新婚なのにセックスレス…子作りに消極的な夫、焦る34歳の妻

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-03-19 06:00
投稿日:2022-03-19 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷”“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。

交際中から夜の生活の頻度は減っていた

子どもがほしいのに(写真:iStock)
子どもがほしいのに (写真:iStock)

 34歳の瑞季さん(仮名)は、結婚2年目ながらもセックスレスに悩む主婦。夫のマサヒロさん(仮名・32歳男性)とは、1年ほど交際したのちにゴールインしました。

「付き合っているときから、少しずつ夜の生活の頻度は減っていたんです。でも、結婚したら子作りも視野に入れるだろうし、まぁそのうち改善するだろうって、あまり深刻に考えずに結婚してしまいました。

 だけど実際には、新婚旅行のときだけはそれなりに盛り上がったけれど、それ以降は、減る一方で……。夫には『子どもがほしい』ということは、それとなく何度も伝えていますが、夜の生活にはまったく積極的になってくれません」

 途方に暮れている瑞季さんは、キスやハグの頻度を増やしてみようと夫に試すものの、最近ではそれすらも「嫌がられている気がする」とのこと……。

焦りばかりが募っていく

問い詰めたいけど…(写真:iStock)
問い詰めたいけど… (写真:iStock)

「“子作り”って言葉を出したのが、かえっていけなかったのですかね?

 WEBで検索しまくって、“セックスレス解消”とか“夫婦の営み”とかの記事に書いてあることも、ほとんど試したけれど、夫には響きません。

 セクシーな下着も買ったし、ムーディーなお部屋に変わるよう、寝室のインテリアも変えました。アロマや香水も効果があるって聞いたので、そういうのも片っ端から試したんですが、まったくダメです」

 このままでは、瑞季さんが考える“出産適齢期”を逃しそうで、焦りばかりが強まる毎日だそう。けれど、そんな瑞季さんの気持ちを夫は理解するどころか、最近では自宅で過ごす時間を減らしているようにすら見え、不安が大きくなってきたと言います。

「夫がやる気になってくれない以上、子作りもできないし、それだけじゃなく、夜の生活が減ったことで夫婦間も冷めている気がします」

 瑞季さんは、本当は夫に対してストレートに「なぜ自分を抱いてくれないのか?」と問い詰めたいそうですが、それをすると「もっと関係が悪くなりそうな気もして、なかなか踏み込めない」でいると、ため息をつきます。

メンタルが弱くなっている自分も嫌

傷の舐め合いかもしれないけど(写真:iStock)
傷の舐め合いかもしれないけど (写真:iStock)

「世の中には、私と同じように新婚なのにレスに悩んでいる人も珍しくはないようで、最近ではSNSを通じて同じような悩みを抱える仲間と繋がっています。だけど、傷の舐め合いをしているようで、そういう世界に頼らないとメンタルがやっていけなくなっている自分のことも嫌なんですよね。

 せっかく結婚したんだから、本当は人並みに夫婦で仲良く過ごしたい。でも、夫にはそんな私の気持ちが届いていないようで、どう伝えたらいいのか、どうやって現状を変えたらいいのか、さっぱりわかりません……。

 夫は私より年下ですから、性欲はそれなりにあってもいいはず。なのに、何を考えているんでしょうね」

 実は、夫のマサヒロさんは夫婦間のセックスレスについて、親しい友人に事情を話していました。ではいったいなぜ、新婚早々マサヒロさんは妻を抱かなくなったのでしょうか。そこには悲しくも深い事情が隠されていました……。

 次回に続きます。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ