」さんで長唄の会を催しました!
 東京にも京都のような花街はある。新橋・赤坂・神楽坂・芳町・浅草・大塚・八王子……中でも向島には現在も100人以上の芸者...
2022-05-24 17:03 エンタメ
橋本梨菜さんが夢を語る「ファンも一緒に飲める『バー橋本』をやること」
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】  橋本梨菜さん(グラビアアイドル/28歳)  小麦色の肌に包まれたパワフルなボデ...
2022-05-23 17:03 エンタメ
落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」
【あの人は今こうしている】  桂米助さん(落語家/74歳)  ワイドショー「ルックルックこんにちは」(日本テレビ系)...
2022-05-23 17:03 エンタメ
清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力
 清野菜名(27)が大手芸能プロダクション「トップコート」に電撃移籍したことが、関係者の間に波紋を広げている。昨今の芸能...
2022-05-23 17:03 エンタメ
表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?
 先日、岸田首相を表敬訪問し、さらなる日本の支援を求めたウクライナの「国民的歌手」チーナ・カーロリさん(37)。あの時は...
2022-05-22 17:03 エンタメ
ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  スタートしてかれこれ1カ月。ネットで叩かれまくっているのが朝ドラ「ちむどんどん」...
2022-05-22 17:03 エンタメ
自分にプレッシャーをかけ…キャラになりきる友近の「人生コント」
【今週グサッときた名言珍言】 「“人生コント”って、ちょっと自分でも思ってるとこもあって。常にクスッと、どっか自分を見...
2022-05-22 17:03 エンタメ
広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感
 最近、広末涼子(41)が自身のプライベートをさらけ出し始めて話題になっている。女優は生活感を出しすぎると仕事に影響が出...
2022-05-22 17:03 エンタメ
フジテレビ新人事で中山美穂「完全復活」に高まる期待 深津絵里の成功が追い風に
 フジテレビの新社長に共同テレビジョン社長の港浩一氏(70)が内定した。港氏は同局のディレクター・プロデューサーとして「...
2022-05-22 17:03 エンタメ
小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない
【皇室のトリビア】#67  アメリカ・ニューヨーク州の司法試験が2度目も「不合格」と伝えられた小室圭さんは、この7月に...
2022-05-22 17:03 エンタメ