結婚10年目で発覚!“鬼嫁”と吹聴する夫に不信感が募る38歳妻

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-04-09 06:00
投稿日:2022-04-09 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷”“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。

人並みの夫婦だと思っていたのに

愛情も敬意もナシ!(写真:iStock)
愛情も敬意もナシ! (写真:iStock)

 38歳の夏奈子さん(仮名)は、3歳年上の夫・トシキさん(仮名)と結婚10年目を迎えました。ふたりのあいだには、中学生の子どもがひとり。夫婦仲は決してラブラブとは言えないものの、夏奈子さんいわく「まぁ、それなりに人並みの夫婦だと思っていた」そうです。

 しかし、つい最近になって外では夫が、何年間にもわたって妻のことを「鬼嫁」だと吹聴していたことが発覚。このことを機に夏奈子さんからトシキさんへの信頼は音を立てるように崩れ、さらには夫への愛情や敬意すらも失われたとのこと……。

トロいと思っていた夫の裏の顔に不信感

「ウチの嫁は“鬼嫁”でーす!」(写真:iStock)
「ウチの嫁は“鬼嫁”でーす!」 (写真:iStock)

「本人がここに居ないから言えますけど、夫はぬぼーーっとした性格の人なんです。いわゆる“トロい”っていう部類です。これという取り柄もないし、特技もなし。趣味もなければセンスのいい会話もできない。

 え? なんで結婚したんですかって? 結婚に対して“安定”を求めたからですよ。結婚前に私が付き合っていた元カレは、とにかく生活が派手な人で浮気もしていたので、結婚するなら、おとなしくてぼーっとしたタイプがいいなと思っていたところに夫と知り合いました。

 そんな夫が、結婚以降ずっと私のことを“鬼嫁”と言いふらしていたとわかり、怒りが収まりません」

 結婚後もよく言えば「穏やか」、悪く言えば「刺激が何ひとつない」生活を続けてきたと夏奈子さん。子どもが健やかに成長し、俗に言う“人並み”の生活ができればいいと考えてきたと言います。

 しかし何年にもわたり自分の悪口を第三者に言いふらしていたという夫の素行を知り、今は不信感しか募らないと怒りをあらわにします。

確かにチャキチャキ系の性格だけど…

何を企んでいるの?(写真:iStock)
何を企んでいるの? (写真:iStock)

「何のために、よその人に妻の悪口を言っているのか、意味がわかりません。鬼嫁だと言うのは夫の勝手ですけど、こっちはそれなりにきちんと家事もこなしていますし、鬼嫁だと言われる筋合いはないと思っています。

 もともと気弱そうに見える夫が私のことを“鬼嫁”と言えば、その話を聞いた人はきっと私を鬼嫁だと思うんでしょうね。ほら、私はどちらかと言うと性格はチャキチャキ系ですし、見た目も強そうだと思いますし。でも、だから余計に腹が立つんですよ。夫が何かを企んで、私を鬼嫁呼ばわりしているんじゃないかなって」

 夫の周囲にいる人たちと夏奈子さんとの接点はないものの、SNSなどで夫の知り合いが自分を検索して、“この人が鬼嫁なのか……”と思われていると思うと「しんどい」と感じるそう。なぜ、夫なのに妻の悪口を何年も言い続けるのか、妻としての立場から理解に苦しんでいます。

理由によっては別居も視野に

SNSでも鬼嫁と思われているのでは…(写真:iStock)
SNSでも鬼嫁と思われているのでは… (写真:iStock)

「夫にはっきり直談判したこともありますが、明確な返事は返ってきませんでしたね。なんせウチの夫は、ぬぼーーっとしたタイプなので。こういう話をしても、のらりくらりとかわされるだけです。何の目的があって、私のことを他所に悪く言っているのか……、理由がわかればスッキリするのかなとは思っています」

 日に日に夫への不信感を募らせている夏奈子さんは、夫が自分を悪く言っている理由次第では、別居など夫婦関係の終了も視野に入れているとのこと……。

 ではいったい夫はなぜ、最愛の女性であるはずの妻を第三者に対して悪く言うのでしょうか。実はそこには切実な事情が隠れていました。次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ
NO,ヤリモク!“都合のいい女”回避で初デートを成功させる法
 気になる男性との初デート、絶対に成功させたいですよね。できればデートを通して関係を深めて、真剣交際に発展させたいもの。...
若林杏樹 2022-09-28 06:00 ラブ
浮気の沼から出たい!なぜ禁断の恋ばかり? 5つのやめる方法
 パートナーがいるにも関わらず、ドキドキ感がたまらなくて浮気にはまってしまう人は少なくありません。しかし、ある程度の期間...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
仰天!男目線で分析する「美人の条件6つ」演じる際の参考に
 男性からモテるために「美人な女性」を目指していても、実は男女で美人の条件は大きく異なるようです。つまり、男性にモテるた...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
【実録】離婚は嘘、嫁いるよね?絶対に自宅に誘ってこない男
 こんにちは! 林知佳と申します。マッチングアプリで出会ったとんでもない男たちの第2回目! 世の中の女子たちがこれを読ん...
林知佳 2022-09-27 06:00 ラブ