不倫サレ離婚した男の告白「深い傷は7年経っても消えない」

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2022-04-19 06:00
投稿日:2022-04-19 06:00
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻に2回も不倫(しかも同一人物)され離婚→その後シングルマザーの「tumugi」と出会い、再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らすアラフォーです。
 不倫サレ離婚&ステップファミリーとなった僕が経験してきた問題は「お金」です。本連載は当時を振り返りながら、tumugiとともに実体験に基づく「離婚・再婚のリアル」をお伝えします。

8年連れ添ってきた妻に、疑いの眼差しを向けた日

8年連れ添ってきたのに(写真:ひでまる)
8年連れ添ってきたのに (写真:ひでまる)

 前妻はどちらかというと控えめで大人しい性格、普段から化粧もあまりしない、いわゆる『地味子』といわれるタイプの女性でした。のほほんと生活していた僕は、そんな彼女がまさか浮気をするなど、まったく想像もしていなかったのでした……。

 転機が訪れたのは、3歳の娘が保育園に通うようになり、それに合わせて妻も働き始め、ちょうど1年が経過しようとしていたタイミングです。

 共働きとなった我が家は、妻が17時頃に帰宅してその後家事を、僕が20時頃に帰宅し疲れ切った心と体を娘との短い触れ合いの時間で癒す、という生活サイクルでした。

 基本的に夕食後に外出することはなかったのですが、その時期から妻が頻繁に夜外に出歩くようになりました。最初は特段気にしていなかったのですが、あまりに連日外出するため行き先を尋ねてみると、家の近くの『ドン・キホーテ』に行っているとのこと。しかも普段していないメイクまでバッチリ決めて。

(ドン・キホーテのラインナップって、そんなに頻繁に変わるっけ……?)

(JKがすっぴん&ジャージで行くところに、がちがちメイク…?)

 妻の行動に不審な点を感じ、生涯で初めて「人の携帯を覗いてみよう」と決心し、その結果パンドラの箱を開けることになるのです。

妻のスマホパスワード、知らぬ間に変更されていた

スマホのパスワードはパンドラの箱の鍵(写真:iStock)
スマホのパスワードはパンドラの箱の鍵 (写真:iStock)

 妻と子供が寝静まった夜、意を決して妻の携帯を手に取りました。妻のパスワードを把握していたので、高鳴る胸の鼓動を抑えるように、ゆっくりと4桁の認証コードを入力したのでした。

(開かない……)

 ロックされたまま光る携帯の画面を見つめ、茫然。そしてこの時、心の中の疑念は確信へと変わったのでした。

 はやる気持ちがありながらも、当時の僕は冷静でした。数日間機会を伺い、妻がようやく1日の仕事と家事を終え、ロータイプのソファに座りゆっくりしようと携帯に手に掛けロックを解除するまさにその瞬間を、気配を殺し背後に佇み、ガラス扉越しから盗み見ることで、パンドラの箱の鍵を手に入れたのでした。

 あの場面を傍から見ることがあれば、さもドロドロした昼ドラの1シーンのような、恐ろしい光景だったことでしょう。

 こうして無事パスワードを手に入れ、妻と子供が寝静まった金曜の夜、再び妻の携帯に手を伸ばしました。あっさり開くロック画面。ドクンドクンと気持ち悪いほど高鳴る鼓動を抑えることも出来ず、迷うことなくLINEのトーク画面へと指を走らせると、そこにはどうしようもなく卑猥で生々しい現実があったのでした。

僅かな望みが消えた瞬間

赤裸々なLINEに思わず涙が…(写真:iStock)
赤裸々なLINEに思わず涙が… (写真:iStock)

 同僚との情事まで赤裸々に書かれたLINEを見た僕は、それでも心のどこかで抱いていた僅かな望みを断ち切られ、激しい動揺と混乱に苛まれました。

 目の前の事実を何とか理解しようとする自分と、決して受け入れることができない自分とが心の中で激しくぶつかり合い、携帯を握る手は小刻みに震え、全身は寒気を感じ、行き場のなくなった感情は無意識に涙としてこぼれました。

 その後しばらく茫然自失と気の動転を繰り返し、感情の波に耐え切れなくなり、LINEのトーク画面を証拠として保存することもなく携帯を元の場所に戻して、眠りに落ちたのでした。

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ