急増する“貝男子”の生態 激戦を制しアプリでやり取りすると…

内藤みか 作家
更新日:2022-04-21 06:00
投稿日:2022-04-21 06:00
 コロナ禍以降、マッチングアプリで女性に話しかけられない、貝のように口を閉ざしている男性が増えています。
 プロフィールには「自分から話しかけられないので、話しかけられると喜びます」などと書かれているのです。こうした消極的男子に話しかけてみたら、どんな反応が返ってくるのでしょう。

なぜ話しかけられないの?

自分からは動けない(写真:iStock)
自分からは動けない (写真:iStock)

 マッチングアプリに登録しているのに「自分からは話しかけられません」とプロフィールに書いている貝男子が増えているのには、いくつか理由が考えられます。まず挙げられるのはコロナ禍により人との接触が激減したこと。貝男子のプロフィールにも「リモートワークで自宅にばかりいます」と書いている人がちらほら。

 もうひとつは、元々おとなしめの気質で、顔立ちも綺麗めであるため、今までも女性のほうから話しかけてくれた経験が多いというパターンも考えられます。お姉さんやお母さんに可愛がられて育った男性も、黙っていても女性が色々やってくれたので、自分からは動こうとしなくなる傾向があります。

貝男子に話しかけてみたら…

イケメンは相当競争率が高い…(写真:iStock)
イケメンは相当競争率が高い… (写真:iStock)

 そんななか、松坂桃李さんのような少し影のあるイケメン貝男子を発見しました。プロフィールにはやはり「自分から積極的になれないので、メッセージください」と書かれています。

 そしてなぜか貝男子のプロフィール写真はたいていが正面を向いていません。横を向いてうつむいているポーズが多いのも特徴です。

 おそろしいことに、松坂桃李さん似の貝男子のプロフィールには、続きがありました。

「たくさんの人にいいねをもらっているので、一番積極的なメッセージを送ってくれた人とやり取りさせていただきます」というのです。

 やはりイケメンは相当競争率が高いのでしょう。そしてなぜか数日後、筆者は「あなたが一番積極的だったのでお返事しました」というメッセージを受け取ったのでした。

貝男子のメリットとは

短いほうが積極的な印象を与える◎(写真:iStock)
短いほうが積極的な印象を与える◎ (写真:iStock)

 筆者は物書きなので熱烈なメッセージを送ることは朝飯前です。何を書いたかというと「あなたにひとめぼれしました。よかったらお茶でもいかがですか?」だけ。

 長文はむしろまだるっこしい印象を与えてしまうので、短いほうが積極的な印象を与えるので、短く要点だけアピールしたのです。

 貝男子くんとやり取りするメリットは慎重だというところ。すぐ会ったりはせず、メッセージを何度も送り合い、ゆっくりお互いのことを知っていこうとするので、最初にこちらから話しかけるめんどくさささえクリアすれば、女性にとってもありがたい存在だと思われます。

 また、丁寧なので、こちらの質問にはきちんと答えてくれて親切です。それになによりあまり喋らなくておとなしいのでとても雰囲気がいいのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ
NO,ヤリモク!“都合のいい女”回避で初デートを成功させる法
 気になる男性との初デート、絶対に成功させたいですよね。できればデートを通して関係を深めて、真剣交際に発展させたいもの。...
若林杏樹 2022-09-28 06:00 ラブ
浮気の沼から出たい!なぜ禁断の恋ばかり? 5つのやめる方法
 パートナーがいるにも関わらず、ドキドキ感がたまらなくて浮気にはまってしまう人は少なくありません。しかし、ある程度の期間...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
仰天!男目線で分析する「美人の条件6つ」演じる際の参考に
 男性からモテるために「美人な女性」を目指していても、実は男女で美人の条件は大きく異なるようです。つまり、男性にモテるた...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
【実録】離婚は嘘、嫁いるよね?絶対に自宅に誘ってこない男
 こんにちは! 林知佳と申します。マッチングアプリで出会ったとんでもない男たちの第2回目! 世の中の女子たちがこれを読ん...
林知佳 2022-09-27 06:00 ラブ