“鬼嫁”と吹聴すれば楽…切実な事情を抱える41歳劣等夫の選択

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-04-09 06:00
投稿日:2022-04-09 06:00
冷酷と激情のあいだvol.85〜女性編〜」では、3歳年上の夫・トシキさん(仮名)から、自分の知らないところで“鬼嫁”呼ばわりされていることを知り、怒りを隠せない女性・夏奈子さん(仮名/38歳女性)の心情をお届けしました。
 では、トシキさんはなぜ自分の周囲に対して、妻のことを悪く言い続けているのでしょうか。

妻に非はないけど、ただ怖い!

奥さんが怖いんです(写真:iStock)
奥さんが怖いんです (写真:iStock)

「あー……、それはですねー……。ちょっとした事情があるんです」

“困ったな”という表情をしながら、口ごもるトシキさん。どうやら、妻のことを悪く言っている理由について、話しにくい事情があるようです。

「うーんと、こんなことを言うのは本人には悪いなって思うんですが、僕は奥さんが怖くて……。

 怖いって言っても、妻が怒りっぽいとか冷たいとかはなくて、向こうは普通にしているだけだと思うんです。僕に意地悪をするってわけでもないですし。

 えーっと……、妻はなんでもチャキチャキと片付けて要領が良い人なんですけど、僕は真逆のタイプなんですね。それで、妻と一緒にいると僕の劣等感がくすぐられると言うんですかね……、無言の圧をかけられている気持ちになるんですよ」

妻への劣等感が恐怖心に変わってしまった

逃げたい…でもどうせ何も変わらない(写真:iStock)
逃げたい…でもどうせ何も変わらない (写真:iStock)

 結婚以来ずっと、自宅にいても心が休まらないと感じているトシキさん。妻が家事や仕事をきちんとこなす姿を目の当たりにするたびに、劣等感を抱いてきていて、やがてそれが「恐怖心」へと変わってしまったと悲しそうに話します。

「だから、誰かに家庭のことを聞かれても話せることもないから、“ウチのヨメは鬼嫁で”って話しているんです。そうすれば、多くの人はそれ以上のことは訊いてきませんから。

“鬼嫁”って言えば、だいたいの人は家庭がうまくいっていないのかなって察してくれるから、助かるんです。

 実際、ウチはうまくいっているかと言えば、特に円満ってワケでもないと思いますし。娘がいるので、娘が成人するまでは離婚はしたくありませんが、生涯を通じて妻と一緒にいるのかと訊かれれば、自信がないですね……。

 妻に対しては、こんな夫で申し訳ないなぁっていう気持ちはあるんです。でも、僕はやっぱり妻のように要領よくいろんなことができるわけでもないし、頭も悪いんで。ときどき、ものすごく今の環境から逃げ出したくなります。でも、逃げても何も変わらないって思うので、行動には移していないですけどね」

「結婚生活って難しい」

自分の受け止め次第ってわかってるけど(写真:iStock)
自分の受け止め次第ってわかってるけど (写真:iStock)

 トシキさんは、今後も家庭生活が今よりも良くなる可能性は低いだろうと諦めているとのこと。ただ、妻に非があるわけでもなく、すべては自分の受け止め方の問題だと認識しているそうです。

「結婚生活って、思っていたよりもずっと難しいんですね……」とため息をつきながら話しているのが印象的でした。

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ