“鬼嫁”と吹聴すれば楽…切実な事情を抱える41歳劣等夫の選択

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-04-09 06:00
投稿日:2022-04-09 06:00
冷酷と激情のあいだvol.85〜女性編〜」では、3歳年上の夫・トシキさん(仮名)から、自分の知らないところで“鬼嫁”呼ばわりされていることを知り、怒りを隠せない女性・夏奈子さん(仮名/38歳女性)の心情をお届けしました。
 では、トシキさんはなぜ自分の周囲に対して、妻のことを悪く言い続けているのでしょうか。

妻に非はないけど、ただ怖い!

奥さんが怖いんです(写真:iStock)
奥さんが怖いんです (写真:iStock)

「あー……、それはですねー……。ちょっとした事情があるんです」

“困ったな”という表情をしながら、口ごもるトシキさん。どうやら、妻のことを悪く言っている理由について、話しにくい事情があるようです。

「うーんと、こんなことを言うのは本人には悪いなって思うんですが、僕は奥さんが怖くて……。

 怖いって言っても、妻が怒りっぽいとか冷たいとかはなくて、向こうは普通にしているだけだと思うんです。僕に意地悪をするってわけでもないですし。

 えーっと……、妻はなんでもチャキチャキと片付けて要領が良い人なんですけど、僕は真逆のタイプなんですね。それで、妻と一緒にいると僕の劣等感がくすぐられると言うんですかね……、無言の圧をかけられている気持ちになるんですよ」

妻への劣等感が恐怖心に変わってしまった

逃げたい…でもどうせ何も変わらない(写真:iStock)
逃げたい…でもどうせ何も変わらない (写真:iStock)

 結婚以来ずっと、自宅にいても心が休まらないと感じているトシキさん。妻が家事や仕事をきちんとこなす姿を目の当たりにするたびに、劣等感を抱いてきていて、やがてそれが「恐怖心」へと変わってしまったと悲しそうに話します。

「だから、誰かに家庭のことを聞かれても話せることもないから、“ウチのヨメは鬼嫁で”って話しているんです。そうすれば、多くの人はそれ以上のことは訊いてきませんから。

“鬼嫁”って言えば、だいたいの人は家庭がうまくいっていないのかなって察してくれるから、助かるんです。

 実際、ウチはうまくいっているかと言えば、特に円満ってワケでもないと思いますし。娘がいるので、娘が成人するまでは離婚はしたくありませんが、生涯を通じて妻と一緒にいるのかと訊かれれば、自信がないですね……。

 妻に対しては、こんな夫で申し訳ないなぁっていう気持ちはあるんです。でも、僕はやっぱり妻のように要領よくいろんなことができるわけでもないし、頭も悪いんで。ときどき、ものすごく今の環境から逃げ出したくなります。でも、逃げても何も変わらないって思うので、行動には移していないですけどね」

「結婚生活って難しい」

自分の受け止め次第ってわかってるけど(写真:iStock)
自分の受け止め次第ってわかってるけど (写真:iStock)

 トシキさんは、今後も家庭生活が今よりも良くなる可能性は低いだろうと諦めているとのこと。ただ、妻に非があるわけでもなく、すべては自分の受け止め方の問題だと認識しているそうです。

「結婚生活って、思っていたよりもずっと難しいんですね……」とため息をつきながら話しているのが印象的でした。

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


情事妻のテク。不倫相手の名前を“五反田のまさかず叔父”で登録したら…
 不倫相手との連絡によく使われるLINE。でも、そのままの登録名では怪しまれてバレるのがオチ…。だからこそ、みんなありと...
恋バナ調査隊 2024-04-21 06:00 ラブ
「娘に“男”を見せたくなかった…」マチアプを悔やむ45歳シンパパの本音
「冷酷と激情のあいだvol.191〜女性編〜」では、自身の妊娠と出産を年齢的な理由で諦め、シングルファザー限定で恋人探し...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
出産は諦めたけど子は欲しい…シンパパ射止める“5秒前”、47歳独女の計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
着信26件、もはやホラー! アラサー・アラフォー女性が蛙化した瞬間
「好きだったけど幻滅した!」と、好意が一気に消えてしまう“蛙化現象”。(元々は、好きになった人から好意を感じると逆に嫌悪...
恋バナ調査隊 2024-04-20 06:00 ラブ
人生狂わす男女の金銭トラブル 大谷を襲った“一平さん騒動”と次元違えど
 大谷翔平選手と水原一平さんの間で起こった金銭トラブルとは次元が異なるものの、男女間でもお金が原因の関係が破綻は少なくな...
恋バナ調査隊 2024-04-19 06:00 ラブ
年下男子とのデートは「ヌン活」に限る? 彼らを誘うと「即OK」するワケ
 アフタヌーンティーが人気です。色とりどりのスイーツとおいしいお茶を味わいながらの午後のティータイム女子会は格別な心地良...
内藤みか 2024-04-18 06:00 ラブ
自分にはお金使うくせに「ケチな男」の特徴4つ、結婚したらどうなる?
 自分の持ち物や趣味には好き勝手お金を使うのに、それ以外のことにはお金を出すのを嫌がる男、いますよね。  車がベンツで...
恋バナ調査隊 2024-04-17 06:00 ラブ
職場は心の浮気の震源地!四六時中チャット、2人きりランチ…リスクは?
 恋人がいるのに他の男性と体の関係があったら、それはガッツリ「浮気」。そして、既婚者であれば「不倫」です。でも「体の関係...
恋バナ調査隊 2024-04-16 06:00 ラブ
不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ