デキ婚→子連れ離婚を決意!時給830円のレジ打ちが重要な訳

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2022-06-30 18:45
投稿日:2022-04-05 06:00
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザーを経て「ひでまる」と再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らすアラサーです。
 子連れ離婚&シングルマザーとなった私を常に苦しめた悩みは「お金」です。本連載は当時を振り返りながら、ひでまるとともに実体験に基づく「離婚・再婚のリアル」をお伝えします。

子連れ離婚を決意したら真っ先にすること

離婚の理由は100人居れば100通りある(写真:tumugi)
離婚の理由は100人居れば100通りある (写真:tumugi)

 第1回目は「子連れ離婚に必要な下準備」についてです。離婚をしたい理由は様々ありますが、離婚できない理由も同じように様々あります。子どものためや、パートナーの同意が得られないなど、100人居れば100通りの理由があるでしょう。しかし、一番の大きな問題として現実に重くのしかかってくるのは“お金の問題”です。

 占い師として活動しておりますが、私のもとへ相談にくる方も、「子どもも小さいし、現在専業主婦で収入がないから離婚をして生活をしていけるか不安……」といったお悩みは数多いです。

 しかし、いつまでも我慢をしながらの結婚生活はいつか破綻してしまいます。実際に、過去の私も我慢の末、専業主婦の状態で離婚を決意しました。

離婚をする前に生活基盤を整える

 それからというものの「離婚をするためにはどうすればいいのか?」という情報を本やインターネットを通じて集めながら、着々と離婚の準備を進めていきました。専業主婦で離婚を決意したため、「子どもの親権をとるためにも、しっかりと下準備をしなければならない」と考えたのです。

 その経験からお伝えしたいのは、離婚すると決心したら、まずは、生活基盤を整える準備をしてほしいということです。

まずは一歩踏み出そう!働き口・預け先の確保に奔走

保育園入園のためパートをスタート(写真:iStock)
保育園入園のためパートをスタート (写真:iStock)

 子どもを連れて離婚をするのであれば、働き口と預け先の確保が最優先です。

 私の場合は、まず近場のスーパーで週3の短時間パートを始めました。もちろん、子どもはすぐに保育園に入れるわけでもなく、パートの日のみ、一時預かりをしてくれる施設に預けます。時給830円で月5万円。パート給与と預かり保育の金額(3万円)は相殺されてしまうので、収入としては成り立ちませんでしたが、これも保育園に入れるための重要な過程なのです。

 保育園は、地域によって共働きでもなかなか入れないケースが多いと言われています。しかし、働いている実績を作ることにより保育園に入るためのポイントを上げていくのです。

 仮に、離婚までに保育園に入れなかったとしても、離婚してシングルマザーとなった際にポイントは大きく跳ね上がるため、入所の優先順位が上がります。

 さらに、既に働いていることによって職場の環境が変わらずに離婚後も働けるといった点もメリットとして大きいです。

新生活を送るための新居を探す

新居はどうする?(写真:iStock)
新居はどうする? (写真:iStock)

 働き口と預け先が決まればおのずとお金も溜まっていき、別居・もしくは離婚という道が見えてきました。私の場合は10カ月ぐらい経った頃でしょうか。次は、新生活に向けて新居を探しました。

 新居の選択肢として考えられるのは、

1.実家に帰る
2.自分名義でアパートや市営住宅を借りる

 私はパートを辞め、1と2の両方にしました。

父親は出戻りを許してくれなかった

 実家が遠方だったので、ひとまず実家の近くに戻り、アパートを借りたのです。実家に戻らなかった理由は突然のデキ婚からの離婚だった手前、父親が出戻りを許してくれなかったから。自業自得の話ではありますが、今から思えば、一緒に住んだら、過剰に甘えてしまったような気がして、「実家の近所で別居」の選択は結果として良かったなと思っています。

 その後、晴れて離婚が成立。離婚の理由は大きく言えば価値観の相違です。お互いに大人になりきれないまま結婚をしたため、歪な関係が出来上がっていました。

 今でもはっきりとあの時の光景を覚えています。当時の夫から言われた「もう家族の責任を持ちたくない」という言葉は衝撃的で、私の人生を大きく変えるものとなったのです。

 その後揉めることはなく、当時の夫に「離婚して欲しい」と宣言されてから、3カ月で離婚成立となりました。慰謝料は価値観の相違ということで、特にありません。その時の気持ちはひとりになる寂しさと、夫というしがらみからの開放感、この先の将来への不安といったものが複雑に混ざり合っていました。

 しかし、泣いても笑ってもシングルマザーとしての新たなスタートです。保育園に子どもたちを入所させ、保険外交員となり、働き口はなんとか見つけることができました。このように、生活基盤を安定させる最低条件は揃ったのです。

 次回へ続きます。

※本連載は離婚したくてもお金の問題で身動きが取れない“離婚予備軍”の方々に知って欲しい話をお伝えするものです。決して、離婚を推奨するものではありません。ただただ、素敵な未来への糸口やヒントになれば幸いです。

tumugi・ひでまる
記事一覧
ツレ婚夫婦ライター
10代で結婚、20代で離婚した3人の子を持つ占い師ライターtumugiと、元妻に2回も不倫サレてバツイチとなった会社員のひでまるが出会い、ステップファミリー(子連れ再婚)に。夫婦ともにFPの資格を所持し、保険会社勤務の経歴を持つ。自らの体験から『ステップファミリーの本音』をテーマに情報発信をしている。ステップファミリーを目指す方の背中を押すべく占い×実体験のアドバイスを用いて活動中!
ブログYouTubeXInstagram公式LINE
◆相談はこちら

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ