夫に幻滅する5つの瞬間 しんどい夫婦生活を1ミリでも改善!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-04-13 06:00
投稿日:2022-04-13 06:00
 大好きな人との結婚が決まった時、多くの人は幸せでバラ色の生活をイメージしていたでしょう。しかし、月日が経つにつれて「こんな人だと思わなかった」「結婚しなければよかった」なんて、相手に幻滅している人がいるのも事実……。
 今回は夫婦に共通する「相手に幻滅する瞬間」や、幻滅しない&させないために忘れてはいけないことをご紹介します。

夫婦共通! 相手に幻滅する5つの瞬間

 あなたが夫に対して幻滅した瞬間があるのなら、相手も同じように感じている可能性があります。まずは世の多くの夫婦に共通した、相手に幻滅する瞬間を見ていきましょう。

1. 変わってしまった体型

体型や見た目を気にしなくなるのはNG(写真:iStock)
体型や見た目を気にしなくなるのはNG (写真:iStock)

 結婚後に食べ過ぎて太ってしまった人、妊娠出産を経て体型が変わってしまった人もいるでしょう。

 このように、結婚前から変わってしまった相手の体型を見て、幻滅する人は少なくありません。おじさん体型、おばさん体型になった相手の姿にがっかりして、付き合いはじめた頃を懐かしんでしまう人も多いでしょう。

2. 身だしなみに気を使わなくなる

 恋愛期間は相手に好かれたい一心で、気合いを入れて身だしなみをしていたはず。しかし、結婚したという安心感から気を使わなくなる人も少なくありません。

 そんな相手を見て、幻滅する人は意外と多いです。忙しい、お金に余裕がない、といった理由を分かっていたとしても、ガッカリしてしまうでしょう。

3. 平気でおならをする

結婚した途端、おならを…(写真:iStock)
結婚した途端、おならを… (写真:iStock)

 恋人関係の時にはいろいろと相手に気を使うもの。「おならなんてもってのほか!」と、我慢していた人も多いのではないでしょうか。

 それが結婚した途端、家族になった安心感からか、なぜか平気になってしまう人がいます。不可抗力な部分もあるかもしれませんが、そんな相手の姿に幻滅する人は多いでしょう。

4. 実家との付き合いが適当

 恋人同士の頃と違って、結婚後はお互いの家族との付き合いが必要となります。実は、そんな実家との付き合い方が原因で、相手に幻滅する人もいます。

 たとえば、自分の実家には良い顔をするのに、義理の実家に適当な態度を取られたら……。「こんな人と結婚するんじゃなかった」と、後悔する人も少なくありません。

5. すべてに対してズボラ

部屋がすごいことに…(写真:iStock)
部屋がすごいことに… (写真:iStock)

 結婚前に同棲をしていれば、ある程度相手の生活スタイルがわかりますが、結婚してから一緒に住みはじめた人の中には、相手の生活態度に引いてしまう人もいます。

 洗濯物を片づけない、掃除をしない、部屋が汚くても平気など、すべてにズボラな姿に「このまま一緒に生活していけるだろうか」と、離婚を考える人もいます。

幻滅しない&させないために忘れてはいけない3つのこと

 好きで結婚した相手ですから、できるなら最後まで添い遂げたいもの。それを叶えるためには、お互いに幻滅しない、させないための努力が必要です!

1. 自分磨きを忘れない

自分磨きはしっかりと!(写真:iStock)
自分磨きはしっかりと! (写真:iStock)

 結婚後、自分磨きを忘れてしまう人は少なくありません。「もう、結婚したんだから」と、どんどん楽をするのは簡単ですが、相手を幻滅させないためにはいくつになっても自分磨きは必須。スタイルなど外見を磨くことはもちろん、内面も素敵に保つ努力が大切ですよ。

2. 異性、他人であることを忘れない

 結婚すると「家族になった」という感覚から、相手に気を使わなくなってしまう人が多いようです。しかし、それがもとで相手に幻滅させてしまうことが多いのも事実。

 結婚しても家族になっても、相手は「異性」であり「他人」です。それを常に意識していれば、おのずと言動は変わってくるでしょう。

3. 感謝の気持ちを忘れない

してくれたことには「ありがとう」の気持ちを(写真:iStock)
してくれたことには「ありがとう」の気持ちを (写真:iStock)

 お互いに幻滅せず夫婦関係を上手に続けていくためには、感謝の気持ちを忘れないことも必要でしょう。一緒にいる日々が当たり前になってしまうと忘れてしまいがちな感謝の言葉ですが、すべてが当たり前ではないことを念頭に置いて、些細なことでもお礼を言ったり、相手をねぎらったりしましょう。

夫婦がお互いに幻滅しないためには努力が必要かも!

いつまでもフレッシュな気持ちを忘れずに(写真:iStock)
いつまでもフレッシュな気持ちを忘れずに (写真:iStock)

 せっかく好きな人と結婚したのに、幻滅し合い、関係が壊れてしまうのは悲しいものです。それを防ぐためには、結婚にあぐらをかかず、常に関係を維持していくための努力が必要かもしれません。夫婦になった時のフレッシュな感覚を忘れずに、過ごしていきたいものですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ