不倫サレ離婚した男の告白「深い傷は7年経っても消えない」

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2022-07-03 19:51
投稿日:2022-04-19 06:00
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻に2回も不倫(しかも同一人物)され離婚→その後シングルマザーの「tumugi」と出会い、再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らすアラフォーです。
 不倫サレ離婚&ステップファミリーとなった僕が経験してきた問題は「お金」です。本連載は当時を振り返りながら、tumugiとともに実体験に基づく「離婚・再婚のリアル」をお伝えします。

8年連れ添ってきた妻に、疑いの眼差しを向けた日

8年連れ添ってきたのに(写真:ひでまる)
8年連れ添ってきたのに (写真:ひでまる)

 前妻はどちらかというと控えめで大人しい性格、普段から化粧もあまりしない、いわゆる『地味子』といわれるタイプの女性でした。のほほんと生活していた僕は、そんな彼女がまさか浮気をするなど、まったく想像もしていなかったのでした……。

 転機が訪れたのは、3歳の娘が保育園に通うようになり、それに合わせて妻も働き始め、ちょうど1年が経過しようとしていたタイミングです。

 共働きとなった我が家は、妻が17時頃に帰宅してその後家事を、僕が20時頃に帰宅し疲れ切った心と体を娘との短い触れ合いの時間で癒す、という生活サイクルでした。

 基本的に夕食後に外出することはなかったのですが、その時期から妻が頻繁に夜外に出歩くようになりました。最初は特段気にしていなかったのですが、あまりに連日外出するため行き先を尋ねてみると、家の近くの『ドン・キホーテ』に行っているとのこと。しかも普段していないメイクまでバッチリ決めて。

(ドン・キホーテのラインナップって、そんなに頻繁に変わるっけ……?)

(JKがすっぴん&ジャージで行くところに、がちがちメイク……?)

 妻の行動に不審な点を感じ、生涯で初めて「人の携帯を覗いてみよう」と決心し、その結果パンドラの箱を開けることになるのです。

妻のスマホパスワード、知らぬ間に変更されていた

スマホのパスワードはパンドラの箱の鍵(写真:iStock)
スマホのパスワードはパンドラの箱の鍵 (写真:iStock)

 妻と子供が寝静まった夜、意を決して妻の携帯を手に取りました。妻のパスワードを把握していたので、高鳴る胸の鼓動を抑えるように、ゆっくりと4桁の認証コードを入力したのでした。

(開かない……)

 ロックされたまま光る携帯の画面を見つめ、茫然。そしてこの時、心の中の疑念は確信へと変わったのでした。

 はやる気持ちがありながらも、当時の僕は冷静でした。数日間機会を伺い、妻がようやく1日の仕事と家事を終え、ロータイプのソファに座りゆっくりしようと携帯に手に掛けロックを解除するまさにその瞬間を、気配を殺し背後に佇み、ガラス扉越しから盗み見ることで、パンドラの箱の鍵を手に入れたのでした。

 あの場面を傍から見ることがあれば、さもドロドロした昼ドラの1シーンのような、恐ろしい光景だったことでしょう。

 こうして無事パスワードを手に入れ、妻と子供が寝静まった金曜の夜、再び妻の携帯に手を伸ばしました。あっさり開くロック画面。ドクンドクンと気持ち悪いほど高鳴る鼓動を抑えることも出来ず、迷うことなくLINEのトーク画面へと指を走らせると、そこにはどうしようもなく卑猥で生々しい現実があったのでした。

僅かな望みが消えた瞬間

赤裸々なLINEに思わず涙が…(写真:iStock)
赤裸々なLINEに思わず涙が… (写真:iStock)

 同僚との情事まで赤裸々に書かれたLINEを見た僕は、それでも心のどこかで抱いていた僅かな望みを断ち切られ、激しい動揺と混乱に苛まれました。

 目の前の事実を何とか理解しようとする自分と、決して受け入れることができない自分とが心の中で激しくぶつかり合い、携帯を握る手は小刻みに震え、全身は寒気を感じ、行き場のなくなった感情は無意識に涙としてこぼれました。

 その後しばらく茫然自失と気の動転を繰り返し、感情の波に耐え切れなくなり、LINEのトーク画面を証拠として保存することもなく携帯を元の場所に戻して、眠りに落ちたのでした。

ラブ 新着一覧


体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ
NO,ヤリモク!“都合のいい女”回避で初デートを成功させる法
 気になる男性との初デート、絶対に成功させたいですよね。できればデートを通して関係を深めて、真剣交際に発展させたいもの。...
若林杏樹 2022-09-28 06:00 ラブ
浮気の沼から出たい!なぜ禁断の恋ばかり? 5つのやめる方法
 パートナーがいるにも関わらず、ドキドキ感がたまらなくて浮気にはまってしまう人は少なくありません。しかし、ある程度の期間...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
仰天!男目線で分析する「美人の条件6つ」演じる際の参考に
 男性からモテるために「美人な女性」を目指していても、実は男女で美人の条件は大きく異なるようです。つまり、男性にモテるた...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
【実録】離婚は嘘、嫁いるよね?絶対に自宅に誘ってこない男
 こんにちは! 林知佳と申します。マッチングアプリで出会ったとんでもない男たちの第2回目! 世の中の女子たちがこれを読ん...
林知佳 2022-09-27 06:00 ラブ