「ぁぃぅぇぉ」痛いと思われてる“ドン引きおばさん”LINE5選

コクハク編集部
更新日:2022-04-03 06:00
投稿日:2022-04-03 06:00
 流行って、本当にあっという間に過ぎていきますよね。特に注意したいのが、自分の時代には「若い」と思われていたブームが、とっくに「古臭い」に変わっているということ。
 今回はアラサー&アラフォー女性が陥りやすい「おばさんと思われやすいLINE」の内容を5つご紹介します。みなさん、一緒に現実を受け止めましょう!

もう古いよ…! ドン引きされてる痛いおばさんLINE5選

1.「あいうえお」を小文字にする

 前に「ぁぃぅぇぉ」などを小文字にするギャル文化が流行りましたよね。でも、これが「若い」文化だったのは、だいぶ昔の話。とはいえ、その頃の癖が抜けない人も多いようです。

 こちらのLINEは、ある女性が可愛く好きな年下男性に送ったLINEですが、男性は「おばさん」だと感じたそう。ちなみに、今は「まあ」「だよお」など、あえて文字を大きくする文化になっているそうです……。

2. 年齢に関する自虐ネタ

 年齢を重ねてくると、「若作りをしたほうが痛い」と思うがゆえに、あえて自分から年齢に関する自虐ネタを放り込んで「若作りしていません感」を匂わせる人もいます。しかし、これも“痛いおばさん”と思われる可能性大!

 こちらのLINEは、職場の後輩男性から先輩女性へのLINE。お礼の内容に対して「若いエキスもらってるからいいの」「腰が爆発しそう」など、自虐ネタのオンパレード。自虐ネタを使い慣れているベテランのようですが、完全に“おばさん”という位置付けにされてしまっているそうです……。

3. 数種類の顔文字しか使えない

 おばさんLINEと思われやすい内容の一つに、「スマホに慣れていない“お母さん”を彷彿とさせる内容」があります。

 このLINEは同期の女性に歓送迎会の幹事をしてくれたお礼を送った内容なのですが、スマホ初心者が使うようないくつかの顔文字しか使いこなせていませんね。

 たったこれだけで、同い年の同僚にすら「おばさん」という印象を与えてしまうので要注意! 絵文字やスタンプを上手に使いこなせるように、練習しておきましょう。

 

4. 赤い「!」「?」を使う

 とても不思議なのですが、お父さんお母さん年代はなぜか、この赤い「!」「?」を多用する傾向にあります。この記号を使うと、「少しでもカラフルに若々しくしたいけど、これが限界」という印象を与えてしまうようです。

 このLINEは、女友達と明日の待ち合わせについてやりとりをしている内容ですが、赤い記号が白い吹き出しに痛々しいほど映えています……。つい使ってしまいがちな赤い記号……心当たりがある人もいるのではないでしょうか。

5. お節介な内容を送る

 LINEの内容で“おばさん”を感じさせてしまうのが「余計なお節介」な内容を送ること。確かにおばさんといえば「お腹出してると風邪引くわよ」「手足を冷やしたら万病の元よ」など、お節介をする印象がありますよね。

 こちらのLINEを送った女性は、一緒に飲んでいた男友達に「タクシーで無事帰れた?」「帰ったら体をすぐ横にしたらだめだよ」と、ついお節介をしています。優しさのつもりで送っているのに、おばさんと思われるなんて納得いかない気もしますが、これが現実なのです。

痛いおばさんと思われたくないならLINEも慎重に…!

 女性たるもの、いつまでも若々しくいたいと思うもの。歳を重ねても、メイクや服装、仕草で「おばさん」と思われないように気をつけている人は多いと思います。

 でも、若い人はLINEからも敏感におばさん感を感じとってしまうのです。もしも、痛いおばさんだと思われたくないなら、LINEを送る際には慎重になってくださいね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


実はコスパ最強の蘭「レナンセラ」飾るだけでも“女性美”UP!
 もーワタクシ、ワクワクが止まりません!  少しずつ以前の生活を取り戻してきた世の中。ゴールデンウィークも3年ぶり...
平均月給11万円!シンママ保険外交員のリアルを知って欲しい
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「食品のまとめ買い」は節約の味方!正しい保存法をおさらい
 長引くコロナ禍で仕事に支障が出てしまい、節約のために自炊をはじめた人は多いようです。確かに、毎日の食費を少しずつでも浮...
あなたは受け恋?追い恋? 5月23日~5月29日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
腹ペコ“たまたま”大集合!にゃんたまを虜にする手作りごはん
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“悩める母の会”で育児の悩みを共有したら… 2022.5.21(土)
 皆さんは子育ての悩みって誰に相談していますか? 保育園の先生やママ友は周りにいるけれど、よく知っている人には逆に話しに...
「ひとしかえして」よく読むとめちゃ怖い!意味深LINE3選
 何気なく送り合っているLINE。でも、もしかしたらそのLINE、よく読んでみるととても怖い意味が隠されているかもしれま...
不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...