「あ、スタバは知ってるよね」女友達からの呆れたLINE5選

コクハク編集部
更新日:2022-06-01 12:37
投稿日:2022-04-16 06:00
 女同士の友情にドロドロはつきもの。特に、LINE上では熟慮せずに気軽に文章を送る人が多いので、本性が見えやすいんですよね。時には、あまりにひどいLINEの内容に「友達やめようかな」とドン引きしてしまう女性も……。
 今回はそんな女友達からの呆れたLINEをご紹介します。あなたの友達に、このような女性はいませんか?

もう友達やめようかな…女友達からの呆れたLINE内容5選

1. 彼氏の自慢ばかりを送ってくる

 いつも彼氏の自慢話をするバイト先の友達に呆れているこちらの女性。ある日、その友達から突然、バイトを代わってほしいというLINEが届きました。

「どうしたの?」と聞くと「彼氏の手がけたデザインが賞を受賞した」「お祝いしたいから代わって」という内容でした。

 お祝いするなら、バイトがない日にしたら? と、言いたくなりますね。

 さらには、独り言のように「彼のデザインのファンだといっている芸能人を集めたいなー」と、すかさず自慢を挟んでくる始末……。「自慢を言うための口実にシフトを代われって、どんなん!?」と憤慨したこの女性は、絶縁を考えているそうです。

2. 恋愛相談するくせに別れない

 こちらは、DV彼氏と付き合っている女友達からのLINE。毎日のように、彼氏にされたひどいことを報告&相談してくるそうです。いつも親身になって相談に応じ、一緒に怒ったり泣いたりしているこの女性ですが、不満がひとつ……。

 それは、どんなに「別れなよ」とアドバイスをしても絶対に別れず、仲直りの報告をしてくることだそう。

 確かに、勝手に巻き込んで心配までかけて「仲直りしたよ♡」とLINEが入ってきたら、イラッとしてしまいますね。しかも秒で。こんなLINEが続いたら、友達としてやっていけなくなってしまうでしょう。

3. いつも上から目線で見下してくる

 こちらの女性は、いつも上から目線の女友達に呆れています。ある日、待ち合わせ場所に着いたことを知らせるLINEが届いたのですが、そのお店を知らなかったのでどこか聞いたところ、「嘘でしょ! 今の日本人で知らない人いる? びびりすぎた!」という大袈裟な反応のLINEが……。

 さらに「スタバは知ってるよね!?」と、明らかにバカにした内容が届きました。

 これにはさすがにカチンときてしまい、その日一日楽しめなかったそうです。こういったタイプの女性は、きっと無意識に上から目線になってしまっているんでしょうね……。

4. 相手を否定する内容

 相手を否定する癖のある女性も、人を嫌な気分にさせますよね。こちらの女性は、ある資格試験を受けて、落ちてしまったそう。応援してくれていた友達に試験に落ちたことを報告すると、さっそく全否定のLINEが。

「彼氏とデートしたり、休日にヨガしてたからじゃない?」「資格に本気で受かりたいなら、何かを犠牲にしないと」というLINEに、思わず「ほっといてくれ!」と思ってしまったそうです。

 きっと自分の中に勉強に対しての執着や偏見、強い思い込みがあるのでしょう……。

5. 人の悪口が多い

 こちらの女性は、保育園で知り合ったママ友がかなりひねくれた心の持ち主だったと気づいたそう。ある日、保育園の係決めの際に運営委員がなかなか決まらず、あるママが立候補してくれたそうです。

 それに対して「助かったね」とLINEを送ったところ、「あれは目立ちたいから」「ああいうのは、やりたい人にやらせたらいい」という意見に、とても嫌な気持ちになったとか。

 感謝の気持ちを持てない人は、人から感謝される日も来ないはずです。

呆れた女友達からのLINEは軽く流してOK!

 集団生活が多かった学生時とは違い、大人になると付き合う人を選ぶことができます。もしもLINEで相手の本性が見えて、それが嫌だなと思ったなら、軽く流して深入りしなくても大丈夫。

 上手に人付き合いをしながら、余計な問題に巻き込まれないようにしましょう!

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


8年前に“ゆるFIRE”した男 新NISAより確実なリターンは自分への投資
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(64)。多忙な現役時代を経て、56歳...
母親は夢を諦めなきゃダメですか?夫を「支えてあげて」の言葉が悔しい
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活をしている。  夜...
浮気より酷い夫の裏切り SNSには私の知らない「もう1人の彼」がいた
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活を暮らしている。 ...
妊娠妻の電話に出ない…いまだ夢見る漫画家志望の夫とワンオペ妻の軋轢
 初夏の印象が霞むほどの汗ばむ陽気の午前中。  林絵里奈は井の頭公園の池のほとりのベンチに腰を掛け、在りし日のデー...
「晩ごはん何?」焼肉、すき焼き却下でもやし炒め! 家族間攻防LINE3戦
 仕事で疲れて帰宅した時、一番楽しみなのは晩ごはんですよね! とはいえ、主婦としては毎日の晩ごはんのメニューを考えるのも...
【ファミマ】コンビニ衣類正直レビュー、ショーパンゆる履きはOKだけど
 ファミリーマートとファセッタズム(FACETASM)のデザイナー落合宏理氏が共同開発した衣類「コンビニエンスウェア」。...
【独自】すいかばか初の“夕方専用すいか”、気になる出来栄えは?
 すいか生産量全国47位、ごくごくレアな山梨県ですいか作りに情熱を注ぐ「寿風土(こどぶきふうど)ファーム」代表の小林栄一...
インフルエンサー退職願望のアラフォー、“発信=スキル”なる大きな勘違い
 普通の会社員を続けることに不安を感じる女性が増えています。周囲に自分の才能を活かして稼いでいるがいると、「自分も何か発...
職場やママ友“ケチな人”との付き合い方5選 1円単位で文句ブーブーは勘弁
「この飲み会、私はあまり飲んでないから、あなたたちが多めに払ってくれるよね?」「ここの料理、5,000円もするの? え〜...
背徳感がたまらにゃい♡ ガラステーブルの下から見る涼し気“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夏場の観葉植物、様子が変!間違った育て方、救済法、最新便利グッズまで
 危険な暑さが続く夏。猫店長「さぶ」率いる我が愛すべきお花屋は古い平屋の建屋のため、エアコンをフル活用しても、毎日が熱中...
きっと、夫も気付いていた…40女が長年の“腐れ縁”にケリをつける日
 実は筆者には、結婚前から長く続いている“腐れ縁”があります。その相手を仮にP氏とします。
くねくねコロンは信頼の証♡ 無防備な“たまたま”をガン見しちゃおう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
目的地は決めてない 見知らぬ町を深夜にふらつく解放感
 終電が終わって、深夜の踏切はしばしの休憩。また朝から大忙しだからね。  こちらは明日は予定もないから、見知らぬ町...
【難解女ことば】「婆」の部首はさんずいではない。正解は?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
母と夫がまさか…流行りの性格診断で腰抜かす『16Personalities』が怖い
 SNSのプロフィールに診断結果のアルファベットを入れたり、それぞれの性格をコンテンツにまとめたりと、若者を中心に流行し...
2024-07-06 06:00 ライフスタイル