結婚10年目で発覚!“鬼嫁”と吹聴する夫に不信感が募る38歳妻

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-04-09 06:00
投稿日:2022-04-09 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷”“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。

人並みの夫婦だと思っていたのに

愛情も敬意もナシ!(写真:iStock)
愛情も敬意もナシ! (写真:iStock)

 38歳の夏奈子さん(仮名)は、3歳年上の夫・トシキさん(仮名)と結婚10年目を迎えました。ふたりのあいだには、中学生の子どもがひとり。夫婦仲は決してラブラブとは言えないものの、夏奈子さんいわく「まぁ、それなりに人並みの夫婦だと思っていた」そうです。

 しかし、つい最近になって外では夫が、何年間にもわたって妻のことを「鬼嫁」だと吹聴していたことが発覚。このことを機に夏奈子さんからトシキさんへの信頼は音を立てるように崩れ、さらには夫への愛情や敬意すらも失われたとのこと……。

トロいと思っていた夫の裏の顔に不信感

「ウチの嫁は“鬼嫁”でーす!」(写真:iStock)
「ウチの嫁は“鬼嫁”でーす!」 (写真:iStock)

「本人がここに居ないから言えますけど、夫はぬぼーーっとした性格の人なんです。いわゆる“トロい”っていう部類です。これという取り柄もないし、特技もなし。趣味もなければセンスのいい会話もできない。

 え? なんで結婚したんですかって? 結婚に対して“安定”を求めたからですよ。結婚前に私が付き合っていた元カレは、とにかく生活が派手な人で浮気もしていたので、結婚するなら、おとなしくてぼーっとしたタイプがいいなと思っていたところに夫と知り合いました。

 そんな夫が、結婚以降ずっと私のことを“鬼嫁”と言いふらしていたとわかり、怒りが収まりません」

 結婚後もよく言えば「穏やか」、悪く言えば「刺激が何ひとつない」生活を続けてきたと夏奈子さん。子どもが健やかに成長し、俗に言う“人並み”の生活ができればいいと考えてきたと言います。

 しかし何年にもわたり自分の悪口を第三者に言いふらしていたという夫の素行を知り、今は不信感しか募らないと怒りをあらわにします。

確かにチャキチャキ系の性格だけど…

何を企んでいるの?(写真:iStock)
何を企んでいるの? (写真:iStock)

「何のために、よその人に妻の悪口を言っているのか、意味がわかりません。鬼嫁だと言うのは夫の勝手ですけど、こっちはそれなりにきちんと家事もこなしていますし、鬼嫁だと言われる筋合いはないと思っています。

 もともと気弱そうに見える夫が私のことを“鬼嫁”と言えば、その話を聞いた人はきっと私を鬼嫁だと思うんでしょうね。ほら、私はどちらかと言うと性格はチャキチャキ系ですし、見た目も強そうだと思いますし。でも、だから余計に腹が立つんですよ。夫が何かを企んで、私を鬼嫁呼ばわりしているんじゃないかなって」

 夫の周囲にいる人たちと夏奈子さんとの接点はないものの、SNSなどで夫の知り合いが自分を検索して、“この人が鬼嫁なのか……”と思われていると思うと「しんどい」と感じるそう。なぜ、夫なのに妻の悪口を何年も言い続けるのか、妻としての立場から理解に苦しんでいます。

理由によっては別居も視野に

SNSでも鬼嫁と思われているのでは…(写真:iStock)
SNSでも鬼嫁と思われているのでは… (写真:iStock)

「夫にはっきり直談判したこともありますが、明確な返事は返ってきませんでしたね。なんせウチの夫は、ぬぼーーっとしたタイプなので。こういう話をしても、のらりくらりとかわされるだけです。何の目的があって、私のことを他所に悪く言っているのか……、理由がわかればスッキリするのかなとは思っています」

 日に日に夫への不信感を募らせている夏奈子さんは、夫が自分を悪く言っている理由次第では、別居など夫婦関係の終了も視野に入れているとのこと……。

 ではいったい夫はなぜ、最愛の女性であるはずの妻を第三者に対して悪く言うのでしょうか。実はそこには切実な事情が隠れていました。次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ