男性は繊細な生き物デス…彼のプライドを傷つける彼女の言葉

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-04-09 06:00
投稿日:2022-04-09 06:00
 男性には「男のプライド」があります。雄々しく見えるこのプライドですが、実はちょっとした彼女の言葉でも傷ついてしまうデリケートなもの……。でも、女性の中にはそのプライドをなかなか理解できずに、無意識に彼氏を傷つける言葉を使ってしまう人もいるようです。
 今回は男性が絶対に言われたくない「男のプライドを傷つける彼女の言葉」をご紹介します。

褒めたつもりが…男のプライドを傷つける彼女の言葉3選

褒めてるつもりでも…(写真:iStock)
褒めてるつもりでも… (写真:iStock)

 まずは、女性が「褒め言葉」の意味合いで使いがちなワードからチェックしていきましょう。男性にとっては、褒め言葉どころか心がズタボロにされてしまうようです……。

1. 痩せてて羨ましいな

 女性にとって「痩せてる」というワードは、言われて嬉しい言葉ですよね。でも、男性にとっては真逆。「痩せている=細身で弱そう」と、捉えてしまうのです。

 中には、筋肉隆々な男になりたいのに太れなかったりと、細身の体にコンプレックスを持っている場合もあるので要注意です。

2. 色白でいいな

「色白」という言葉も、女性にとっては褒め言葉でも男性にとっては「弱々しい」と卑下されたように感じる言葉のひとつ。

 本当は日焼けをしたくても、ただ赤くなってしまうだけで白い肌に戻ってしまう人もいるため、気をつけたいポイントですね。

3. 顔はかっこいいのにもったいない

「顔はかっこいいんだから、服装を変えたらもっとイケてるのに!」というのもNGワード。

 彼氏の素敵なルックスを褒めつつも、さらにかっこよくなってもらいたいと思う愛情から言ってしまいがちな言葉ですが、男性からすると現状の自分を否定されているようで、傷ついてしまうそう。「かっこいいね」で、留めておいたほうがいいようですね。

親しい仲だからこそ…男のプライドを傷つける彼女の言葉3選

 続いては、彼女という彼氏に近い立場だからこそ言ってしまいがちな男性を傷つける言葉をチェックしていきましょう。親しき仲にも礼儀ありですよ。

1. 男なんだから…

「男なんだから」と言われても…(写真:iStock)
「男なんだから」と言われても… (写真:iStock)

 多くの人は「男性とはこうあるべき」という教育を受けて育っていますよね。そのため、男性なのに虫が苦手、重いものが持てない、怖がりなどの一面を知った時に、思わず「男なんだから」と言ってしまいがち。

 でも、人にはそれぞれ個性があります。中には、自分を否定されたように感じて傷ついてしまう男性もいるので気をつけましょう。

2. そんなこともできないの?

 彼氏がいいところを見せようとして、料理や家事など慣れない仕事を手伝って失敗してしまった時、「そんなこともできないの?」と、つい上から目線で言ってしまった経験がある女性も多いでしょう。

 しかし、この言葉も男のプライドをズタズタにしてしまいます。彼氏がいいところを見せようと張り切っている時は、ミスに対して目をつぶり、ただ感謝だけを伝えるようにしましょう。

3. ◯◯くんってイケメンだよね!

自分以外の男性を褒められるのは不愉快(写真:iStock)
自分以外の男性を褒められるのは不愉快 (写真:iStock)

 彼氏との信頼関係があるからこそ、「◯◯くんってイケメンだよね」「芸能人の◯◯ってかっこいいよね!」と、彼氏の前でほかの男性を褒めることってありますよね。しかし、相手が誰であっても、彼女がほかの男性を褒めるのは気持ちの良いものではありません。彼が平気な顔で頷いていたとしても、実は深く傷ついているかもしれませんよ。

 そんな時は「もちろんあなたが一番だけど♡」の一言を添えたほうが、トラブルに発展するのを防げるでしょう。

男のプライドを傷つける彼女の言葉は意識すれば直せる!

彼の気持ちに寄り添った言葉選びを(写真:iStock)
彼の気持ちに寄り添った言葉選びを (写真:iStock)

 男のプライドに関しては「男って、そう考えるものなんだ」と、そのまま受け止めたうえで、慎重に言葉を選ぶようにしましょう。ほんの少しだけ彼氏の気持ちになって言葉選びをすれば、彼氏を傷つけてしまうこともなくなるはずです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ