新婚なのにセックスレス…子作りに消極的な夫、焦る34歳の妻

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-03-19 06:00
投稿日:2022-03-19 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷”“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。

交際中から夜の生活の頻度は減っていた

子どもがほしいのに(写真:iStock)
子どもがほしいのに (写真:iStock)

 34歳の瑞季さん(仮名)は、結婚2年目ながらもセックスレスに悩む主婦。夫のマサヒロさん(仮名・32歳男性)とは、1年ほど交際したのちにゴールインしました。

「付き合っているときから、少しずつ夜の生活の頻度は減っていたんです。でも、結婚したら子作りも視野に入れるだろうし、まぁそのうち改善するだろうって、あまり深刻に考えずに結婚してしまいました。

 だけど実際には、新婚旅行のときだけはそれなりに盛り上がったけれど、それ以降は、減る一方で……。夫には『子どもがほしい』ということは、それとなく何度も伝えていますが、夜の生活にはまったく積極的になってくれません」

 途方に暮れている瑞季さんは、キスやハグの頻度を増やしてみようと夫に試すものの、最近ではそれすらも「嫌がられている気がする」とのこと……。

焦りばかりが募っていく

問い詰めたいけど…(写真:iStock)
問い詰めたいけど… (写真:iStock)

「“子作り”って言葉を出したのが、かえっていけなかったのですかね?

 WEBで検索しまくって、“セックスレス解消”とか“夫婦の営み”とかの記事に書いてあることも、ほとんど試したけれど、夫には響きません。

 セクシーな下着も買ったし、ムーディーなお部屋に変わるよう、寝室のインテリアも変えました。アロマや香水も効果があるって聞いたので、そういうのも片っ端から試したんですが、まったくダメです」

 このままでは、瑞季さんが考える“出産適齢期”を逃しそうで、焦りばかりが強まる毎日だそう。けれど、そんな瑞季さんの気持ちを夫は理解するどころか、最近では自宅で過ごす時間を減らしているようにすら見え、不安が大きくなってきたと言います。

「夫がやる気になってくれない以上、子作りもできないし、それだけじゃなく、夜の生活が減ったことで夫婦間も冷めている気がします」

 瑞季さんは、本当は夫に対してストレートに「なぜ自分を抱いてくれないのか?」と問い詰めたいそうですが、それをすると「もっと関係が悪くなりそうな気もして、なかなか踏み込めない」でいると、ため息をつきます。

メンタルが弱くなっている自分も嫌

傷の舐め合いかもしれないけど(写真:iStock)
傷の舐め合いかもしれないけど (写真:iStock)

「世の中には、私と同じように新婚なのにレスに悩んでいる人も珍しくはないようで、最近ではSNSを通じて同じような悩みを抱える仲間と繋がっています。だけど、傷の舐め合いをしているようで、そういう世界に頼らないとメンタルがやっていけなくなっている自分のことも嫌なんですよね。

 せっかく結婚したんだから、本当は人並みに夫婦で仲良く過ごしたい。でも、夫にはそんな私の気持ちが届いていないようで、どう伝えたらいいのか、どうやって現状を変えたらいいのか、さっぱりわかりません……。

 夫は私より年下ですから、性欲はそれなりにあってもいいはず。なのに、何を考えているんでしょうね」

 実は、夫のマサヒロさんは夫婦間のセックスレスについて、親しい友人に事情を話していました。ではいったいなぜ、新婚早々マサヒロさんは妻を抱かなくなったのでしょうか。そこには悲しくも深い事情が隠されていました……。

 次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテ期と錯覚した女の孤独 フェイクと本物の明確な違いは?
「私、モテ期かも……」と複数の男性とのやりとりを楽しんでいたつもりなのに、気がついたら孤独になっていた。そんな女性が増え...
内藤みか 2022-10-06 06:00 ラブ
あなたはふりかけ星人?「料理にケチをつける男」対処法4つ
 料理にケチをつける男にイライラした経験のある人は多いですよね。普通の仕事とは違い、家事には休みも定年もお給料もありませ...
恋バナ調査隊 2022-10-06 06:00 ラブ
彼から愛され続ける究極の方法は…“インフラ的な存在”になる
 パートナーのことが好きであればあるほど、彼にとっての一番大切な存在になりたいですよね。 「元カノや、他の女性に目移り...
若林杏樹 2022-10-05 06:00 ラブ
えぐ!鬼嫁の仰天インスタ3選 夫婦喧嘩のスクショをガチ投稿
「鬼嫁」と呼ばれる女性の中にはSNSでも、その鬼嫁っぷりを惜しげなく露呈している人もいるようです。  一方、“いい奥さ...
並木まき 2022-10-05 06:00 ラブ
体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ