デキ婚→子連れ離婚を決意!時給830円のレジ打ちが重要な訳

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2022-04-10 19:51
投稿日:2022-04-05 06:00
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザーを経て「ひでまる」と再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らすアラサーです。
 子連れ離婚&シングルマザーとなった私を常に苦しめた悩みは「お金」です。本連載は当時を振り返りながら、ひでまるとともに実体験に基づく「離婚・再婚のリアル」をお伝えします。

子連れ離婚を決意したら真っ先にすること

離婚の理由は100人居れば100通りある(写真:tumugi)
離婚の理由は100人居れば100通りある (写真:tumugi)

 第1回目は「子連れ離婚に必要な下準備」についてです。離婚をしたい理由は様々ありますが、離婚できない理由も同じように様々あります。子どものためや、パートナーの同意が得られないなど、100人居れば100通りの理由があるでしょう。しかし、一番の大きな問題として現実に重くのしかかってくるのは“お金の問題”です。

 占い師として活動しておりますが、私のもとへ相談にくる方も、「子どもも小さいし、現在専業主婦で収入がないから離婚をして生活をしていけるか不安……」といったお悩みは数多いです。

 しかし、いつまでも我慢をしながらの結婚生活はいつか破綻してしまいます。実際に、過去の私も我慢の末、専業主婦の状態で離婚を決意しました。

離婚をする前に生活基盤を整える

 それからというものの「離婚をするためにはどうすればいいのか?」という情報を本やインターネットを通じて集めながら、着々と離婚の準備を進めていきました。専業主婦で離婚を決意したため、「子どもの親権をとるためにも、しっかりと下準備をしなければならない」と考えたのです。

 その経験からお伝えしたいのは、離婚すると決心したら、まずは、生活基盤を整える準備をしてほしいということです。

まずは一歩踏み出そう!働き口・預け先の確保に奔走

保育園入園のためパートをスタート(写真:iStock)
保育園入園のためパートをスタート (写真:iStock)

 子どもを連れて離婚をするのであれば、働き口と預け先の確保が最優先です。

 私の場合は、まず近場のスーパーで週3の短時間パートを始めました。もちろん、子どもはすぐに保育園に入れるわけでもなく、パートの日のみ、一時預かりをしてくれる施設に預けます。時給830円で月5万円。パート給与と預かり保育の金額(3万円)は相殺されてしまうので、収入としては成り立ちませんでしたが、これも保育園に入れるための重要な過程なのです。

 保育園は、地域によって共働きでもなかなか入れないケースが多いと言われています。しかし、働いている実績を作ることにより保育園に入るためのポイントを上げていくのです。

 仮に、離婚までに保育園に入れなかったとしても、離婚してシングルマザーとなった際にポイントは大きく跳ね上がるため、入所の優先順位が上がります。

 さらに、既に働いていることによって職場の環境が変わらずに離婚後も働けるといった点もメリットとして大きいです。

新生活を送るための新居を探す

新居はどうする?(写真:iStock)
新居はどうする? (写真:iStock)

 働き口と預け先が決まればおのずとお金も溜まっていき、別居・もしくは離婚という道が見えてきました。私の場合は10カ月ぐらい経った頃でしょうか。次は、新生活に向けて新居を探しました。

 新居の選択肢として考えられるのは、

1.実家に帰る
2.自分名義でアパートや市営住宅を借りる

 私はパートを辞め、1と2の両方にしました。

父親は出戻りを許してくれなかった

 実家が遠方だったので、ひとまず実家の近くに戻り、アパートを借りたのです。実家に戻らなかった理由は突然のデキ婚からの離婚だった手前、父親が出戻りを許してくれなかったから。自業自得の話ではありますが、今から思えば、一緒に住んだら、過剰に甘えてしまったような気がして、「実家の近所で別居」の選択は結果として良かったなと思っています。

 その後、晴れて離婚が成立。離婚の理由は大きく言えば価値観の相違です。お互いに大人になりきれないまま結婚をしたため、歪な関係が出来上がっていました。

 今でもはっきりとあの時の光景を覚えています。当時の夫から言われた「もう家族の責任を持ちたくない」という言葉は衝撃的で、私の人生を大きく変えるものとなったのです。

 その後揉めることはなく、当時の夫に「離婚して欲しい」と宣言されてから、3カ月で離婚成立となりました。慰謝料は価値観の相違ということで、特にありません。その時の気持ちはひとりになる寂しさと、夫というしがらみからの開放感、この先の将来への不安といったものが複雑に混ざり合っていました。

 しかし、泣いても笑ってもシングルマザーとしての新たなスタートです。保育園に子どもたちを入所させ、保険外交員となり、働き口はなんとか見つけることができました。このように、生活基盤を安定させる最低条件は揃ったのです。

 次回へ続きます。

※本連載は離婚したくてもお金の問題で身動きが取れない“離婚予備軍”の方々に知って欲しい話をお伝えするものです。決して、離婚を推奨するものではありません。ただただ、素敵な未来への糸口やヒントになれば幸いです。

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ